2018/07/22

足算のパーツ...古豪最強の(?)ホッグ系ワーム達!

O1080081014233058408

いやぁ~~、毎日暑いですな!

数釣りには最高な時期なんですが、こう暑いと釣りに行く気がなくなります。









O1080081014233058434

で、釣りには言ってませんが、買い物はしています(笑)

むやみやたらに新商品を買ったりしない私ですが、このボトムアップのハリーシュリンプを店頭で見かけて、ついつい...、

どう使うか?のイメージもないまま買ってしまいました(^-^;




このよく考えられたディテール・・・、思いの込められた精巧な各パーツ達を見ていたら、手に取って触ってみたくなり、買わずにはいれませんでした(笑)

まぁ、バス釣りのワームで各パーツが精巧であることが必ずしも良いというわけではなく、シンプルで大雑把なものも良いということは、歴代の釣れるワームを思い出せば、よくわかると思いますが・・・、

このハリーシュリンプは、良さそうな雰囲気マンマンですね!

ってことで、パーツを足算して全体を作られたワーム(引き算の部分もはりそうですが...)を見ていたら、冒頭画像のワーム達を思い出したってわけです。(←釣りに行ってないので、暇とも言う...ι(´Д`υ)アセアセ)

これらのワームは、そのパーツが(も)優秀で(※個人的見解ですが...)、よく釣れるワームの位置づけになっているものです。最近、出番がないものですが、常に、頭の片隅にあり、車の中にストックしていつでもつかえるようにしているワーム達です。









O1080080914233058417
TIMCO・Gary YAMAMOTO/FLAPPIN HOG JR.

このワームは、主にJHで使いましたが、2008年頃北浦でよく釣れた記憶があります。このバルタン星人のようなアームは結構効いてると思われますが、最近発売された・・・、



O0809108014233058413
ティムコのNEWワームにもこのアームが採用されてますね!









O1080081014233058420
ZBC/TINY BRUSH HOG

このワームは2005~2006年頃よく釣れましたが、JHでボトムズルズル...、時々、フワッフワッ!で(笑)、とにかくよく釣れてくれました。まぁ、ブラッシュホグは歴史に残る名作ですからね。






O1080081014233058429
ECOGEAR/ROCK CLAW 3"

このワームは、とにかくアームが凄い!

初めて使った時にバスの反応が一味違うなっ!とビックリしたことを覚えています。今は、ソルトウォーターのロックフィッシュ用のワームの位置づけっぽいですが、このワームも2008年頃北浦で良く釣れた記憶があります。





・・・以上、釣りに行ってないので釣行記も書けず(^-^;、久々に昔のワームを引っ張り出してきて、こんなネタ、、、書いてみました。

| | コメント (0)

2018/07/15

プロセンコーではダメなのです!

O1080081014229309636

そう、この5in.スリムヤマセンコーでないと!



JHWのワームは今まで、色々使ってきましたが、このリグを使い始めた時からず~~っと使い続けているのがこのワーム...、もちろん、今でもJHW用としては、MY no.1です。





で、最近のことですが、昨年の秋に続き...









O1080081014229309646
5in.スリムヤマセンコーを大量購入しました。









O0810108014229326053
↑こちらの画像の通り、ゲーリーのHPをみてもしっかり、5in.スリムヤマセンコーがラインナップされています。





・・・が、しっかり確認したわけではないので、ぼやかして書きますが、このワームはどうも●●らしいです(´;ω;`)

プロセンコーは、継続みたいですが...、

プロセンコーではダメなのです!笑

まぁ、5in.プロセンコーはJHWではなくネコリグ用ってことでスリムヤマセンコーとは違う目的で作られたものなので、別にプロセンコーが悪いということではないです。ただ、スリムヤマセンコーがなくてもプロセンコーがあるからイイじゃん...的な考えはダメなのです!







ってことで、先日、このスリムヤマセンコーのストックを色別で数えてみました。








O1080081014229309641

■#240【スモークプロブルー】:6パック
自分にとって、ゲーリー信頼度&使用頻度ダントツNO.1カラー。オールマイティーカラーの筆頭ですなっ!

■#341【ダークブラウンブルーギル】:9パック

歴史の浅いカラーですが、最近、このカラーのシュリンプネコは大活躍!#240が入手困難になったので、代わりに大量購入しました

■#214【スモーク/ブルー&ブラック&ゴールドフレーク】:2パック

ゲーリーワームの中でいわゆる「ブルーギルカラー」と言われているカラーです。2005~2006年くらいはよく使いましたが、最近出番がなくなりました。

■#363【グリーンパンプキン/ブラック&スモールブルーフレーク】:5パック

霞ジンゴロームカラーです。先般の記事の通り、検証要ってことで最近購入しました。

■#002【スモーク(ソリッド)】:3パック

いわゆる...オールマイティカラーです・地味~なカラーですが、こんな便利なカラーはなかなかないです。そのまま使ってよし...、染めてもよし...で(笑)

■#020【ブラック(ソリッド)】:8パック

霞水系では、迷ったらコレっ!濁ったらコレっ!的なカラーです。

■#021【ブラック/ブルーフレーク】:3パック

#214同様2005~2006年頃はよく使っていたカラーですが、いつの間にかこの5in.スリムヤマセンコーのカラーラインナップから外れてしまいました。...ってことで、USAゲーリーの商品を購入です。





・・・以上こんな感じ。熱収縮チューブ等装着しても、針持ちが悪いワームだけに、ストックが多いと安心して(?)使えます。このワームの溺愛者は、このワームの威力を知ってる方...、そして、そして、『このワームじゃないとダメなんです!』の気持ちがわかると思います(笑)

| | コメント (0)

2018/07/08

七夕小バス祭り...開催中(◎_◎;)

20180707_top

7月7日(土)...七夕の日は、梅雨明け後の猛烈な暑さがない天気予報でしたので、二週間ぶりに出撃してきました。

この日のプランは、特段の目的もないので、横利根&北利根の実績場所を廻る予定・・・、タックルも各ポイント特性を考え、そのつもりで準備をしてきました。




が、今年は横利根での釣果がイマイチ(@Д@; 。。。かなり苦戦中です(^-^;

ということで、なんとか克服したい思いがあり、釣り場に到着するまでの車の中で、『どんなに釣れなくても北利根に逃げず、一日横利根でやりきる(笑)』と決め、朝6時過ぎ、ファーストエリアにエントリーしました。
(※まぁ、そんな事言いながら、ファーストエリアがダメだったら、北利根に行くことも十分ありえますが~(°°;)))オロオロ(((;°°)~)

ちなみに、霞水系の水温は、25~26℃程と、2週間前が22℃程でしたからかなり上がった印象です。また、25℃を超えてきましたので、小バスも元気になり、多めに釣れてくることも期待しながら釣り開始です。

今年、まったくダメダメのOKGエリアを懲りずに(笑)、シュリンプネコで攻めました。ちなみに、アクションはここのところの定番、リフト&フォールがメインです。







・・・が、開始から1時間半、No Bite,No Fish.(@Д@;

KJOに移動しても、異常なしで、やっぱり今日もダメダメか?




と思っていたら、KJOの端部でようやく・・・、

アタリなしでフォール後喰って走ってました!

















1_28cm
予想通りのコバス君ですが、嬉しい嬉しい1本です。




普段は30㎝未満のノンキーは、計測しませんが、この日は、25~29㎝が多めに釣れると予想し、全て計測することにしてました。まぁ、もちろん、バスが釣れれば...の話ですが(笑)



そして、15分後・・・、

プレミア護岸の沖目をリフト&フォールで丹念に攻めていると、コンッ!と小さくシャープなバイトが!









2_36cm_2
35upは貴重...、このサイズをコンスタントに釣りたい!






その後は、シャッドなども交え、スピーディーに要所のみをチェック。

この日は沖目狙いですが、岸際に美味しいボトム変化がある10m程のストレッチ(+α護岸とBUNKI列柱の間)を5in.スリムヤマセンコーのJHWでトレースしました。ちなみに、ワームカラーはこのワームで初めて使う霞ジンゴロームです。








・・・すると、水深1.4m→1.8mに変化するハンプでルアーが引っ手繰られる強いバイトが!















3_30cm
ギリキーパーの30㎝...ナイスバイトでしたね(/ ^^)/アリガトネ





朝は気温も低く、霧も出て半袖では肌寒い感じでしたが、この頃から大分、暑くなってきました。

で、またまた1時間程異常なし。

OKGエリアのスタート地点に戻ってきましたが、相変わらずの不調は変わらずの状況のため、エリアの中でも普段あまりやらないところを丹念にやってみることにしました。

すると・・・、












4_29cm
このバスもフォール後、アタリなしで走ってました!








そしてそして・・・、








5_28cm
このバスは、アタリなしで喰って走っていて、飲まれ気味で流血させてしまいました(*_ _)人ゴメンナサイ






・・・さらに、








6_26cm
小バス追加!・・・と、20分程の間に小バス3連チャン!







しばらく同エリアをやってからランチタイム休憩に・・・、









O1080081014225227962
ゆきむら亭の担々麵&小ライスで気合を入れました!







ランチ休憩後12時半くらいから午後の部開始。場所は民家前をセレクト。

リグは引き続き、シュリンプネコ...カラーは#341から#240に変更です。






すると、係留したボートのシェード・・・、フォールでラインが走ります!













7_28cm
小バス祭り開催中って感じで7本目となる28㎝が登場!










タバコ屋下エリアに移動し、フローティングシャッドで、止めて浮かせて...の釣りを展開。すると、フロートしたシャッドに水面直下でバイト!














8_30cm
こちらはなんとか30㎝に到達です(^-^;








・・・移動。コンビニ休憩を挟んで、ホッパー下エリアへ。

このエリアは春、期待して入ってことごとく裏切られ、しばらくエントリーしてなかった場所です。

エリアにエントリーすると、やはり、不調なのか?バサーは皆無・・・、

ただ、このエリアのとあるストレッチだけ、過去、真夏の昼間に良い思いを何度もした記憶がよみがえり、閃きで入ってみました。
















9_32cm
・・・すると、、うん?沖目のリフト&フォールでいきなり来ました!





ってことで、

いつのまにか二桁リーチ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

ただ、毎回、ここからの1本が苦労するのです。









・・・で、10分後、














10_31cm
あっさり、二桁到達(・_・)エッ....?

15時前の達成は、この先、夕方まで気持ちが楽でよいです(笑)











・・・で、で、さらに15分後、










11_29cm
時合いなのか?サイズは下がりましたが良い感じのバイトでした。






あっという間に、3本...しかも、良い感じのバイトだったので、もう一度、このとあるストレッチのみを再度流してみました。











・・・が、





先程までが嘘の様に沈黙( ̄○ ̄;)!

時合いだったのか?クリア化した水質の岸際に見えるギルの動きが、釣れた時、釣れない時で全然違いましたから・・・φ(・ω・ )メモメモ








移動、、、朝一不発だったOKGエリアへ。

夕方の復活を期待して、エントリーしましたが相変わらずの不調は変わらず。






移動、、、またまたホッパー下エリアへ。

ここは夕方になるとバサーが多く集まるエリアですが、奥の方に一組居るのみ。再び、9~11本目を釣った時のように流しますが、何も起こらず。

やはり、15時以降から夕方にかけて活性が下がったようです。













12_25cm
しかしながら、、最後、頑張ったご褒美にこの日最小サイズの12本目が釣れてくれて・・・、









七夕の日...小バス祭りは終焉をむかえました。

この日のルアーは・・・、












O1080081014216416311
Gary YAMAMOTO/3" SHRIMP (DK BRWN BLUE/GILL)  1/32oz 根こリグ
【・・・28㎝、36㎝、29㎝、28㎝、26㎝】





O1080080914225227887
Gary YAMAMOTO/THIN SENKO (霞ジンゴローム)  1/32oz JHW 

【・・・30㎝】





O1080080914216416315

Gary YAMAMOTO/3" SHRIMP (S.P.BLUE)  1/32oz 根こリグ
【・・・28㎝、32㎝、31㎝、29㎝、25㎝】





Dbill

JACKALL BROS./D-BILL SHAD 55MR (ダブルクラッチ金黒)
【・・・30㎝】









・・・以上、水温上昇で小バスが釣れるようになり、全般的に釣れた感はありますが、不調の状況は変わらずのままの感覚です。前回釣行くらいから、微妙に立ち回りやエリアの中の重点を置く場所を変えたりして、多少、釣果改善しているかも(?)ですが、場所と時合いのタイミングが合わないと・・・( ̄○ ̄;)!...なので紙一重感は否めません。

この日は、30upが5本、25~29㎝が7本と予想通り、小バス祭りとなってしまいましたが、30㎝未満のバスでもよく走り、引きが強く、釣りとしては非常に楽しいものでした♪また、バイトの出方はアタリを出さずに喰って走っていたり...、深いバイトで、一瞬、間を置いてフッキングすると飲まれ気味になる感じで、いよいよハイシーズンだなぁ~~と実感しましたね。

| | コメント (2)

2018/07/04

MAGNET LURE HOLDER

O1080081014217226780

先日、こんなものを買いました。

TACKLE HOUSE/MAGNET LURE HOLDER です。今年の4月に発売されたようで、近所の上州屋でみつけて、思わず購入してしまいました。



まぁ、用途・目的は...、




『フック、シンカー、ルアー等の仮置き場』と言ったところ。











O1080081014217226816
こんな感じで使おうかと...(*^ー゚)bグッジョブ!!









O1080081014217226842
フックやシンカーはもちろん・・・、






O1080081014217226857
ハードルアーも強力な磁力でホールドしてくれるので、






シャッドのリップを口で咥えて...なんてシーンが減るかもしれません(笑)







O0810108014221062400
ちなみに、以前は、別の方法、別の場所で仮置き場を作っていましいましたが、自分のリグ交換時の特性に合わなかったようで、利用頻度が低く、重宝度はイマイチでした。











9acc3d332f5abeafd01dbd467f4872cc
御覧の通り、使い方は色々...、↑画像は、コチラより拝借。








以上、便利グッズとなりそうな...買い物ネタでした( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0)

2018/07/01

BMS AZAYAKA 300m巻を購入!

O1080081014194418540

梅雨明けてしまいました(@Д@;!

ってことで、この週末は釣りに行きませんでした。まぁ、先週は火、木、金と飲み会で、おまけに、火曜日は日本酒飲み会のあと、ワールドカップ観戦ですから、体力的に厳しく、土曜日の出撃を迷っていたところ梅雨明け宣言が決め手となり、出撃をやめました(^-^; (ちなみに、ポーランド戦のラスト10分の戦いについて...、あの戦略を決断したこと、そして、その決断を忠実に選手が実践していた姿、・・・自分は感動しましたねっ!)

雨の中での釣行を面倒くさがり...、そして、梅雨明けの猛暑を嫌い...、10年前ならどちらの状況でもお構いなしに出撃してましたが、歳を重ねるごとに段々・・・ねぇ(@Д@;、もう、終わってますなっ(笑)。






で、本題...、今メインで使っているラインがサンラインのBMS AZAYAKAです。

このAZAYAKAになる前の旧モデルBMSの頃から使っていますが、その当時は150m巻を利用し、スピニングリールですと、75m×2回の使い方でした。それが、AZAYAKAにモデルチェンジしてから、この150mタイプがなくなり75mオンリーのラインナップとなってしまい・・・、コスト的にどうなのよ(# ̄З ̄)と思いながらも仕方なく使っておりました。

そして、今年・・・、

待望の300m巻が追加ラインナップ!ストックしていた75mタイプが残り少なくなったところで、300mタイプを初めて購入してみました。






O1080080914194418544
↑旧型のBMS 150mも並べての画像です。300m巻のφはかなり大きいですよ!


今後は75m×4回のカタチで使うことになりますが(あっ、ベイトリールは、50m×6回かなっ)・・・、75m×4個分より、300m×1個分の方が1~2割安く買えるので(※あくまで自分が利用するショップの比較)、コストメリットもあります。

正直、ほんの僅かなコストメリットだったら巻く時の手間を考え75mタイプを買った方がよいですからね。









O1080081014221015269
ちなみに、こちらは今月のBasser誌の30頁・・・、沖田譲プロの...水中も「見える」。ラインのもたらす情報量の頁です。・・・「魚がルアーを食ったとき、変化が生じるのはロッドティップよりもまずライン。軽いものを使っていたり、常にラインをたるませる釣りの場合はサオにアタリが出ないから、マーカーの有効性が際立つ」 約3倍。マーカーのない一般的なラインを使ったときにに比べ、感知できるバイトの数はそれくらい変わってくる、と・・・【以上、本文より一部抜粋】

ってな感じで、興味深い内容の記事になっておりますので、雑誌お持ちの方は、是非読んでみてください。









・・・で、今後は150mタイプを使っていた時のように、各リール毎、何回転したら75m巻ける(若しくは50m...)か確認しながらのライン交換になりますな。

ってことで、3年程前にまとめた、↓コチラが再び役に立ちます(*^ー゚)bグッジョブ!!



リール諸元表 /Bass Fishing cafe

| | コメント (0)

«霞ジンゴローム