« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/26

横利根川釣行 2006/3/26

zinzyamae herashi
今日は今年2回目の横タンです。水温は11℃程度でしたが、とりあえず春のポイントを廻ることにしました。自分の経験では14℃までいけばかなり春の釣りが満喫出来ると認識していましたが、私同様、気の早い春のバスが少しはいるのではないか?とかすかな期待で釣りを開始しました。
結果は・・・

①神社前・・・・・・・・・・・

このポイントは昨年の4月に良い思いをしたところで、岸際が浅くゴロタが入っています。ただ、問題はヘラ師とのバッティングで、ヘラ師が埋め尽くしたらthe endです。
ヘラ師が来る前に、このポイントをやってしまおうと思い、早起きして5:45にはポイントに到着したのですが、遅すぎました(悲)。
上の写真のようにヘラ師盛り沢山です!
のっこみシーズン、「へら師気合入ってます!!!」
唯一、護岸近くが空いていたのでここと、護岸をベビシャ、3”センコーノーシンカーで丹念に探りましたが「ノー感じ」でした。やはりこのエリア、まだ早いようです。
ここで、仲良くなったへら師のおじさんが言っていましたが、今年はのっこみも遅れているようです。バスのスポーニングも遅れるのでしょうか?

②短い護岸~民家前・・・・・・・

2週間前の釣行で唯一バスをゲットしたエリアにやってきました。先行者のMGさんとNAKAGAWAさんに遭遇、お互い「ダメッスね」の苦笑いの会話となりました(笑)
ここは、ベビシャと1/16ozキャロでチェックしました。今日2番目に思いいれがあった民家前のゴロタシャローエリアをかなり時間かけてやりましたが、ここも神社前同様「ノー感じ」でした。「爆発は2週間後かな?」

③イーストワン対岸・・・・・・・

このあたりで、前回釣行で感じた「バスはサスペンド気味」ということが頭をよぎり、ここから、シャッドを引くときの手のポジションを少し高めにして、中層をトレースできるように変えてみました。旧護岸と新護岸の境5m手前くらいでしょうか、ポーズ後の次のアクションでバスがヒットしました。凄い引きで45upは確実かあ?と思わせる重みのあるものでした。しかし、あがってきたバスはプリプリの34cmでした。
34cm 34cm2

右上の写真でもわかるように、凄いお腹をしています。これは卵ではなく、ベイトを喰ってこのようになっています。何を喰っているのでしょうかね。
「暴飲暴食バスです!!!」
ちなみに釣れたルアーはBevy Shad 60SP(キンクロ)です。
bevyshad

④E.ONE前~学校前・・・・・・・

このエリアは久々にやってきましたが、ノー感じで終了しました。
雰囲気はなかなかなんですが・・・・。
あと、ここは犬のうるさいポイントの対岸にあたるのですが、今日も相変わらず犬が吼えまくっていました。
inunourusaiie
これが犬のうるさいポイントを形成している家です。たしか3匹程飼っていて一斉に吼えまくります。なんせ、対岸で釣りをしていても吼えますから(笑)

⑤トヨペット前~整備工場前・・・・・

12時を過ぎていたためここは最後のポイントとなりました。(横タン集合は13:00)
ここもベビシャでサッと流しましたが、何も起こらず納竿となりました。

13:00からは昼食&釣果報告会ですが、報告によると皆さん渋かったようです。やはり本当の春はまだまだのようですねえ。

※他のフィッシングBLOGはこちらから → 人気Blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/25

明日は横タン♪

tackle

明日はいよいよ「横タン」ですね。ということで明日は久々の横利根川釣行に行ってきます。タックルの準備もとりあえず完了しました。
worm
ワーム類はこんな感じで10種類程、リュックに入れました。
々にCalifornia WORMS 4"ZBC MEAT HEADをラインナップしてみました。 

shad
SHAD類はこんな感じで、ベビシャ、ステイシー、スパイク・・・等、冬場はステイシー、スパイクがメインでしたが、明日は多分、ベビシャがメインになるのではないかと思っています。

skyflash
ということで、ロッドSKY FLASHにはBevy Shad 60SPをセットしました。
アクションも冬の釣りとは少し変えてみようかなあ・・・。
saegake
冴掛midge directionにはヤマセンコー3”のノーシンカーを・・・。
kingbolt
KING BOLTには1/16ozのライトキャロのセッティングをしてみました。
とりあえず、ワームは浮力のあるCalifornia WORMS 4"(スヤマカラー)をセット。リーダーは1m位のロングリーダーにしました。
ノーシンカーですと、ワーム自体を操作することになってしまいますが、キャロであれば錘を操作することになり、スイベルを介してその先についているワームはノーシンカーに近い状態でより自然に動くのではないかと考え、このセッティングをしました(バスがワームを咥えてからの違和感はどうしてもこちらの方がありますが・・・)。まあ、単なる思いつきですが、このリグは今シーズン何度か試していきます。

さて、明日は釣れるのでしょうか?
とりあえず、1本はなんとかとりたいところです。

※他のフィッシングblogはこちらから→ Blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

祝!JAPAN BASEBALL世界一♪

BASEBALL 今日は休日でしたが比較的早く7:30には起きてしまいました。
(もちろん、釣りに行くときはもっと、もっと早いですが・・・)
なぜかというと、今日はWBCの決勝戦があるからです。まあ、試合は11:00過ぎからですから、そんなに早く起きる必要もないのですが・・・、目が覚めてしまったのです。
私は高校まで野球をやっていましたので、野球はもちろん大好きな訳ですが、日本代表が世界一決定戦で戦うとなると、いつもの野球観戦のようにはいきませんね。準決勝のときもそうでしたが、身体に力は入るは、大声出すはで・・・。
もちろん、今日もそんな感じで、試合終了後はどっと疲れが出てしまいました。いやぁ~しかし、良かったですねえ。世界一!!!

とは、言うものの今日の試合、相手の投手交代が頻繁に行われたため、そんな合間をみながら、今シーズンの本格的なバス釣り始動に向けて、ラインの巻き替えをしました。
(野球に集中しろっ!と突っ込みが入りそうですが・・・)
certate2506
こちらのリールはDAIWA CERTATE 2506 FINESSE CUSTOM
昨年、久々に購入したリールです。これにはフロロ4LBを巻きました。

td-x1500
こちらのリールはDAIWA TD-X 1500iA
1998年に購入したもので、もうかなり傷だらけですが、
まだまだ現役でがんばります。
これにもフロロ4LBを巻きました。

td-x2500
こちらのリールはDAIWA TD-X 2500iA
1999年に購入したもので、こちらも手負いの状態?ですがまだまだ現役です。
これにはフロロ5LBを巻きました。

linewinder marker
写真左はラインを巻くときに使うQuick Line Winderです。これは、釣り場でラインを巻かなければならない状況の時に、車に付けて使えるので便利です。一緒に写っている写真は2ピースロッドのティップが折れて使えなくなった物です。ライン巻き用に再利用しています。
写真右は、色つきの丸型シール、ラインが何LB巻かれているか解るようにリールに貼るためのものです。ちなみに、緑:3LB、黄色:4LB、青:5LBとしています。

話は再び戻りますが、今日は世界一記念、お気に入りのスパークリングワイン
BELLENDA飲んじゃいますよ。グラスもWBC優勝トロフィーを制作した会社の
TIFFANY&Co.製で揃えちゃいますから、こだわるよう~・・・(笑)
BELLENDA

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気Blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | トラックバック (0)

2006/03/20

横利根川釣行 2005/5/21

今日は2005年5月21日の横利根川釣行を振り返ってみます。

春の横利根川釣行は今シーズンが初めてということで(春はいつも北浦でした)、4月の釣行の感じや、MGさんとこなどのサイトを参考にしながら今日のポイントを決めての釣行となりました。リグに関しては、この時期まだアフターであろうと判断し、アフターのスローなバスに合わせてダウンショットでいくこととしました。
北浦であれば(私の場合)、この時期、水深1~2mの杭をタイトに攻めるということになりますが、横利根で杭の沢山あるポイントを知らなかった為、とりあえず、護岸を縦ストと考え、護岸際をスローにタイトに攻めることとしました。
イメージとしては、バスが護岸際に少し浮き気味でタイトについているという感じでしょうか。
(実際はそうでなかったかもしれません)
ということで、ダウンショットのリーダーは30cm以上と少し長めで、アクションもスローにズル引きし、途中ステイを入れると言う感じで攻めることにしました。

結果は・・・・

①神社前の護岸エリア・・・・・・・

4月に調子のよかった、ブッシュ地帯の岸際シャローゴロタエリアはこの日、不発で、大橋寄りの護岸エリアで25cm、38cmの2本のバスをゲットしました。
ルアーは2本ともTIFA/BODY SHAD 4"のダウンショットでした。
BODYSHAD BODYSHAD2

②民家前・・・・・・・・

4月から5月上旬頃は少し沖目のシャローゴロタエリアが調子良かったのですが、今日は護岸際をタイトに攻めることを中心に釣りすることとしました。
釣りを始めて10分くらいだったでしょうか、「そこにキャストしたら根掛かりかバイトか」という護岸際の何か沈み物があるピンポイント・・・・、
キャストすると直ぐに小さくてシャープなアタリがありました。合わせてみると、凄い重みでドラグが効きまくって、ラインがかなり出ていきました。その後はドラグを締めたり緩めたりの繰り返しでなんとかハンドランディング・・・、あがってきたのは自己記録更新の53cmのバスでした。99~00年頃の春北浦で釣った51cm以来の50upでした。その時のラインは4LBでしたが、今日は5LBに変更していました。リールは7~8年前のDAIWA TD-Xですが、本当にこの滑らかなドラグには驚かされます。感謝!感謝!です。
(※下の写真、再びの登場!です。尻尾が写っていないのが残念。)
bass53cm
「今日はこれでお腹いっぱい満足。もう帰りましょうか」という気持ちでしたが、折角来たのですから、もちろん、釣りをつづけました。はっきりいって、いつもの漁師モードはなくなっていましたが、同じエリアで34cmを追加することが出来ました。
ここでのルアーはTIFA/BODY WORM  のダウンショットでワッキー掛けで使用しました。
bodymormpac bodyworm

その後、釣りを続けるも、集中力がなく、大事な漁師モードに戻ることができず、早上がりで終了となりました。

本日の釣行の反省
アフターの魚にこだわり過ぎ、釣りが超スローになってしまいました。その結果、釣りをするエリアが少なくなり非常に効率の悪い釣行となってしまいました。よく考えてみれば、スポーニングとは関係のない、活性の高いバスが沢山いる訳で、そこに意識があれば、テンポよく川を廻り、もう少し魚が釣れた筈です。重量制のトーナメントをやっているわけではないですから、数が釣れた方が楽しいですからね。
ということで、次回釣行からはランガンで行くことに決定!

ちなみに同日釣行のMGさんはこの日14本もGETしてましたよ!

※次回は2005/6/4の釣行を振り返ります。出来次第UPしま~す♪

※他のフィッシングBLOGはこちらから→ 人気Blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | トラックバック (0)

2006/03/18

今日はうだうだと・・・♪

今日は朝から良い天気でしたが釣りにも行かず、家でうだうだとしていました。
まあ、4月からの本格的な始動に向けて充電というところでしょうか(笑)
最近、時間がある時は昔の釣りビデオを引っぱり出して見ています。
今日は「河辺裕和STYLE ~世界一のフットボーラーは冬の霞ヶ浦をどう戦ったのか・・・・
を視ました。
2000BASSER 
このビデオは2000年11月18~19日に開催されたBasser ALLSTAR CLASSIC
での河辺プロの2日間を完全収録したものです。

その中で興味深かったのが初日の河辺さんの釣行ルートでした。
ルートは「霞ヶ浦→利根川→横利根川→霞ヶ浦」、
この横利根川での釣りですが、E.ONE対岸端の流れ込み民家前~短い護岸
の2エリアでの釣りが収録されていました。初日6本のバスを釣っていましたが、
その内の2本は短い護岸での釣果でした。
MIZIKAIGOGAN
※写真:短い護岸から民家前方面を望む

この大会の優勝者は吉田秀雄プロ。東浦の杭エリアを攻めての勝利でした。
(河辺プロは初日3位でしたが、2日目1本とふるわず・・・ダメでした)
ウィニングパターンは3/8ozキャリラバにヘアリーポークをつけて、底を
取らずに、スイミングで攻めるというもの。狙いはサスペンドバスだった
ようです。「この時期、サスペンドバスをラバージグで狙う」という発想には
驚かされます!私にはきっと思いつかないでしょうね。
またひとつ勉強になりました(笑)

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気Blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/17

ラバージグのトレーラー

以前、スモラバのトレーラーのお話をしましたが、今日はラバージグのトレーラーのお話を・・・。と言っても、現在の私には1種類しかありません。まあ、正確には1種類になった。というところです。
この1種類に固まるまでは、4"グラブ、ケイテックカスタムトレーラー、ブラッシュホグ・・・等(下の写真)、行き当たりばったりで使用していましたが、どうも自分の中ですっきりしないものがあった為、いずれ何か(気分的に)信じれるものが欲しいなあと思っていました。
gary_4grub  trailer2 zoom_hog

そして数年前の横利根川釣行で、あるトレーラーを付けた時に(その後もでしたが)、かなり調子よく釣れた為、それ以来このトレーラーに固定するようになりました。
(何がきっかけでこれを使ったかは憶えていませんが)
そのトレーラーはGary YAMAMOTO/5"half slender grubです。
そう、どこでも手に入る比較的メジャーなものですね。
s s
まあ、ラバージグにセットした感じは「?マーク」のつくシルエットですが、今の私にはこれがスタンダードに見えます(笑)
rubberjig
ただ、河辺プロはBasser all star classicなどの霞の浚渫の釣りでは、「世界のフットボーラー」とか言って、いつもトレーラーに6”ジャンボグラブを使用し、優勝したりして結構いい成績を収めてますので、このシルエット、実はそんなに悪くないのかもしれませんね。
(ゲーリーファミリーの成田プロもトレーラーにジャンボグラブ使用してますね)

ラバージグはアクションとロッド操作が重要であることはもちろんですが、ラバージグというルアーの特性を考えた時に、トレーラーも以外とおろそかに出来ない重要な要素ではないかと思っています。(本当のところはわかりませんが)

※他のフィッシングBlogはこちらから→ 人気Blog Ranking 「釣り・フィッシング」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/15

KRINKLE KUTS

climax_imakatsu
先日、超久々に今江プロのビデオ「CLIMAX」を観ました。
このビデオは今江プロの’96年JBプロトーナメントの1年をまとめた
内容となっています。
ちなみに、この年は最終戦の琵琶湖で沢村プロに逆転され1点差で
ANGLER OF THE YEARを逃す結果となっています。
(次年度のワールドプロシリーズでも初代ワールドチャンピオンを
 菊さんに奪われ2位でした)
しかし、その年のクラシックでは見事初優勝!でしたね。
(この時の2位は当時無名だった深江プロ)

このビデオの中で、何度か「クリンクルカッツ」というワームが出てきます。
そう、その当時は琵琶湖釣行でクリンクルカッツの1/16ozJHは有名でした。
(関東のプロはあまり使っていないようでしたが)
krinkle_kuts
私も98年頃(丁度ワームの釣りを始めた頃)はこのクリンクルカッツを
ダウンショットで一番使っていました。
カラーは「ナチュラルプロブルー」。今江プロ曰く、このスポーニングの時期
に良いカラーだということです。ということで、早速実物を見てみましたら、
これがなかなか魅力的なカラー!!! 信じて使うことにしました。
結果としましては、このカラーがいいのか
どうかはわかりませんが、春の北浦ではかなりの40UPを釣らせて頂きました。
まあ、北浦はこの時期、釣れれば殆どが40UPでしたからねえ(笑)
K
そんなことで当時、「ポパイの下請けでこのワームを製造しているメーカー
からの製品が安く買える環7沿いのあるショップ」で、100本単位で購入
したりもしていました。
(たしか10本単位で袋売りしていたと思います。かなり安い)

先日紹介しました「BODY WORM」や「ZBCのセンチピード」を含め
このフレンチフライ系のワームを使っている人(私含め)を最近みかけなく
なりましたね。
まだ、かなりの本数残っていますので、今シーズン
ちょっと、このクリンクルカッツ投入してみましょうか・・・。
なにかいいことあるかなあ~♪

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気Blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/13

ROVER MINI

mini
ROVER MINI そう、この車私が以前乗っていた車です。
1996年12月に購入し、2002年11月に売却するまで活躍してくれました。
(※上の写真がその車です。96モデルですがOLDモデルの
  テイストに近づけるためかなり外観をいじっています)
もちろん、バスフィッシングもこの車で出撃しておりました。
ご存知のように非常に小さい車のため、ワンピースロッドは助手席の
足元からリアウィンドウの角まで斜めに収納していました。
そうです、釣りの時は助手席が使えなかったのです(笑)
まあ、収納力はありませんでしたが小回りが利いて水郷釣行には
抜群の機動力を発揮してくれました。「お疲れ様です。」

まあそんなことで、しばらく足がない状態があり釣りにも殆どいけない
期間がしばらく続きました。
そして昨年1月、車をようやく購入することが出来たのです。
・・・で、今回の車選びのコンセプトは

1.ワンピースロッドが問題なく入る長さであること(但し長すぎない)
2.収納力があること
3.1.2の要素を網羅しながらも比較的コンパクトであること
4.デザインにオリジナリティーがあること
5.コストパフォーマンスが高いこと

6.国産車であること

こんな事を頭に入れながら色々探し廻り、
選択した車がMAZDA アクセラスポーツ20S
です。この車を購入しサボっていた釣りを再び再開しました。
「釣りのリハビリ年間ボチボチ行こう」と思って、早春より横利根
に通い始めましたが、気がついたら8月までほぼ毎週釣りに
出かけてしまいました。堪っていたものがいっきに爆発した感じです(笑)
tackle
※以前とは違い今ではこんな感じでロッドもしっかり収納できます。(ギリギリですが・・・)

■お知らせ
昨年、この車で20回程、横利根に出撃しておりますが、そのうちの5月末~10月までの
「釣行記録memo」が残っていますので、昨年の復習と今シーズンに向けてということで、
このblogにまとめていきたいと考えています。
まあ、時間のあるときにすこしづつ書き留めていく感じになろうかとおもいますので、
出来次第、古い釣行記から随時アップしていきたいと思います。
(記憶を呼び戻すため同日釣行の多かった、MGさんの釣行記なども参考に
 にしながらまとめてみたいと思います。)

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気Blog Ranking[釣り・フィッシング]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/11

横利根川釣行 2006/3/11

oomagari1 oomagari2
今日は1月の横タン以来、久々に横利根川に行ってきました。
朝から暖かく午前10時過ぎには防寒着では暑いくらいの陽気でしたが、
午後2時半頃から強風となり、少し寒くなりました。
で、今日の結果は・・・

①:大曲県道側~県道分岐前・・・・・・・・・ 
今日は朝一、なぜか?このポイントに入ってしまいました。本日の釣行
ルートとして考えていなかったのですが、上の写真のように、バサー、
オカッパリへら師とも少ない状況でしたので、思わず車を止めて
行ってしまいました。このエリアは昨年の夏~秋にかけてよく釣りをした
場所で、春には一度もやったことがありませんでした。
自分の中では(今のところ)この場所を夏頃の有力ポイントと位置づけている
ため、この時期はちょっとまだ・・・という気持ちもありました。
ただ、このエリアだけは「この時期釣れないなら、釣れない事
を体感しておきたい」という考えもあり、かなり時間をかけて釣りをしました。
リグはダウンショットのスローズル引きと、シャッドの半々で攻めてみましたが、
バイトが1回あったのみで、釣果なしで終わりました。
(4月、5月の状況も今後チェックしてみたいところです)

※途中お決まりのMAX COFFEE飲みましたよ(笑)
maxcoffee3 maxcoffee1 maxcoffee2 

②:短い護岸~民家前・・・・・・・・
このエリアはディープからシャロー、ゴロタやストラクチュアなどの要素が
あり、ひととおり釣りをすることで、状況が把握出来るのではないかと
考え、ここで釣りをすることとしました。
自分の気持ちとしては、「民家前のゴロタシャローエリアで釣れること
があれば、春に近づいているであろう・・・、そうであって欲しい」という
ことで釣りを始めました。
このエリアもダウンショットとシャッドの半々で攻めました。結果としては
短い護岸のストラクチュア廻りで、テゥイッチ&ポーズアクションのシャッド
36cmのバスがヒットしました(してくれました)。
「きっとMAX COFFEEのお陰です!!!」
bass36cm
ルアーはDAIWA PRO'S SPIKE T.N.REVOで、このルアーは並木プロ
プロデュースのせいかDUNKに形状がよく似ています。
(このルアーDUNKより安いんで・・・結構使ってます)
spike

③:E.ONE対岸・・・・・・・0 (1バラシ)
このエリアは昨年不調でしたが、1年を通して釣れるエリア(自分のなかでは)
でもあり、昨年の初バス(3月末)を釣ったところ、チェックしないわけには
いきません。こちらもダウンショットとシャッドでひととおり釣りをしました。
ここでは、ハンハントレーラーのダウンショットにバイトがあり、一瞬のせること
が出来ましたが、フックオフしてしまいました。
まだまだ、食いが浅いようで、フッキング
がされておらず、バスがワームを咥えただけのような感じでもありました。

④:神社対岸~大橋下・・・・・・・
こちらは、1月に初バスをGETしたエリアでもあるため、期待をして望み
ましたが、強風のせいもあるのか「ノー感じ」で終了しました。

管理釣り場にしばらく逃避していましたが、久々の横利根川釣行、
やっぱりいいですねえ。あと、昨年アピタ対岸の釣行の際、建設現場を
対岸から見守ってきたシネコン、いつの間にかOPENしてました!!!
施設名は「CINEMAX」だそうです。(下写真左)
HOT SUPER下の護岸廻り工事も本格的ですね。道路際に
オレンジのネットが・・・。(下写真右)
cinemax hopermae

※おまけ:下の写真は県道分岐前の護岸で撮影したものです。
       「春が近づいてますねえ~♪」
hukinotou
※他のフィッシングBlogはこちらから→ 「人気Blog Ranking[釣り・フィッシング]

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/10

BODY WORM

bodymormpac bodyworm
今日はTIFA/BODY WORMのお話を・・・♪
このワームは自分にとって特別なワームのひとつです。
まず、私が初めてワームでバスを釣ったときに使っていたのがこれでした。
あれは、確か1998年の4月、北浦の水神川河口エリアでリグは
ダウンショットでした。この時の、「ワームで釣れた感触」がたまらず
それ以来私は
ワーマーになってしまい、
ついでに、
ダウンショッターにもなってしまいました。

次に「特別その2」ですが、以前お話しました、昨年の釣行で自己最高の
53㎝を釣ったワームでもあります。
リグはまたまたダウンショット!
(北浦で釣った51cmもダウンショットでした)


「特別その3」、横利根川で短時間に爆釣体験をしたワームです。
あれは’99年か00年の8月~9月の釣行、場所はすべて監視小屋脇民家前
でした。そう、あの大曲のディープのお話をしてくれた、おじさんの家の前です。
ちなみに、リグはまたまたダウンショット!
ただし、この時は5cm位のショートリーダー(いつもは30cmが標準)でした。
(なぜか、この時はショートリーダーでないと釣れなかった)

それと、このワームもトーナメントのウィニングルアーになりましたね。
’99年ワールドの利根川戦で(先日FLWツアーで優勝した)深江プロ
が優勝したときのメインワームでした。その時のカラーは右側写真
下段のワーム、名前は忘れましたが、ダークグリーンとブラウンのツートン
のカラーです。ちなみに私の一番のお気に入りカラーは写真上段の
ブルーとホワイトのツートンで構成された「ホワイトサンダ-」カラーです。

・・・と色々このワームのことを書きましたが、実はもう廃盤となっています(悲)
去年、AS51に行ったら、特売品(処分品?)のコーナーで樽のなかに
ごっそり、無造作に入れられ1袋296円で売られていたため、
悲しい気持ちとラッキーな気持ちとで、樽の中にあった、お気に入りカラー
すべて買ってしまいました。半分やけくその大人買いです(笑)

「ストックは何本あるのだろう?大事に使わなければ・・・。」


※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気blog Ranking [釣り・フィッシング]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/08

MAX COFFEE

「Bass Fishing cafe」ということで今日は缶コーヒーのお話を・・・。
(なんだかこじつけっぽい、いい加減な出だしだなあ)
max_coffee_photo01
「MAX COFFEE」 (←click here:MAX COFFEEの歴史がわかります)
そう、千葉・茨城・栃木限定発売のこの缶コーヒーです。
このローカルなコーヒー「激甘」な味で有名?です。
甘さの秘密は、原材料名に記されている「加糖練乳」のようです。
私もこのコーヒー大好きな訳で、横利根川(水郷地帯)釣行の際は
毎回のように飲んでいます。釣行時の疲れたからだには

「この甘さたまりません(笑)」
横利根川では、県道分岐前の自販機で購入することが多いです。
大曲県道側から堀井釣り船店に向けて釣り進む途中や帰り道に
気分転換で・・・という感じでしょうか。

(ちなみに、大曲県道側三叉路にある食堂前の自販機で買ったものは
 なかの練乳が分離して粉っぽさが倍増していました。どうも少し古いようですね。
 もうあそこで買うのはやめることにしました。)

昨年はこのエリアでかなりいい思いをさせてもらいました。
きっとこの「MAX COFFEE」のおかげです。(←っな訳ないか!)

「みなさんも釣果がいまいちの時にこの「MAX COFFEE」を飲んで
みてください。きっといいことが起こりますよ。」
(またまた、いい加減なことを言っております(笑) )

さあ、今年も「勝利の女神 MAX COFFEE」を飲むために
釣りに行きまくるぞう!!!

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気blog Ranking [釣り・フィッシング]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~追記~

横利根川にバスフィッシングがてらMAX COFFEEを飲みに行って
みてはいかがでしょう!(←意味不明!?)
そして、またそのついでに相互Linkさせていただいている
「てくてくバスフィッシング」さん主催の「横タン」に参加
されてみては・・・。
楽しい仲間と横利根川のコアな情報がいっぱいですよ。


詳細はこちら→ 「横タン:3月26日開催♪」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/06

横利根川:大曲

O0800060013640559027

そういえば、前号のBasser誌で横利根が紹介されてましたね。

サル番長こと関和プロの「オカッパリで行こう!」の企画で関和プロの2006初釣りでの取材ということでした。







記事のなかに大曲のことが詳しく書いてありましたのでその事を・・・


O0800060013640559060

・・・何年か前、大曲エリアの監視小屋脇の民家前で釣りをしているとその護岸際に建つ民家のおじさんが現れて、話しかけてきました。釣りをしながら会話をし、横利根のことを色々教えてもらいました。会話の中で憶えているのが、この
大曲のことで、おじさん曰く・・・、






「この横利根で一番深いところはあそこだ(と指をさし)、深さ10mくらいあるぞっ、だから冬場はみんなあそこに魚が溜まってしまうんだ。そこで、へら鮒がここ一箇所に溜まらないようにこのネットを設けたんだ(そう、監視小屋前のネットのことです)。」







O0800060013640559104

※↑この画像が「大曲」。実はこの写真の奥の方で当日SUDAさんも釣りをしていたようです。






・・・この時、「このシャローリバーの横利根川に10mのディープが?」と不思議に思ったのですが、実際そこにキャストしてみると、なかなかルアーが着水しないので、「やっぱりそうか」とおじさんの言うことを信じていました。









・・・そして、このBasser3月号の記事が出て、ようやく詳細が判りました。
水深は8mくらいで、ディープエリアも私が思っていたより大きいようです。
O0800060013640559082_2

※この画像がディープエリアの断面図と平面図です。


おじさんの言う10mは少し大げさだったかもしれませんが、やっぱり本当だったんですね。




いずれこのディープからバスを釣ってみたいと思っています。
しかし、ここは根掛かりがきついので、ノーシンカーあたりで攻めましょうか。
センコーでも着水まで何秒掛かるんだろう???(笑)

ちなみにこのディープエリアに隣接するゴロタのシャローフラットエリアで昨年の4月、非常にいい思いをしました。このシャローフラットはきっとスポーニングエリアなんでしょうね。
横利根フリークの方ならどこの事かおわかりですよね・・・(笑)




※上の画像はすべて、Basser3月号から引用しています。ちなみに、この号ではSUDAさんが登場してましたね。「あのカレーラーメン旨そう(笑)」

| | コメント (8)

2006/03/05

エビスズキ

今日はバスと言っても「シーバス」の方のお話です。
昨日の夕方、12CH(テレビ東京)で17:30から放映している
「The Fishing!」を見ました。すると、水野裕子のコーナー
「つり舟 長崎屋」の舟で釣行する「エビスズキ」が紹介されていました。
(「釣りロマンを求めて」でも結構、長崎屋紹介されてます)

ちなみに私、この長崎屋での「エビスズキ(海老餌のスズキ釣り)」
や「ハゼエサのマゴチ釣り」、数回行ったことがあるのです。
実はこの釣り結構難しい・・・、タナとりはもちろん、アタリは小さいし
アタってからの合わせのタイミングも・・・、
あと、朝まで飲んでそのままこの舟で釣りをした日は、
口からコマセをまいたりもしました!!!(笑)

この釣り、バスフィッシングとはまた一味違ったおもしろさがあります。
しかし、この釣りではあまり釣果を残せていません(悲)
そんな中、まぐれで1本だけビックフィッシュをゲットしたことがあります。
(確か5年程前の8月か9月あたりだったと思います)
ebisuzuki
写真はその時、長崎屋さんに記念に撮ってもらったものです。
サイズは86cm、4.2kgだったと思います。
次の日は、サンケイスポーツの釣り欄の長崎屋コーナー
にこの記録が掲載され、思わずこの新聞購入してしまいました(笑)。

ちなみに、使用ロッドはブラックバス用のミディアムアクションでした
が、そのロッドは今でも無事です。「あ~重かった!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/04

週末ですねえ~♪

今週は水曜日から特別休暇を頂き、「家庭サービス週間?」あっという間に通常の週末がやってきました。とは言うものの、色々プライベートでやることがあります。
今日も午後から買物に・・・、友人2人に赤ちゃんが誕生したので「お祝い」を買いに行きます。明日は急遽決定した「横利根川53UP」ですね。
banner
私は用事があって、残念ながら参加できませんが参加される方々
よろしくお願いいたします。
まあ、ゴミ拾いが好きな人はそんなにいないと思いますが、自分の釣り場のゴミ拾いをするって、結構気持ちいいですよ。次回以降もあるとおもいますので興味の
ある方は是非参加してみてください。

さて、このブログを開設して3週間、アクセス解析の設定を始めてちょうど
2週間が経ちましたが、アクセス数が1,000を超えました。
1週間平均500位というところでしょうか。
とりあえず、時間の許す限り書き続けていこうと思います。
ということで今後ともよろしくお願いいたします。

で、1,000越え記念ではないですが(笑)、このブログを開設する際、
Illustratorで作成した「Bass Fishing cafe」のロゴでステッカーつくっちゃいました。(まあ、台紙は市販のフィルムラベルですが)
106-0622_IMG
75mm角と200mm角のものをとりあえず作成してみました。
そして、スーツケースなど様々なところに貼り付けました。
( 単なるバカ?です(笑) )
106-0623_IMG
そして、生活用品の「コーヒー豆容器」、「ブリキの薬ケース」にも・・・
107-0778_IMG 107-0779_IMG
そして最後は車にも・・・(本当バカです!)
107-0776_IMG

「さあ、今年もこの車で横利根いきまくるぞう~♪」
(←本当かッ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/03

今日も管理釣り場で・・・奮闘!!!

今日は超久々平日釣行!・・・また吉羽園に行ってきました。
実は、今週は水曜日から特別休暇を頂いていたのです。
水~木曜は妻と旅行に出かけ、金曜日は釣りということになりました。
(旅行については後日このブログで・・・)

今日も朝からあまり気温が上がらない状況でしたが、
陽は照っていたので、昼頃まで我慢の釣りであることは覚悟で
釣りをスタートしました。(まあ、前回釣行時の超スローな状況とは
あまり変わりはしないだろう・・・昼ごろにはシャローの水温が少し
あがるかな?でも午後は冷たい風が吹く予報・・・う~ん)
とりあえず、前回釣れたリグ、2”センコーとハンハントレーラーの
ネコリグを投げることとしました。途中、気分転換にシャッドなどを混ぜ
たりもし、30分程探りましたが、ノーバイト・・・。
廻りも釣れていない様子です。「ちょっと違うことやってみるか・・・」
と思いついたのが、4”グラブのテイルをカットしたイモグラブ
のノーシンカー(5~6年ぶりにこのリグを使いました)。
107-0769_IMG 107-0775_IMG

※写真左:4”グラブのテールをカットしたもの
※写真右:このかたちで商品化された「テイルレスグラブ」
(途中グラブがなくなった為、最初からイモグラブ状態のこのワームを購入)

2~3投しただろうか、底を超スローにズルズル引いてくると、なんか
違和感を感じる・・・、スウィープに合わせてみると・・・、のりました
待望のファーストバスです。(とりあえずホッ!)
(しかしアタリが小さい、激シブのウィンターパターンの雰囲気です)
107-0766_IMG
このリグなら今日はいけそうということで、妻にも同じものを付けてあげました。
すると、得意のシェイク?にきました!!!妻もファーストバスです。
107-0767_IMG

午前中はバラシもあり結局2本で終了しましたが、午後に向けて
なにか掴めた?ような感じでした。

昼食を終え、少し暖かくなったこの時間、シャローは水温が上がって
いるだろうと判断し、水深50cmくらいのゴロタ石エリアに勝負をかけました。
(いつもはディープですが、今日は午後からシャロー勝負と決めていました)
イモグラブをキャストし、超スローにズル引き→ゴロタに引っ掛け→止め→
シェイク→そして、ゆっくりナチュラルにゴロタの半ネガカリ状態をハズシ→
また止めてシェイク・・・の繰り返し、すると午前中よりは(小さいながらも)
アタリがはっきりし、バイトの数も増えてきました。
結局、昼食後の2時間程で10本以上のバスをゲットすることができました。
107-0771_IMG
廻りの釣れていない状況(対岸に1人だけコンスタントに釣っている人
がいましたが)を考えると、この釣りは正解だったようであります。
恐るべし、イモグラブのノーシンカー!!!
初心者の妻もこのリグで8本ゲットしました。
(私より遥かに値段の高いライン使っているからなあ・・・?
そう、今日からBMSラインを使っているのです)

しかしながら、2時半頃から太陽が隠れ、冷たい強風が吹き始めました。
3時頃でしょうか、気温がぐっと下がり出しその後まもなく、アタリが
ぱったりなくなってしまいました。釣れないうえに強風により身体も冷え
きってしまったため本日は早めの納竿となりました。

「シャローは、爆発も早いですが、沈黙もあっという間です!」

今日は前回釣行に比べると、満足のいくかたちとなりました。
が、もう少し早く、「本日の釣れ方」を発見できればかなり釣れた
はずではないかと・・・、少し反省もある釣行となりました。


「久々のイモグラブ・・・あ・り・が・と・う(笑)」

| | トラックバック (0)

2006/03/01

スモラバのトレーラー

今日はスモラバトレーラーのお話を・・・
ここ1~2年、スモラバがかなりブーム?になってきましたね。
私がスモラバを使い始めたのが確か99年頃だったと思いますが、当時はまだ
今程、商品ラインナップがなかったため、私は
エバーグリーン/CCラウンドを主に使用していました。
当時はスモラバを使っている人が少なかったせいか、はまった時の
爆釣ぶりはすさまじいものがありましたね。

で、本題のトレーラーですが、色々試して、結局私の中では
当時この2つに絞られました。
106-0609_IMG
まず一つ目がこの
POPEYEのフロッグテイルツイン
DARTS 

二つ目がこの
LAKEPOLICE/DARTSです。
ちなみにダーツはテイルの部分を二股に裂いて使用します。

で昨年、レパートリーがまた2つ増えました。
106-0611_IMG 106-0612_IMG

GaryYAMAMOTO/SHAD SHAPE WORM(写真左)
TSUNEKICHI inc./ハンハントレーラー
(写真右)
です。ハンハントレーラーはまだ未使用ですが、村上さん開発のワーム
ですから、外しはないでしょう。
こんな感じですが、今シーズンも何度かこのスモラバの出番がありそうですね。

ちなみに普通のラバージグのトレーラーはまったく別物を使用します。
私は現在1種類しか使っていません。
まあ、この話はまたいずれ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »