« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/29

横利根川釣行 2006/4/29

GW釣行初日(と言っても私は暦通りのため9連休ではないのですが)、いつもの様に横利根川に行ってきました。前回の釣行の感じから状況としてはアフターに入ったバスが多くなってきていると思われます。前回は水が悪いということで利根川寄りのポイントにしか入りませんでしたが、今回は水質に関係なく常陸利根川寄りのポイントもチェックすることにしました。結果は・・・・・

① 神社前・・・・・・

やはり春はこのポイントを外す訳にはいきません。とは言うものの3週間ぶりとなる為、まったく状況がわかりません。とりあえず、今日は釣れる釣れない関係なくじっくり時間をかけてチェックすることにしました。岸際、少し沖と交互にキャスト、ノーシンカーでゴロタのボトムをスローにズル引き(ノーアクション)を繰り返しました。すると岸際でコツンという明確なアタリが・・・、ゆっくり送り込んでスイープに合わせると32㎝のバスがヒットしました。この釣れ方、堪りませんね。
1101052_img
ルアーはGary YAMAMOTO/3"センコー(スモークプロブルー)のNS
1101059_img 1101061_img

その後、このエリアを同様にチェックしていくと足元で20㎝のバスがヒット!「お前じゃないんだよう~。」と思いながらも貴重なバスに感謝です。
1101053_img

その後もゴロタエリアを延々とチェックしましたが、バイトがありません。今年はこのエリア不調なのでしょうか?へら師も居ないし、へらも不調なのかなあ?

このエリアの最後に、大橋寄りの護岸をBODY WOAMのダウンショットでチェックすることにしました。ここでは2バイト程あり25㎝程のバスをヒットさせましたが、ジャンプ一番ばらしてしまいました。アタリがあってからちゃんと送り込んで合わしているのにバレルとは・・・「しっかり喰いなさい!バス君。」

② 大曲県道側・・・・・・

ここも①同様、前回釣行でチェックしていなかったため今日は必修エリアと位置づけていたエリアです。気持ちの中では新護岸~県道分岐前鉄パイプエリアが本命なのですが、食堂下の旧護岸から攻めました。ここはカトテネコでボトムをシェイクしながらスローにズル引きでいきました。この旧護岸のエリアを「釣れたらラッキー」の気持ちで釣り進むとヒット!あがってきたのは、マブナ?・・・ではなく18㎝のバスでした。
「お前じゃないんだよ~お前じゃあ(再)。」自身横利根最小記録です。イェ~イ♪
1101054_img
ルアーは
Gary YAMAMOTO/4"カットテイル+1/32ozネイルシンカーのネコリグ
1101062_img 1101063_img

その後も県道分岐方面に向かって同リグで撃ち続け、新護岸まできました。すると今日の本命お目当てポイントの鉄パイプエリアに4~5人の団体様御一行が・・・・!!!
わいわいがやがや楽しそうに釣りをされているようでしたので私は一時中断し県道分岐の自販機に向かって少しポイントがあくまで時間調整することにしました。もちろん目的はMAX COFFEE♪です。

しばらく時間をおくと御一行様が堀井釣り船店方面に移動したため釣りを再開しました。ここでは気分転換ということで、リグを交換することにしました。発売されたばかりの「ハンハントレーラーコイコイマックス」で、これをネコリグで使用します。すると鉄パイプエリアと大曲県道側新護岸の境辺りで待望のバイト!あがってきたのは39cmのバスでした。
1101055_img

新規投入のリグでのGETに満足♪ちなみにルアーは
TSUNEKICHI inc./HANHAN TRAILER coy coy max (コホクオリーブ)
+1/32ozネイルシンカーのネコリグ
1101065_img 1101064_img

このハンハントレーラー下写真の上段が今回発売されたコイコイマックス、下段がスタンダードのものです。どちらも「堪らん形状ですね。」
1101067_img

③ HOT SPAR下・・・・・・

HOT SPARで早めの昼食を済ませ、しばらく休憩してからこのポイントに入りました。このポイントは名前同様、今まさにスーパーホットな場所です。
「このポイント、朝から何人のバサーが叩いたんだろう?私に釣れるバスは残っているのかな?」と思いながら釣りを始めました。するとMGさん登場、朝一ここで3本ゲットしたとのこと。しかし、この時も人が多く数名のバサーが居たようです。
ここでは、IKA+ネイルやJHでしばらくチェックしましたが、私に釣れるバスは居ませんでした。「今日はこのポイントお留守のようです。」いやっ、そんな筈はない、「居留守のようです。」

④ 民家前~短い護岸・・・・・

ここも今日チェックしておきたかったポイントですが、風が強く非常に釣りがしにくい状況でした。一流ししましたが、ノー感で終了。

⑤ アピタ対岸・・・・・・

ここは、消防水利右側の護岸からチェックしましたが、本命はここも前回釣行で好感触を得た鉄パイプエリアです。ここでは、カトテネコで本命エリアを目指しながら撃っていきました・・・・すると、またしても本命エリアに別の団体様御一行が!しかも5人! 横に並びながらわいわいがやがや楽しそうに釣りをしています。それも私が1番期待しているピンスポ、みんなで賑やかに叩きまくっています!!!
「おいおい、そこは俺がこれから・・・。」と思いながら、ここでも時間調整・・・、しばらくすると御一行様とすれ違い鉄パイプエリアにきました。そして叩きまくられた後のピンスポで待望のバイト、あがってきたのは24cmのバスでしたが満足、満足。ちなみにルアーは
Gary YAMAMOTO/4"カットテイル+1/32ozネイルシンカーのネコリグ
1101057_img

あれだけの人が叩ききった後でも釣れるもんですねえ。まあ、攻め方の違いでしょうか。「意地の1本です(笑)」
その後もこのエリアを撃ち続け、同リグで34cmのバスをGET。このバスはお腹パンパンでした。
1101058_img

その後、護岸の端で1本バラシ、本日も6本で終了。今日は大曲から常陸利根寄りのエリアでバスを釣ることが出来ました。計算外は③でのノーフィッシュですが、まあ良しとしましょう。しかし、今日は人が多かったですね。横利根川ってそんなにメジャーなのでしょうか?次回のGW釣行は未定ですが、一日くらいは別のエリアに行こうかと考えています。常陸利根川、前川、鰐川、黒部川と昔やったところを廻るGW川めぐり企画です。乞うご期待!


※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/27

横利根川釣行 2005/7/2

今日は2005年7月2日の横利根川釣行を振り返ってみます。

1週間前の釣行では、浮き気味のバス、もしくは上に意識のあるバスしか釣れなくなりボトム中心の攻めが利かなくなるという状況でした。それが、一時的なパターンなのか、しばらくはこのパターンなのか等を見極める必要があります。そんな状況で迷いのある中での釣行開始となりました。

で、結果は・・・

① 大曲県道側・・・・・

ここでは、確認の意味もありボトム付近の攻めから始めました。リグはここ最近のJHではなく、ベイトタックルを使用したショートリーダーのヘビツツネ(シンカー9g)でいくことにしました。このリグを選択したのは、ボトム付近のみならず、キャスト時の早いフォーリングに反射的に口を使うバスがいるかどうかを確かめる為です。ちなみに、このリグはテキサスリグに近い感覚で使用します。
結局、ここでは底ズルの攻めに1本のバスがバイトしたのみで、何も掴めないまま次のポイントへ移動となりました。釣れたリグは
Beit Breath/BYS CRAW 3.5"(ダークレッド)のDS 9g
1090950_img 1090949_img

② 県道分岐前・・・・・

ここでは、MGさんとコンタクト、お互い「どうもボトムではないようだが・・・?」という情報交換(・・・と言いながらも①のリグでまだボトム付近を探っている私!?)、お互い釣りを再開しスピナベにチェンジしたMGさんにヒット!
その後、私はしばらくそのまま釣り続け、戻りの鉄パイプのシャローエリアでルアーを交換することにしました。ここ最近、スピナベを携帯していなかったのですが、今日は「必要かも?」ということで、リュックに入れてありましたのでスピナベを試すことにしました。鉄パイプをかすめながら護岸と平行にリトリーブしようと思いキャストし着水後直ぐにバイト、ようやく今日2本目をゲットすることが出来ました。その後もこのエリアで表層付近を攻め1本追加しました。ルアーは
TIEMCO/PDL HALF SPIN 3/8oz
Pdl

③ 短い護岸~民家前・・・・・・

④ 神社対岸~大橋下・・・・・・


③、④ではスピナベはやらず、ワームで釣る方法を探すことにしました。JHでボトムをとりながら中層を意識しリフト&フォールで攻めましたが、まったくバイトなし。エリアが悪いのか?攻め方が悪いのか?まったくわからずこのポイントを終了。
③では再びMGさんとコンタクト、本日の釣りを振り返ってみましたが、お互い「確信めいたパターンがないなあ・・・」という感じで苦笑い。
ちなみに同日釣行MGさんの釣行記はこちら→ MGさんの釣行記

● 昼食~AS51で買い物~昼寝 (11時~15時)

パターンも分からず釣れる気があまりしなかった為、早めの昼食をとり買い物を済ませ、昼寝をして気分をリフレッシュすることにしました。そして夕方からの釣り方をしばし考える・・・。

a:2週間前まで通用したボトムの釣りはもう通用しない→削除
b:中層のスピナベは釣れた→横の動きか?
c:でもワームでなんとか釣りたい。
d:ワームのリフト&フォールでも駄目。
e:着水後のフォールでもない→バスの意識が上にあるわけでもない?
f:b+cでワームの中層スイミングか?
g:そうするとリグは1/16oz程度のJHでミドストか?
h:JHのリーリングによるミドストは耐えられない。そしてテクトロに不向き?
i:カトテNSの中層引きは?→耐えられない。一定層を保ちにくい。
j:一定層を横に引けて、かつキビキビ感が欲しい。


・・・で思いついたのがこれ↓
1090945_img_2 1090947_img

Gary YAMAMOTO/4"CUT TAIL WORM+1/32ozネイルシンカー
のネコリグ
です。これをシェイクしながら中層をスイミングさせるというもの。ラインスラッグを出しながらシェイクし、流れの方向や強さによって、ロッドから出すラインの長さを変えます。浮き過ぎず沈み過ぎず一定層をトレースするためです。
(ボート釣りでのドラッキングのような感じです)

で、このリグで釣りを再開した夕方までの3時間、午前中の不調が嘘のように怒涛の7本ゲットとなりました。最後は本日の10本目をゲットしたところで終了。ポイント別の釣果はこんな感じ・・・。

⑤ トヨペット前~整備工場前・・・・・・

⑥ 犬のうるさいポイント・・・・・・

⑦ 国道分岐前・・・・・

⑧ 大曲県道側・・・・・・

以上ですが、今日はこのリグ、この釣り方を思い付き、好感触を得たことが、何よりの収穫でした。先週の釣行くらいから、状況の変化(春パターン→夏パターン)に迷いを感じていましたが、これで次週以降の釣りに光が見えた感じです。
(さて、実際はどうなったのか・・・?)

次回は2005年7月9日の横利根川釣行を振り返ってみます。

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気Blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/23

横利根川釣行 2006/4/23

今日は2週間ぶり横利根に出撃してきました。
水温もここ最近で15℃を超え「春の釣りが楽しめそう♪」と期待が膨らみますが、本日は気温が低いという予報が少し気がかりです。ただ、今日は12時頃から雨の予報が出ており、雨の降り出す2時間前の10時頃からバタバタと釣れるのではないかと少し期待をしながら横利根に向かいました。ちなみに睡眠時間は1時間、そして日曜日、明日からのことを考えるとそんなに長く釣りをすることは出来ません。とりあえず、気力・体力がもつところまでやることにしました。

① HOT SPAR下・・・・・

2週間前に良い感触を得たポイント、そしてMGさんの掲示板から好調の報告があがっているポイントでもあり、期待をして釣行を開始しました。
前回同様、IKA+1/64ozネイルシンカーを中心に時間を掛けてチェックしました。しかし、小さなアタリはあるもののなかなか釣れません。やっと釣れたと思ったらフッキングが甘くバラシテしまう状況。結局、期待をした朝一のこのポイントはノーフィッシュとなりました。
このショートバイトの状況、前日たたかれ過ぎのプレッシャーなのか、水温低下の影響か、それとも、釣り方が悪いのか・・・・?このポイントで朝一ノーフィッシュとは予想外であり、今日一日の釣りに不安がよぎります。「今日はまさかノーフィッシュかあ?」なんて弱気になったりもして・・・(笑)

② アピタ対岸・・・・・

このエリアは昨年からあまり相性が良くないのですが、常陸利根川寄りは水が悪く不調という事前情報があったためこのエリアを選択しました。
ポイントに入るとノリさんと遭遇。4時半からこのエリアを攻めて2本ゲットとのこと。ただし、ショートバイトに苦労しているようでした。しばし歓談・・・、「私はとりあえず1本釣って落ち着きま~す。」と言ってノリさんと別れ釣りを開始しました。
釣りを開始して数分後、待望のバスがHITしました。サイズは30cmでしたがホッとする1本でした。
1101037_img
ルアーは
Gary YAMAMOTO/IKA+1/64ozネイルシンカー
1090917_img 1090918_img

その後釣り進み、鉄パイプのエリアまで来ました。ここで①ポイントでの状況と1本目のバスの釣れ方の感じから「今日はIKAではボリュームがあり過ぎ?もしかして細めの方が良いのかなあ?」と感じ本日投入予定のなかったカトテネコリグを投入することにしました。すると直ぐにバイト、長時間のやりとりの結果ゲットしたのは44cmのメスバスでした。
1101038_img
ルアーは
Gary YAMAMOTO/4"CUTTAIL(black/bluefreak)+1/32ozネイルシンカー
1090945_img 1090944_img

その後も同じリグで探ると、同じ鉄パイプエリアで25cmの小バスがヒットしました。
1101039_img

その後は、水管橋まで釣りをしましたが、バイトがなかったためこのポイントを終了としました。

③ HOT SUPER下(再)・・・・・

本当は大曲県道側のチェックをしようと考えていたのですが、アピタ対岸で釣れた時に、一時的に気温も高くなり、朝なかった流れが出始めていたので、この状況の変化でこのポイントでも釣れるのではないかと思い、再度このポイントにやってきました。
しばらくは②に続きカトテネコリグで攻めましたがバイトがなかったため、リグを変える事にしました。ここで投入したのは、今日どこかで試そうと思っていた、昔懐かしワーム、「カリフォルニアパドル」です。このワーム、水中でのテイルの浮き方がなんとも堪りません(笑) このワームはテキサスでの使用が定番ですが、JHでいくことにしました。するとキャストして直ぐバイト。あがってきたのは25cmの小バスでしたが、このワームでの釣果に満足です。
「なんだか今日はワームを変えると直ぐにバイトがあるな~。」
1101041_img
ルアーは
CARIFORNIA WOAM/パドル(F.S.中原オリジナルカラー) 1/16ozJH
1101046_img 1101044_img


その後は、リグをIKA+1/64ozネイルシンカーに交換しこのエリアを攻め2本(36cm37cm)のバスをゲットしました。
1101042_img 1101043_img

その後しばらくバイトがなく、今日はあと1本釣ったら帰ろうと思いながら打ち続けると待望のバイト!水面に現れた魚は40upはあろう魚でしたが、しばらくやりとりしているとフッと軽くなりました。痛恨のバラシです。バスの鱗が1枚ついて戻ってきた悲しいフック部を確認するとワームからフックが完全に出ていませんでした。ドラグの閉め忘れにより、フッキング時の力がしっかりかかっていなかったようです。初歩的なミスですね。
その後、あと1本を求めてしばらく打ち続けましたが、バイトもなくおまけに気力・体力の限界を感じた為終了としました。
「釣りの前日はしっかり寝ましょう♪」

帰り際、このポイントにノリさんがやって来たので、状況を聞いてみると5本捕った後、アピタ対岸を攻めてみたがバイトなしとのこと。しばらく会話をした後、お互い「おつかれさまあ~」と帰路についた・・・・はずだったのですが、なんとノリさん、奥さんの許可が出て夕方まで粘ったようです。そしてその後、怒涛の7本追加で終了したそうです。凄い体力そして気力ですね!!!

今日は、大曲県道側神社前をチェックしなかったのが心残りでした。あと、この時期必ずやるダウンショットをやらなかったことも・・・・。
次回はこの反省を踏まえがんばります。

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気blog ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/21

FLW Tour 第4戦

Fukashin

4/5~4/8にBeaver Lakeで行われたFLW Tour 第4戦
深江プロが見事に優勝しましたね!優勝賞金はなんと$200,000!!!
やっぱ、本場アメリカはスケールが違いますね。
ちなみに、ウィニングルアーはゲーリー
カットテイル5"4"シャッドシェイプワームだそうです。
リグは両ワームともJIG HEAD 3/32oz
Fukashin2 

そのGARY YAMAMOTOさんもこのツアーに参戦していますが、
今回は102位といまひとつの結果だったようです。残念。

昨年は並木プロがこのツアーでA.O.Y争いを演じ、惜しくも2位となりましたが、
今年はどうなるんでしょうか。深江プロは現在良いポジションにいますから
楽しみですね。今後も注目していこうと思います。

※他のフィッシングBLOGはこちらから→ 人気blog ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/19

今日は常ってきました♪

・・・と言っても、常吉リグ(ダウンショット)をやったわけではありません。
もちろん釣りになんか行ってませんよ(笑)。
flamerさんは平日釣行のようですが(いいなあ)。

今日はある資格の講習があったため、有給をとりお勉強です。
で、講習終了後妻と待ち合わせをし、近くで夕食をとることにしました。
「今日は常るかあ~」
そう、寿司の「寿し常」に行ってきたのです。この店は駅近くに出店されていることが多いチェーン店ですが、値段が安くネタが良いのです。土日なんかは、18時過ぎの段階でウェイティングしないと入れません。今日は平日ですが19時の段階で並んでいました。
回転する寿しよりは少し値段高めですが、味はなかなかですよ。

・・・で、寿しを堪能した後は食後の珈琲が飲みたくなります。
久々、近所にあるみずさわ珈琲店に寄り、本日の珈琲「コロンビア」を飲み、
マスターと談笑しました。
このみずさわ珈琲店はお店の脇にプレファブの焙煎場があり、マスターが
ここで焙煎した自家焙煎珈琲を提供してくれます。
もちろん100g単位で豆の販売もしています。「美味しいですよ~。」
Mizusawacoffee

ちなみにこのお店の珈琲豆のパッケージは私がデザインしたものなのです。
3年程前マスターに「パッケージを新しいものにしたいんだけど・・・やってくれないかあ?」ということで・・・いつの間にか
私が引き受けることになったわけです(もちろん無報酬ですよ)。

Mizusawa1 Mizusawa2
上の画像が、パッケージ制作会社に渡した指示書です。

このスケッチの指示書とイラストレイターで作成したデータを渡し
1ヵ月後・・・、出来上がったのがこれです。(下の写真)
Mizupac1 Mizupac2

色は
青版赤版の2パターンを用意したのですが、マスターの意向で
赤版で制作することになりました。

ちなみに、パッケージ左端の透明スリットは商品(珈琲豆)を立体的に魅せる為
の仕掛です。以前の物は真ん中に窓状に透明部分がありましたが、これでは
商品が2次元(平面的)でしか見れなかったため、それを解消しようと思い
デザイン要素にとりいれました。これは私のチョッとしたこだわりです(笑)。
ワームのパッケージもそうですが、商品の色・かたちがしっかり見えないと
いやですからねえ~。(←そんなこと思っているのは私だけかッ)

あ~、珈琲飲みたくなってきた。

「珈琲 淹れてぇ~~♪」

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気blog ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/18

横利根川釣行 2005/6/26

今日は2005年6月26日の横利根川釣行を振り返ってみます。

本日は、日曜日ということで、4時半から開始し13時頃までの釣行となりました。
先週の釣行では、春から続いている底を中心としたJHの釣りで、なんとかゲットすることが出来たのですが・・・・、前日釣行のMGさんは結構苦戦したと掲示板での報告がありました。そろそろサマーパターンへの移行なのか?そのあたりのことも考えながら釣りをしなければなりません。

・・・で結果は

① 大曲県道側・・・・・・

今日は新旧護岸の境からキタトネ方面に釣り進みました。とりあえず、先週と同様、タイニーブラッシュホグのJHで底中心に攻めてみました。食堂下の沈船まで着ましたが、まったくバイトがありません。先週はこの釣り方で4本釣れたのですが・・・・。
「これはおかしい」ということで、リグをスモラバに変え、ストラクチュア廻りを撃つことにしました。食堂下はヘラブナ船の係留場所ですが、今日は沢山の船が出船しこのエリアが開いていたため、このエリアの鉄パイプ廻りを撃ってみました。すると、フォーリングと中層スイミングでこの狭いエリアから4本のバスをゲットすることが出来ました。やはりバスは浮き気味のようです。釣れたルアーは
・Gamakatsu/ROUND25 1/16oz+シャッドシェイプワーム
Rjig1


・KEITECH/Guard Spin Jig 3/32oz+3"パワーホグ
Rjig2

・ZBC/TINY BRUSH HOG 1/8JH
Tiny_brush_hog_1_2 Tiny_brush_hog_2_3

② 県道分岐前・・・・・・

旧護岸と新護岸の境に船が係留されているエリアがありますが、その廻りを①と同じように攻めました。やはりここもフォーリングと中層スイミングでバスのバイトが集中しました。ここでは3本ゲットしましたが、2本程のバラシもありました。やはりこのエリアも底ズルの釣りではバイトなしでした。ルアーは
・Gamakatsu/ROUND25 1/16oz+シャッドシェイプワーム
・ZBC/TINY BRUSH HOG 1/8JH

③ 神社対岸~大橋下・・・・・

このエリアも先週2本釣れたところなので同じように底ズルで攻めてみましたが、バイトなしで終了しました。①、②同様この先週までの釣りはここでも通用しなくなっていました。

④ 大田食堂下・・・・・

①、②の結果からストラクチュアが多い、このエリアにやってきました。以前からmizuさんはこのエリアで結果を残していることは知っていましたが、初めてこのポイントにきました。観光船のような少し大きめ船が係留してあり岸との間に少し隙間があるポイント、ここをスイミングで攻めると直ぐにバイトがありました。ここでは1本ゲットし1本はバラシてしまいました。ルアーは
Gary YAMAMOTO/4”カットテイルワーム(ブラック/ブルーフレイク)のNS
Cuttailpac Cuttail

⑤ 民家前・・・・・・
⑥ 県道分岐前・・・・・
⑦ トヨペット前・・・・・

早めの昼食をとってから⑤、⑥、⑦のポイントに入り、護岸際を底ズルの釣りで攻めました。①~④の釣りを通じて、もうこの釣りは通用しないであろうと感じておりましたが、来週以降の釣りのために確認の意味も含め(釣れない事の確認)この釣りをしました。

以上、8本で終了。終わってみればバスはサスペンドしていたということになり、釣れた魚はすべてフォーリングと中層スイミングでした。来週からは釣り方を少し変える必要があります。

※次回は2005年7月2日の横利根川釣行を振り返ってみます。

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気blog ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/16

アクセス解析

このブログを初めてから2ヶ月、アクセス解析導入から2ヶ月弱が経ちました。アクセス数はちょうど5,000に達するところです。正直、予想以上のアクセス数にビックリ!しています。4月に入り、私を含め世のバサーの動きも活発となってきていますね。先週の横利根川釣行ではかなりのバサーを見かけました。それに連動してかどうかはわかりませんが、4月に入ってからアクセス数が急に増えました。バスの動きも活発になってくれると嬉しいのですが・・・(笑)

niftyココログのアクセス解析は検索数のみならず、検索ワード、検索フレーズの解析結果も表示されます(どのワード、フレーズで私のブログにアクセスしたかの解析)。この結果をみると、やはり横利根川利根川、霞ヶ浦のワードが多いようです。ここ最近は「横利根川 春」「横利根川 スポーニングエリア」などのフレーズが多くなってきました。注目すべきは、「スモラバ」「スモラバ トレーラー」のワード、フレーズです。これらは解析を始めて以来、件数も多くそしてコンスタントに結果が出ています。ここ1~2年でブレイクしたこのスモラバ、やはり皆さんも気になるようで、ネットで調べられる方が多いようですね。

ちなみに、下の写真は私が釣行の際、携帯するスモラバケースです。
Rjigcace Rjigcase2
左側の仕切りから順に1/16oz→3/32oz→1/8ozと分けて入れています。

1/16ozは主にGamakatsu ROUND25を使用します。
Round25
このジグはシリコンラバーが細めで綺麗です。そして何よりコストパフォーマンスが高い、これが嬉しいです。
このJIGは横利根仲間のmizuさんもご愛用のようです(笑)

3/32ozは主にKEITECH/GUARD SPINJIGを使用しています。
Spincolor205

こちらは少しお値段高めですが、さすがKEITECH、精巧に造られています。

1/8ozは主にEVER GREEN/C.C ROUNDを使用しています。
Cc12
こちらは、上の2商品とは違ってファインラバーで出来ています。
このJIGは1999年頃から使い始めましたが、当時はスモラバを使用している人が少なかったせいか、野池などでは爆発的に釣れました。ちなみに、冬場のトラウト管釣りでもトレーラーなしで使用しましたが、凄い反応です!ただ、なかなかフッキングしないのです。

スモラバもいろんなものがありますが、今一番使用してみたいのが、
TSUNEKICHI inc./HANHAN JIGです。
A1244_i1
これはいかにも釣れそうな感じ(実際、釣れるようですよ)ですが、
如何せん、値段が高い!
でも使ってみたら高い理由がわかるかもしれませんね。

今年もこのスモラバ達にお世話になるのかなあ~?

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気blog ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/14

横利根川釣行 2005/6/18

今日は2005年6月18日の横利根川釣行を振り返ります。
※今回は各ポイントの詳細な記憶が残っていないので結果中心となります。

本日の横利根釣行は一週間前の釣行で良い感触を得た
ZBC/TINY BRUSH HOGの3/32ozJHで攻めることにしました。
先週とはそんなに状況の変化はないだろうという予想です。

・・・で結果は

① 短い護岸・・・・・

このエリアに到着すると、同日釣行のMGさんと遭遇!情報交換の後、お互い釣りを開始。護岸に鉄パイプのあるところ(ここは底質が良い)に差し掛かると、直ぐにバイト、この日1本目をあっさりゲットすることが出来ました。
ちなみにこの時のファイトシーンを近くにいたMGさんにフォーカスされていました(笑)。そのときの写真はこちら→ 同日釣行だったMGさんの釣行記

② イーストワン対岸・・・・・・

旧護岸を一通りチェックするも反応なし、いつもならここまでですが、今日は新護岸が気になり撃ち続けることにしました。すると、護岸際に1本だけある杭を発見。「こんなところに杭があったのか~!」と思いながら杭廻りにルアーをキャスト、フリーフォールさせるも反応なし、次に杭に対しタイトにフォール・・・そしてステイ、するとラインがスーっと動き、合わせてみると40UPのバスが釣れました。このバイトの出方、やっぱりプレッシャーが高いのでしょうか・・・?
縦ストはアプローチ方法(アプローチの方向、フリーホールorカーブフォール、周辺なのかタイトなのか・・・・)によって喰う喰わないがありますので、あきらめずに撃つべし!とういう典型パターンでしたね。

③ 大曲県道側・・・・・

④ 神社対岸~大橋下護岸・・・・・

⑤ 監視小屋前・・・・・・

⑥ AS51スロープ前・・・・・

⑦ トヨペット前~整備工場前・・・・・・

ここでは久々の45㎝UPが釣れましたので、携帯で写真をとりました。
050619113415

⑧ 民家前・・・・・・

シャローゴロタエリアで久々に釣れました。

⑨ 大曲県道側(再)・・・・・

ここで、1本GETし、二桁10本となりましたので、納竿としました。

今日の釣れたルアーは全て、
ZBC/TINY BRUSH HOG(pumpkin blue)の3/32ozJH
Tiny_brush_hog_1_1 Tiny_brush_hog_2_2

この日は、MGさん、mizuさんも朝から釣行しており、お二人とも二桁ゲットしておりました。昼食から合流したSUDAさん含め4人の巡回ルートをMGさんが表にまとめてくれていました。こちら→ 4人の巡回ルート
非常に興味深い表ですね。今考えるとこれが横タン始まりのひとつのきっかけかもしれませんね。

次回は2005年6月26日の横利根川釣行を振り返ってみます。

※他のフィッシングBLOGはこちらから→ 人気Blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/11

IKA

_003

先日の釣行で使いましたGary YAMAMOTO/IKAですが、以前購入し、ワームケースに入っていたのでひっぱり出してきました。上の写真、右が今回使用したIKA、中央がFAT IKA、そして左が6"くらいあるIKA(名前がわかりません)。こうやって並べてみると普通のIKAが小さく見えます。この6"くらいあるIKAを逆さ付けNSで使用したら面白そうですね。とってもアグリーです(笑)。JHでもおもしろそうですね。

今回、IKA+1/64ozネイルシンカーを使用した感じですが、イモグラブやセンコーのNSなどと比べると、ロッドを操作した時の引き抵抗感がかなりありました。やっぱりこのフラスカートが利いているのでしょうね。今回は別の意図があって、やわらかいロッドを使用しましたが、このリグはMLアクションくらいのロッドが操作しやすそうです。

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気blog ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/10

AS51で・・・♪

060408as51

先日の横利根川釣行の後、アングラーズサイト51に寄って釣具の補充をしてきました。購入物は・・・、

① GARY YAMAMOTO/IKA
② GARY YAMAMOTO/3"ヤマセンコー
③ LUCKY CRAFT/BEVY SHAD 60S(アカキン)
④ DECOY/DREAM HOOK WORM15 1/0
⑤ DECOY/Kg HOOK WORM17 1/0
⑥ Gamakatsu/Jack Roll 1/16oz

①はとりあえず、試しで1袋購入しておいたのですが、今回良い感触を得ましたので、2袋購入してしまいました。しかし、このワームは高い!
1匹140円超です!!!
ただ、このワームはオフセットで使用するので、そんなに根掛からないはずです。

②も今回釣れたワームです。昨年までは、ベイトで4”、5”メインで使用していた為、3”のストックがないのでとりあえず購入しました。

③はしばらくの間、必需品です。ワームで何やっても釣れない時のお助けルアーです。ただし、このような状況にならない事を願います。

④は久々の補充です。しばらく、マス針やJHばかり使用していた為オフセットを補充するのを失念していました。春はしばらく必要です。

⑤はIKA用に購入しました。先日の釣行では④を使用しましたが、フックセットした時のワームのボリュームと針のゲイブ幅のバランスが少し気になった為、1/0サイズで少しゲイブ幅の広いものを・・・・ということで購入しました。ライトタックルには少しアンバランスかもしれませんが、まあ問題ないでしょう。ちなみに、④の2/0サイズを使用するのも選択儀としてあるのですが、そうするとネイルシンカーを挿入するスペースがなくなってしまいます。ノーシンカーでしたら2/0でも良さそうですが・・・。
_002 _004
※写真2枚とも:左が⑤、右が④です。ゲイブ幅の違いがわかりますよね。

⑥は昨年晩秋頃から入手困難状態でしたが、今回やっと買えました。私はJHWの時はこのジャックロールとZAPPUのものを使用します。JHWはフッキング能力が重要ですから、針の形状、バランス、そのあたりを意識して創られているものを選択するのが良いと思います。ジャックロールはフッキングのみならず、JHWのアクションで重要なフォーリング時のことをしっかり考えていますし、コンセプトがしっかり形状に反映されていると思っています。
_005 _007
※写真:左がジャックロール、右がZAPPU/インチワッキー

※他のフィッシングBLOGはこちらから→ 人気BLOG RANKING「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/08

横利根川釣行 2006/4/8

Zin1 Zin2
今日は2週間ぶりに横利根川に行ってきました。
水温は11~12℃、あと2℃は欲しいところであるが・・・、とりあえず3本を目標に釣行開始です(釣行時間帯 6:00~14:30)。

① 神社前(上写真)・・・・・・

まだ、早いかもしれませんがこのポイント外す訳にはいきません。今日はへら師も少なく思いっきり出来そうです。とりあえす、前回同様、センコーのノーシンカーとベビシャでチェックを始めました。岸際の浅いところを中心に探りましたが、ノーバイト・・・、開始後1時間、岸から少し沖に投げてスローにズル引きしてきたセンコーにバイトがありました。少しラインを送ってゆっくり合わせると、のりました♪、待望の今年ワームでの初バスです。
37cm1 37cm2
あがってきたのは、37cmのプリスポーンバスでした。お尻、目共赤くなっていて、お腹はプックリしていました。「春ですねえ~♪」
その後、同じ様に探るもバイトなし、まあ、ここで1本とれたから良しとしましょう。
ルアーは3"センコー(スモークプロブルー)のNS
3senko 3senkopac

② 大曲県道側~県道分岐前・・・・・・

本当は「短い護岸~民家前エリア」に入ろうと思ったのですが、人が多かったためこのエリアで時間をつぶすこととしました。とりあえず、旧護岸半分程と県道分岐前の鉄杭エリアを「釣れたらラッキー」程度の気分で、大雑把にDSとベビシャでチェックしました。今考えるとこの時間がもったいなかったです。もちろんバイトなしで終了。

③ 短い護岸~民家前・・・・・・・

ここは、ベビシャと1/8ozライトキャロでチェックしました。特に民家前のシャローエリアは広範囲に時間を掛けて攻めましたが、ノー感じでした。②エリアもそうだったんですがこのエリアは水が悪かったです。あと、今日はバサーが入れ替わり入ってきてなかなか集中できませんでした。まあ、集中できても今日はこのエリアは釣れないと思いますが・・・。

④ イーストワン対岸・・・・・・・

ここも③と同様の攻めをしましたが何も起こりませんでした。

④´ HOT SPAR(コンビニ)・・・・・CUP NOODLE

昼食には早いですが、お腹が空いたので、ここで腹ごしらえ&気分転換をすることにしました。昔、北浦で日清CUP NOODLEを食べて気分転換した後、魚が釣れた、ということが何度かあった事を思い出し、これを食べることにしました。
Cup1 Cup2

⑤ HOT SUPER下護岸・・・・・・・

Hopershita1 Hopershita2

食事を済ませ、そのままこのポイントに入りました。一投目のルアーを投げて5秒後、コツンというアタリ・・・・、38㎝のバスが釣れました。
38cm

やっぱりCUP NOODLE神話は本当だったんです(笑)。ルアーは
レインズ/スワンプミニ(ブラック)のDS
Swanp1_1 Swanp2_2


ここの護岸(今年出来た新しい護岸)は根掛りがきつくDSではシンカーがひっかかり釣りにならないので、「IKAの逆さ付け1/64ozネイルシンカー入れ」でいくことにしました(これは2/27のblogで紹介しました今年から導入のリグです)。
Ika1_1 Ika2_1

アクションは「ワームを底につけラインスラッグを出しながらシェイク→底から20cm位浮かせてシェイク→フォール・・・」という感じでしょうか。キタトネ方面に釣り進むと、浮かせてシェイク中に突然ロッドティップに重みが加わる感じのバイト、合わせなしでフッキングしてました。サイズは33cmですがウェイトがありよく引いてくれました。
33cm

その後、雨が降り出しおまけに雷まで鳴り始めた為、車に一時避難しました。ロッドを避雷針にする訳にはいきませんから(笑)。
しばらく車で休憩すると雷が鳴り止んだため釣りを再開しました。雨はドシャ降り状態でしたが今日のこのエリアは釣れそうな気がしたので集中して釣りを続けることが出来ました。今度は利根川方面へ釣り進むと「コツン」という明確なアタリがありました。このエリア3本目のバスは35cmのナイスコンディションのバスでした。
35cm

これで本日の4本目ゲット!帰る予定としていた13時を過ぎていましたが、欲が出て5本目が欲しくなり、続けることにしました。その後このエリアで粘りましたがアタリもなくなり再度風も強くなってきたため納竿としました。

今日、魚が釣れた水深はすべて1~1・5m程度のところで、釣れた同エリアでも50cmのシャローや2m以上のディープでは釣れませんでした。
(MGさんも同じ見解のようです)


※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気blog ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/06

横利根川釣行 2005/6/11

今日は2005年6月11日の横利根川釣行を振り返ります。

前回の釣行(1週間前)は、4"デスアダーJHメインの釣りであったため、今回は違うワームで、かつ、初めて使うワーム限定で挑むこととしました。
その中でも信頼の置けるゲーリーZOOM(ZBC)2メーカー指定としました。
(ちなみにZOOMは久々の使用です)
リグに関しては、先週とそんなに状況変化はないだろうと予想し、ここ最近、実績のある3/32ozJHメインで行くこととしました。

で結果は・・・・・。

① 民家前・・・・・・・・

やはり、今日も春調子の良かったシャローエリアではバイトがなく、ディープエリアでの釣果となりました。ルアーは
ゲーリーヤマモト/5"THIN SENKO(smoke/blue,black,gold)
3/32ozインチワッキー

(初めてインチワッキーで釣れました)
Thinsenko1 Thinsenko2

② 大曲県道側・・・・・・・

食堂下の沈船で2本、旧護岸で1本とれました。ルアーは
ゲーリーヤマモト/4"SHAD SHAPE WORM(smoke/blue,black,gold),
3/32ozJH
Shad_shape_worm1 Shad_shape_worm_2

③ 県道分岐前・・・・・・

前回釣行に続き、このポイントに入るのは2回目。ポイントの特徴がまだ掴めていないようである。でも、あの船廻りの護岸エリアはよさそうな感じ・・・・。

④ E.ONE対岸・・・・・・

相変わらず不調!?

⑤ 大曲監視小屋前護岸・・・・・・

ここは、以前8月~9月に爆釣したポイント。まだ、時期は早いようですが、気になり入ってみました。護岸から少し沖の第1ブレイク、ここは結構水深があるところです。キャスト後、少しフォールさせ表層近くをスイミングさせ2本ゲットすることができました。本日釣れた魚はすべて底付近でしたが、ここだけは表層で釣れました。ルアーは、
ZBC/TINY BRUSH HOG(pumpkin/blue) 3/32JH
Tiny_brush_hog_1 Tiny_brush_hog_2

⑥ アピタ対岸・・・・・・

今日もというか、相変わらずというか釣れませんでした(悲)

⑦ 犬のうるさいポイント~トヨペット間・・・・・・・

このエリアは実績はあるのですが、安定しませんね。

⑧短い護岸・・・・・・・

タイヤバリアのところで、ヒット!ここだけ凸凹して底質がいいようです。
ルアーは
ZBC/TINY BRUSH HOG(pumpkin/blue) 3/32JH

以上今日は7本で終了。晴れたり小雨ったり、曇ったりとめまぐるしい天候の変化に悪戦苦闘しました。おまけに水は白濁しているし・・・・。
ここ最近いろんなワームを使用してきましたが、ZBC/TINY BRUSH HOGのJHに好感触を得ました。次回の釣行はこのワームで攻めることに決定しました。・・・ということで、帰りにアングラーズサイト51に寄り、このワーム大人買いしました(笑)
Tiny_brush_hog_2_1
※ちなみに、BRUSH HOGを使用するとき、私の場合、写真下の様に前足?部分をカットして、本当の足の様にして使います。このビロビロした動きがいいんです。・・・ってこれは釣果にはあまり関係ないかもしれません。気分です。気分(笑)

次回は2005年6月18日の横利根川釣行を振り返ります。

※他のフィッシングBLOGはこちらから→ 人気Blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/04

横利根川釣行 2005/6/4

今日は2005年6月4日の横利根川釣行を振り返ってみます。

2週間前(5/21)はアフタースポーンの時期で、釣りがスローとなり、1箇所で時間が掛かりすぎ、4本という釣果に終わってしまった反省を踏まえ釣行することにしました。本日のテーマはスピーディーに沢山のポイントを廻り、獲れる魚を釣るという「ひろい釣り」でいくこととしました。

で、結果は・・・・・

① 民家前・・・・・・・

春の調子の良さは陰を潜め、このエリアは爆発しませんでした。そろそろ、このシャローエリアから散り始めたのでしょうか。
釣れたルアーは1/8ozJH :3"Power Hawg (Blue Black)
Phawg1 Phawg2

② E.ONE対岸・・・・・・・

今年はこのエリア不調なのか、まったくの「ノー感じ」で終了。
(今年の不調の始まりでした)

③ アピタ対岸・・・・・・

MGさんはこのエリアで安定した釣果を残しているようですが、私にはどうも相性が悪いようです。釣り方が悪いのか?タイミングか?

④ MGM対岸の土嚢エリア・・・・・・・

先月、mizuさんが「土嚢はネストだ!」と言っていたのを思い出し、土嚢にキャストしたら、フォーリングでラインが走りました。(この釣れ方たまらん)
ルアーは
3/32ozJH:DEPS/DEATHADDER 4"(スモーク/ブルーフレイク)

⑤ 県道分岐前(新護岸)・・・・・・・

ここは初めて入りましたが、なんとか1本ゲットできました。
ルアーは
3/32ozJH:DEPS/DEATHADDER 4"(スモーク/ブルーフレイク)

⑥ E.ONE前の護岸・・・・・・・

護岸際にボート保護用のパイプとタイヤのストラクチュアがあり、この部分の底質が良く、ここで1本ゲットすることができました。
ルアーは
3/32ozJH:DEPS/DEATHADDER 4"(ブラック/ブルーフレイク)

⑦ 犬のうるさいポイント~ABCスロープ・・・・・

利根川よりのビオトープから犬のうるさい家前あたりはまったくバイトなしでしたが、キタトネよりのABCスロープの際でフォーリングで口廻り穴だらけの「ルアー大好きバス君」が喰ってきました。ルアーは、
3/32ozJH:DEPS/DEATHADDER 4"(スモーク/ブルーフレイク)

⑧ 整備工場前~婆ちゃんがうるさいポイント・・・・・・

舟、鉄パイプなどストラクチュアの絡んだ護岸際で1本ゲット。ルアーは
3/32ozJH:DEPS/DEATHADDER 4"(ブラック/ブルーフレイク)

⑨ トヨペット前・・・・・・・

このエリアは護岸際を普通に流し2本ゲット。ルアーは
3/32ozJH:DEPS/DEATHADDER 4"(スモーク/ブルーフレイク)

⑩ AS51スロープ前護岸エリア・・・・・・

ここは実績のあるポイントですが、今年初めて入ってみました。私には釣れませんでしたが、先行者がタイヤバリアで1本釣っていました。この方と情報交換してみると、本日は「結構渋い」とのこと。

⑪ 民家前(再)・・・・・・

最後に朝一入ったポイントに再び入りましたが、何も起こりませんでした。一日に何人ものバサーが叩ききったようです。

本日は、結果8本で終了しました。すれ違った人に話を聞くと皆「渋い」と言っており、確かに釣りをしていて、釣れない時間が長くバイトも少なかった様に感じました。本日は最初に述べたように、多数のエリアをランガンし、1本づつひろっていくということで、なんとかそれなりの本数の魚をゲットすることが出来た。というところです。
釣れるエリアもシャロー、ディープ様々でバスが散り始めているようでした。バイトは春頃に比べ明確となり、アタリを出さずにルアーを咥えて反転するという釣れ方が出てきました。

下の写真は④~⑨で釣れたルアーです。
Deathadder1 De2
今日は「スモーク/ブルーフレイク」、「ブラック/ブルーフレイク」のカラーをローテーションで使用しました。
写真右は上から「ブラック/ブルーフレイク」、「スモーク/ブルーフレイク」、「ウォーターメロン/ブルーフレイク」のカラーです。私は「ウォーターメロン」は使用しませんが(なぜか嫌いなのです)、このDEPSの「ウォーターメロン/ブルーフレイク」はそそられるものがあり、使用しています。

次回は2005年6月11日の横利根川釣行を振り返ってみます。

※他のフィッシングBLOGはこちらから→ 人気Blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/03

ツピダンサス

Tupi1

週末、第一園芸で購入した観葉植物が届きました。
部屋の奥角のアイストップとして、植物を置くことを以前より検討しておりましたが、ようやく決定→購入となりました。これで少しはインテリアが締まった感じになったかな???

Tupi2 植物名はツピダンサスと言って熱帯アジア(アッサム~マレーシア)原産のものです。
耐陰性が極めて強いので、室内のどこに置いてもあまり姿が乱れない長所があり、和洋問わず様々なインテリアにマッチし、維持管理も比較的楽のようです。

とは言うものの、綺麗に枝葉が揃っていて優等生に見える植物も面白みがないので、あえて、適度に乱れた枝葉のつきかたをして、個性的な物を選んで購入したつもりです。

葉っぱはやや厚みがあり、艶のある濃緑の子葉が手を広げたように付く掌状葉植物とか言う種類のもので、大きめ葉の印象からインドヤツデとも呼ばれているようです。

Tupi3_2








・・・ということで、先週末は魚を探さずに植物を探しに行っていました(笑)。本当は釣りに行く予定だったんですが・・・・。
今週末は横利根行こうかなあ♪ でも水温低いなあ~。

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気blog ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/01

村上晴彦「一魚一会」

Murakamidvd

先日、村上晴彦のDVD「一魚一会 第二章」を購入しました。
今回は淀川小貝川の釣行が収録されています。
関東フィールドでの釣行というものが今までなかったのですが、少し前に発売されたDVDでは高滝湖が収録されていたりと、ここ最近、関東釣行がでてきて嬉しい限りです。今度は村上さんの水郷釣行の収録を期待したいところです。是非是非・・・。
今回のDVDでは淀川編でタローさん風に言う輪行フィッシングをやっていました。
Murakami1 Murakami2

まあ、釣りネタとはあまり関係ないかもしれませんが、これはこれでなかなかおもしろい映像でした。村上さんがやると微笑ましく、絵になりますね。
ポイント間を凄いスピードでランガンするMGさんタローさんのように、かっこ良くというわけにはいかないですが・・・(笑)

村上さんのDVDやビデオで出てくるコメントは非常に興味深く、参考になりますね。バスプロなどのものとは一味違って、コメントに飾りがなく(もちろん、スポンサー等の変なしがらみもない)、とてもナチュラルで説得力があります。(これが正解かどうかは別にして・・・)

村上さんがここ最近使うキーワードとして、「波動」、「水流波」、「ラインの音」、「ルアーの移動距離」、「殺気」・・・等まだまだ沢山ありますが、映像内の一言一言が面白く、微笑ましく引き込まれていきます。
今後も彼の発想には注目していきたいと思っています。

※他のフィッシングBLOGはこちら→  人気Blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »