« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/31

横利根川釣行 2005/7/9

今日は2005年7月9日の横利根川釣行を振り返ってみます。
(詳細な記憶が残っていないため結果中心となります)

2週間前の釣行くらいからバスが浮き気味になってきたようで、少し苦戦を強いられた釣行となっていました。しかしながら、前回釣行の夕方にこの浮き気味のバスを捕るリグをみつけた為、今日はその検証の為の釣行となりました。
そのリグはカットテイル+1/32ozネイルシンカーのネコリグで、これをシェイクしながらスイミングさせるという方法です。この釣りはラインスラッグをつくった状態で外見激しいシェイクを連続で行うためかなり手首が疲れる釣りとなります。そのため、この釣りは手首がもつまでの勝負となります。さて結果は・・・

① 大曲県道側・・・・・・・

前回釣行の夕方好調であったこのポイントを朝一からやりましたが、引き続き好調で5本捕る事が出来ました。やはりこの釣り方はこのエリアでは有効のようです。

② 国道分岐前・・・・・・・

③ 民家前・・・・・・・

春はこのエリア好調でしたが、6月くらいから釣果が落ち始め、ここ2回の釣行ではノーフィッシュ。このリグで久々1本GETできました。

④ イーストワン対岸・・・・・・・・

久々にこのポイントにやってきましたが、なんとか1本GETし、10時の段階で9本とかなり良いペースでした。「今日は昼前の二桁は余裕でしょう」なんて思っていました。

⑤ イーストワン前~学校前・・・・・・・

相変わらず、このエリアは相性が悪いようです。

⑥ 大田食堂下・・・・・・・・

なんとか1本捕ろうとこのポイントにやってきました。ここなら、ヤングな子バスをイージーに騙せるだろう。なんて気持ちで釣りをしましたが、そんなに甘くはなかったです。結局、前日飲み会後1時間だけ睡眠をしての出撃のためか体力の限界をむかえ、おまけにシェイクのやりすぎで手首も痛くなり昼前に終了となりました。

今日はカトテのネコリグミドストを主にやりましたが、なかなか良い感じでバスが釣れました(いくつかはフォーリングでもGET)。ロッドはファーストテーパーLアクションのSKY FLASHを使用しましたが、自分の理想とするシェイクが出来ませんでした。
やはりここは、以前から目をつけていた冴掛MD購入決定か・・・?
とりあえず、1週間考えることにしました。まあでも多分我慢出来ずに購入するんでしょうね(笑)

今日のすべてのバスを釣ったルアーはこれ↓
Gary YAMAMOTO/4"CUT TAIL WORM(BLACK/BLUE FLAKE)
1/32oz ネイルシンカー ネコリグ
1111103_img_1 1111102_img_1

※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/29

新潟県O池釣行 2006/5/27

1121205_img

5/28(日)に法事があるため、前日の土曜日から新潟の実家に帰省してきました。お昼前には実家に到着し、しばし休息。午後少し時間が出来たため「ちょっと散歩行ってくるねえ~♪」と言い残しなぜかロッドが積んである車に・・・・。

目指すは車で15分くらいのところにある新潟県上越市のO池(上写真)。隣接するK池は7~8年前は帰省の度に釣りをしてポイントをある程度把握していたのですが、数年前から釣り禁止になってしまい、昨年からはこのO池で釣行することになってしまいました。(K池とO池は繋がっています)昨年はポイントが分からないなか、GWに何とか1本のバスをGETすることが出来ましたが、まだどこが釣れるのかよくわかりません。

池に到着後、しばらく車で池の様子を見てからロッドを持ち釣りを開始しました。選んだポイントは、なんだか良い雰囲気のワンド。この湖と思わせる広さの野池の中で、唯一釣れそうなビームを発しているワンドでした。(下写真)

1121206_img

K池の釣行の経験からここの池はゲーリーのナチュラルプロブルーカラーへの反応が良いので、ここでは3”スリムセンコーのNSWから開始しました。しばらくするとバイトがあり一瞬のせることが出来ましたが、バスが首を振った瞬間ばれてしましました。魚影からすると40UPはありそうなバスでした。
その後、しばらくこのワンド内を移動しながら攻めましたがバイトがありません。1時間程して、またこのばらしたところにやってきました。リグはJHWに交換し、いつものようにラインスラッグを出しながらシェイク!シェイク!シェイク!底上50cmをトレースするイメージで攻めると、突然ロッドに重みが!アワセを入れると直ぐにバスがジャンプしました。これもデカイ!40upは確実のようです。しかしここは足場が高く、ラインも4lbで抜き上げることは無理そうです。「どうしよう?」と思いながらバスを寄せていると、隣で釣りをしていた地元の方がランディングネットを貸してくれました。なんとか魚を寄せ無事このネットでGET!なんと46㎝もありました。25~30㎝がアベレージのこの池で、こんな大きいのが釣れるとは!!!

1121204_img 1121203_img

※ランディングネットを貸してくれた長岡ナンバーのランクルの方、本当にありがとうございました。おまけに写真まで撮っていただいて・・・感謝、感謝です。

この46㎝のバスをもたらしてくれたリグは
Gary YAMAMOTO/4"CUT TAIL WOAM 1/16oz JHW
カラーはもちろんスモークプロブルー
(カトテは普段JHWでは使用しませんが、今日は野池スペシャルです)

1121208_img 1121207_img

思いがけないビッグフィッシュ(この池ではですが)に大満足♪ということで、これで釣りは終了。まあ、散歩ですから(笑)

※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/05/28

JHWのワーム

1080807_img 1080808_img

先日の釣行で、久々ジグヘッドワーキー(以下JHW)での良い釣りが出来ましたので、そのお話をします。JHWに使用するワームは様々ありますが、私の場合はこれから紹介するワームでほぼ完結しています。
上の写真はJACKALL/FLICK SHAKEです。このワームは言うまでもありません、このリグの為に作られたような製品ですから、どれを使うか迷ったらこのワームを選択するのが無難ですね。サイズは幾つかありますが、私は4.8"しか使用しません。根拠は特にありませんただ(私的)感覚的にバランスが良いからです。
・・・とは言うもののなぜかJHWでこのワームを使用したことがありません。殆どがネイルシンカーを入れたネコリグで使用しています。このワームはネコリグでもかなりいけますから。吉羽園でワーム別ネコリグ実験したら反応が圧倒的に違いました。そういえば、昨年の横利根での初バスはこのリグでした。

さて、次はGary YAMAMOTO/5"THIN SENKOです。

1070786_img 1111191_img_1
こちらは私にとってJHWでのメインワームです。現在は8割がたこのワームを使用しています。比重、長さ・太さのバランスは私にとって今のところBESTです。

次はreins/swanp juniorです。

1111188_img_1 1111189_img_1
このワームは今年から投入しました。太さ・長さのバランスも良く、材質もなかなかですので良い動きしてくれます。

最後はZBC/SWAMP CRAWLER

1101098_img_1 1111194_img

こちらは、気分転換用です。このワームもフリックシェイク同様、JHWの定番ワームですね。シンプルな形状ですが、長さ・太さのバランス、そしてZBCのSUPER SALT PLUSの材質が相まって釣れるワームとなっているんでしょうね。
JHWはワームの針もちが悪いリグですので、コストの事を考える場合はこのワームを選択するのが良いと思います。

最後にこのリグ用のJHですが、私はこの2つを主に使用します。
Gamakatsu/Jack Roll, ZAPPU/Inch Wacky

1090926_img 1090928_img
JHWは魚をかけた後のバラシの確率が他に比べ高いリグですので、その事を考慮に入れて開発・設計されたJHが良いと思います(普通のJHが悪いと言うわけではないです)。私はこのJHに変更してからバラシが減りました。Jack Rollは今のところバラシゼロです。まあ、そんなにこのリグで沢山のバスを釣ったわけではないので、「絶対だあ~!」なんて言えませんけど・・・(笑)

※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/26

続・ワーム整理♪

さて、前回の記事で「ワームの整理をしなければ・・・」で終わっていましたので、今日はそのつづきを・・・

1111148_img_1 1111149_img_1 1111150_img_1 1111151_img_2
これらプラノケースに入ったワーム達を再生するには、それぞれを袋に入れていつでも使えるように、このケース(下写真)に昇格させる必要があります(笑)

1111152_img_1 1111153_img_1


そこで、用意したのがこれ
1111164_img
100円SHOP「ダイソー」で売っている「フリーザーバック」です。幅16㎝×深さ14㎝のサイズで、「冷凍保存から電子レンジによる解凍まで」対応している袋ですから、強度もそこそこです。まあ、釣具屋さんではもっといいのが売っているんですが、ここはコストパフォーマンスの良さということで・・・。

そして、こんな感じで1種類づつ袋詰め
1111174_img

じゃ~ん!こんなに沢山になってしまいました!!!
1111175_img

こんな感じでプラノケースの整理が済んだら、他のボックスの整理に入ったわけですが、新旧様々なワームがストックされていることを再認識しました。

1111167_img 1111168_img
こちらは、Berkleyの昔のパッケージです。「味と匂いでいれ喰いのシールが貼ってありましたよ(笑)

1111166_img
こちらは
Berkley/4"Crawlerで、100本入りの袋です。昔北浦で釣りをしていた頃は、Berkleyのワームを多く使っていましたので、この様に100本入りを買っていた頃もありました。まあ、少しお徳ですので・・・。

1111170_img 1111172_img
こちらは、
KEITECHの昔のパッケージ、リトルスパイダーとチューブです。リトスパは現在のケース入りの物と、ワームの材質自体も違うように感じます。

1111173_img
そして、こちらは「いぶし銀小山さん」の
Pro's FACTORY/AIRTAIL WORM
です。こちらも今となっては貴重品ですね。

と、まだまだ色々あったんですが、今回はこれくらいにしておきます(笑)

※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/25

ワーム整理♪

1111147_img_1

先日、ワームの整理をしました。と言ってもストックワームの種類の再確認と並べ変えぐらいで終わってしまったのですが・・・(笑)
上の写真のように幾つかのケースに分けて所有しているのですが、再度みてみると、昔懐かしワーム、よくわからないワーム・・・と、まあ、いろいろありました。

1111177_img 1111152_img
まずはこのケース。これは常に車の中に入れてあるワームケースですが、クリア~マッディどんな場所に行っても対応できるように一通りのワームが収納されています。このケースは近所のホームセンターみたいな商店で購入しました。

1111153_img
こちらのケースは水郷用ワームが入っています。使用頻度の高いワームは同じもの数袋入れてあります。現在はこのケースから釣行前に使用するワームをセレクトしてノースの小型リュックに入れて釣りをしています。

1111148_img 1111149_img
1111150_img 1111151_img
こちらは、PLANOのケースに入ったワーム達です。昔はこの様に、ワーム袋から出して収納していました(※「仕切りっ子」を使用)。現在このケースは家の収納に入れっ放しです。
このケースは懐かしいものが沢山ありました。左上写真にはヤフー、ライム、アライブシャッド、T’Sワーム等が、右上写真にはクリンクルカッツセンチピードのフレンチフライ系がありました。左下写真は雑多集団!スラッゴー、フィンズフィン、ケイテックストレート、スライダーワーム、スタッド等、そしてエアテイルパドルはこのケースから出てきました。そして、右下写真にはロボリーチ、ケイテックリーチが・・・。確かケイテックリーチってもう売っていなかったですよね。

さて、このプラノケースに入ったワーム達を整理→再生しなければ・・・

※このつづきはまた次回の記事で・・・


※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/21

横利根川釣行 2006/5/21

1111178_img_1

今日は今年3回目の横タンということで、10名以上もの横利根を知り尽くしたバサーが午前中、一斉にこの川で釣りをすることになります。そこに、一般のバサーが加わる状況となることから、どのポイントに行ってもかなり叩かれた後、そしてある程度のプレッシャー下での釣りとなることが予想されます。ポイント廻りの順番、釣り方と、いつも以上に考えなければなりません。なんだかトーナメントの様で(横タンはトーナメントでも釣果を争うものではありませんが)、これはこれで、また違ったワクワク感と刺激があって堪りません。バスの状況はアフターから少し回復傾向であることが予想されますが、果たして釣果の方はどうだったんでしょうか・・・。

① 国道分岐前~大曲県道側・・・・・・・
1111179_img

今日朝一は国道分岐前鉄杭エリアからスタート。まずは前回調子の良かったパワーホグJHでボトムをトレースしました。しかし、まったくのノー感・・・「おかしい?」
一旦戻って、同じところを今度はリーダー30㎝のダウンショットで攻めると今日のファーストバス30㎝をGET!とりあえず「ホッ」とするが、あたりがおかしい・・・?

1111180_img

ルアーはreins/swanp mini(black) DS

1090913_img_1 1090912_img

その後、大曲県道側方面を食堂下までJHでボトム中心に攻めましたが、まったくバイトなしで終了。ここでかなりの時間を費やしてしまい、この大曲県道側でのノーフィッシュに今日の苦戦を予感(汗)
その後国道分岐前に戻り、同エリアを攻めていたKTさんとコンタクト。しばし、ワーム談義をして釣りを再開するもバイトなしでこのエリア終了としました。

② アピタ対岸・・・・・・・
1111182_img

ここも利根川寄りの鉄杭エリアから開始。しばらくJHで探ると31㎝のバスをGET!

1111181_img

ルアーはZBC/TINY BRUSH HOG(pumpkin/blue)3/32ozJH

1101085_img_1 1101072_img

その後残りのエリアをチェックするがバイトなしでこのポイントを終了。
この辺りからなんか今日はおかしい?と思いはじめました。

③ HOT SPAR下・・・・・・・

このポイントはあまり期待をしないで入りましたが、10時の時点で2本と完全に惨敗ペースの為、気合を入れ直し攻めることに、先ずはIKA(1/64ozネイルシンカー)でテトラをズルズルスローに攻めました。しかし、鉄杭エリアを一通りやりましたがバイトがありません。「今日も駄目か?」・・・ここでは、タローさんmizuさんとコンタクト。各々しばらくお話をしてから同リグで釣りを再開。しかし、JHWで攻めるタローさんのラインをフワフワさせてのバシバシシェイクが妙に気になってしょうがありません。そしてなんだかその姿が眩しく見えてきました(笑)
「う~ん。俺もシェイクがやりたくなってきたあ~~」
そして、我慢出来ずにリグ交換。ネコリグ?JHW?どっちにしようか迷いましたが、根ガカリの少なさと「このエリアのバスはまだJHWの動きに対しすれていないであろう」という考えでJHWに決定!
JHWはフォーリングでのバイトも多いため、少し沖目にキャストし、しばらくシェイクせずにアタリを待ち、その後シェイクしながら少し手前に寄せてシェイクしていく方法で攻めることにしました。少し手前に寄せて(沈みもののエッジ付近)からは沈みものに少し触れる程度、若干底を切るイメージでトレース。しかし、この時のロッドがMLだったため思い通りのシェイクが出来ません。しかし、そのまま探っていくと待望のバイトがあり31㎝のバスをGETすることが出来ました。その後も同様に攻めると35㎝がHIT!

1111183_img 1111184_img

ルアーはreins/swanp junior (black) 1/16oz JHW

1111188_img 1111189_img

やはりこのエリアのバスはこの動きにすれていないようです。このままこのエリアを攻めても良かったのですが、他のポイントも・・・ということで移動→

④ 短い護岸~民家前・・・・・・・

今年不調のポイントにやってきました。ここでは結局JHWはやらずJHですばやくチェックしました。しかし、ノー感?
もう時間がな~い!!! 速攻で次のポイントへ・・・
目指すは最後のポイント国道分岐前へ→→→→→

⑤ HOT SPAR下・・・・・・・

最後の40分を国道分岐前に懸ける予定で車を走らせたのですが、MGさんKTさんがそのポイントに入っているのが確認出来たため結局このポイントにやってきました。「めぐり合わせってやつですねえ(笑)」
先程、このポイントではボトムから少し浮かす程度の攻めであったため、最後は完全なる中層攻めを試す(というか懸けに出る)ことにしました。ロッドもミドストに最適の冴掛を用意し準備万端!沈み物をブレイクと考えてそのブレイクのエッジショルダーに顔を向けて浮いているバスをイメージし(実際はどうだったか分かりません)攻めることにしました。ここでもまず沖にキャストしフォーリングのバイトを少しだけ待ちます。その後は沈み物エッジちょい沖の中層をラインスラッグを多めにとってシィキングするという方法で攻めました。すると攻め始めて直ぐにバイト!今日5本目の32㎝をGET!

1111185_img

目標の5本を釣ることが出来てかなりの安堵感が・・・そのままリラックスして同様にシェイクし続けるとシェイクのリズムが狂った感覚が(実際はシェイクが不能になる感じです)!「こんな時は大抵バスがルアーを喰ってるでしょ」と思いながら弛んだラインを急いで巻いてテンションを掛けるとやはりバスがバイトしていました。長いやりとりの末、あがってきたのは43㎝のバスでした。まだ少し時間が残っていたので、引き続き攻めるとまたバイト!なんだ、この連発は!!!と思いながら本日7本目37㎝をGET!

1111186_img 1111187_img

その後10分程攻めましたがバイトがなく12時50分になった為納竿としました。
ここでのルアーは
Gary YAMAMOTO/5"THIN SENKO(smoke/blk,blue&gold) 
1/16oz JHW

1111190_img 1111191_img

本日は結果7本でしたが、5本が同ポイントのJHWでの釣果です。そして最後連発した3本は完全に中層を攻めてのもので、はっきり言ってこの結果は予想外でした。13時からの釣果報告会でタローさんの攻め方を聞いてみると、やはりJHWで中層を攻めての釣果だったようです(実はタローさんはボトム付近を攻めていると思っていました)。

「果たしてバスは全体的に浮いていたのでしょうか・・・?なんだか面白くなってきましたね♪」

※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/19

ワームの整理でも・・・

1111146_img

このblogをはじめて3ヶ月が経ちましたが、皆さんにお越しいただいたお陰でアクセス数も10,000を超えました。また、登録している人気blog Rankingも「釣り・フィッシング」カテゴリーで18位(私が確認できたもの)までいっておりました!(←ちょっと驚き)これもまた皆さんのお陰ですね。ありがとうございます。
(このランキングで1位の方のblog(渓流のFLY FISHING)は写真がいつも綺麗ですね。)

今後もこのblogで沢山のバスやルアーを紹介できるように沢山のバスを釣っていきたいと思っています。というか、釣れたらいいなあ♪と思っています(笑) まあ、そのためには、まず釣りに行かないとはじまりませんから、なんとか釣行の時間がとれるように努力していかなければ・・・ですね。

さて、明日はこのワーム達の整理でも久々にやりましょうかねえ。
「いつの間にかこんなに貯まっちゃって・・・」

※ 他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/18

パドルテールワーム

O0960072013768738497

Basser5月号では「春の霞ヶ浦集中講座」と題して特集をしていましたね。
上の画像は、その中で見開き2項にわたり紹介されていた「カスミの一時代を築いた名作たち。」です。掲載されているルアー達をみてみると、懐かしいものから現役バリバリのものまで様々ありました。





そんな中で今日はパドルテールワームにスポットをあててみます。
【※以下この記事より抜粋・・・】

パドルテールワームがもっとも消費された日本のフィールドは間違いなくカスミだ。泥水とパドルの組み合わせは、カスミ(水系)が生んだ文化だと言い切ってしまおう。「ダボハゼのイミテートである」「いや、こいつはザリでしょ」と使い手のイメージで霞ヶ浦に棲息するベイトフィッシュを演じてくれる。カラーはカリフォルニアパドルとフジオカパドルがキャスティークチョイス、ドゥードゥルビーバーは#205が定番中の定番。ホッグ系の台頭とともに人気が急落したが、「今でもお助けベイトとしてカリフォルニアパドルは必ず持っていきますよ」と川村光大郎さん。リグはテキサスリグで決まりだ!








私もバス釣りを始めたころは、パドルのテキサスは「基本でしょっ」とばかりに結構使っていたのですが、いつの間にかやらなくなり、パドルワーム自体もワームケースの3軍コーナー(※実際はそん仕切りはないのですがに追いやられていました。

しかし、昨年からご隠居ワームを釣行時に少しづつ投入するようになっていた流れのなか、この記事を読んで妙にパドルが気になるようになってきたのです。そして、今シーズンから釣行時に常に携帯するようになり、4/23の釣行には遂に初投入(JHですが)となりました。そして、その結果はと言いますと、パドルに交換して直後にバイトがあり、バスをゲットすることが出来たのです。この反応の良さ!その時は「タマタマだろ?」なんて思っていましたが、前回の釣行でも同じような事が起こりました。それも2連荘バイトです!!! まあ、これも「タマタマ釣れるタイミング」であったということも考えられますので、今後も検証が必要ですが、少なくともパドルは今でも問題なく通用するワームであることが言えると思います。ちなみに、今回使用したワームは上記3種類の中の↓カリフォルニアパドルを使用しました。

O0960072013768738581

California worms/ミディアムパドル&ラージパドル(F.S.中原オリカラ)




O0960072013768738554
ちなみに↑こちらは6"ストレート(※昔、北浦でかなりお世話になりました)








私の場合、最近の記憶では、パドルでの釣果は99年の夏、横利根川(大曲)での1本のみでしたが、ここのところの釣行での結果から、今後も使い続けて検証していきたいと思っています。元々霞水系で実績のあるワームですから・・・、それと今あまり使っている人が居ないということを加味すると、以外とこのパドルは効果があるかもしれませんね。

まあ、こんな感じで、自分の中だけですが、パドルを密かにHOTにしていこうではないかと・・・(笑)







1111154_img

※上の写真↑はその時(99年夏)使用したBerkley/パワーパドル4"(ジューンバグ)です。パッケージが懐かしいですね。それと、パッケージに貼ってあるコピーが「霞・北浦入れ喰い」ですから(笑) 確か当時のBerkleyのパッケージにはこの類のコピーが貼られていましたね。「○○湖間違えなし!」とか「○○湖爆釣」とか・・・。





■おまけ
ちなみに、カリフォルニアワームのストックはこれだけ↓
1111163_img
もう、殆どこのワームは手に入りませんから大事に使わないとですね。
F.S.中原でも、在庫処分みたいな感じで、超特価!25本入りで260円で売られていました。嬉しいやら、悲しいやら。

| | コメント (2)

2006/05/16

FLW Tour 第5戦

Gyamamoto_1 Tnamiki_1

ここのところNAMIKIさんの話題が続きましたが、ついでですので、というかタイムリーですので、また・・・。

先日、FLW Tour第5戦が行われました。で、その結果はと言いますと、NAMIKIさん(上写真右)が10位、そしてあのG.YAMAMOTOさん(上写真左)が3位でした。「おめでとうございます♪」

今回は初日を終え、NAMIKIさん2位、G.YAMAMOTOさん3位(清水盛三プロも8位でした)とお2人共好調な出だしでしたので、その後の経過を期待していたのですが、みごとに決勝進出しましたね(清水プロは残念でした)。結局、NAMIKIさんは10位になってしまいましたが、今期初のTOP10入りとなりました。よかったですねえ。

それで、今回の注目は試合後のG.YAMAMOTOさんのコメントです。(下記)

Yamamoto said he started the day trying to fish deep but caught nothing and moved back to the shallows where he filled out his limit on a prototype cut-tail worm that he called a "swimming Senko."

赤字の部分の
「スイミングセンコー」と氏が呼ぶプロトタイプのカトテ!

また、新たなカトテが出るのでしょうかねえ?
なんだか気になってしまいます・・・・。
今後、期待して待つことにしましょう♪

※ちなみに今回もNAMIKIさんはSNICKERS艇でした。
Namikisnickers_1


※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/13

横利根川釣行 2006/5/13

1111133_img
GW明けの最初の週末ということで、釣り場も人が少なくプレッシャーも幾分低いことが予想されます。バスの状況はアフターがメインで、先週のスローな状態が未だ続いているのではないでしょうか? 天気も昼前から雨で気温も低くなる予報で風も冷たいとのこと。さて、今日のこの状況、どんな結果だったんでしょうか・・・・。

① 国道分岐前・・・・・・

このポイントでは、先週感じの良かった、リーダー30㎝のダウンショットで超スローズル引きで先ずは攻めることにしました。しかしながら、一流し目はまったくバイトがありませんでした。「何かが違うようだ?」ということで、リグをチェンジし、先週買った3"パワーホグ(シナモン/ブルーフレイク)をJHで投入。底べったりでスローにノーアクションで攻めました。すると、答えは直ぐ返ってきました。小さいアタリでしたが、本日1本目33㎝をGET!
1111129_img

しかし、釣れたバスはフッキングが浅くバレテもおかしくない状態。今日も喰いが浅いのか・・・?と思いながら釣り進むとまた小さなアタリが・・・、一呼吸置いてフッキング、なんとかのりましたが、これはジャンプ一番バラシてしまいました。気を取り直して攻め続けると、またバイト!フッキングさせるとなかなかの重みが・・・!「これは45UPはあるかなあ?」そして、長いやり取りの後なんとか魚を寄せ、「さあ取り込み」と思った瞬間、顔を出した魚は「和風の風貌!!!」なんと、60UPのニゴイでした。残念!(ちなみに、その後、青ギルを1枚仕留めておきました)
その後は同リグで攻め36㎝27㎝のゲットしてこのポイントを終了。
1111130_img 1111131_img

ここでのルアーは
Berkley 3"Power Hawg (Cinnamon/Blue Flk) 3/32ozJH
1111140_img 1111142_img

② HOT SPAR下・・・・・・

GW叩かれまくったこのポイントにやってきました。しかし、今日は「なんか違う」と感じ、エリア半分を一流しして速攻終了。「朝一でバスを抜かれた後かもしれないので時間をずらして後でまた来よう」と思っていましたが、結局この日はその後もこのポイントには入りませんでした。

③ アピタ対岸・・・・・・

このポイントは①で釣果の出たJHでまず攻めることにしました。
ここでは護岸、杭と丹念にチェックしていきましたが、なかなかバイトがなく利根川寄りの護岸でようやくバイト!と言ってもしょぼいアタリ、皮一枚の危ないフッキングで本日の4本目32㎝をGET!
1111132_img
ルアーはBerkley 3"Power Hawg (Cinnamon/Blue Flk) 3/32ozJH

その後、利根川寄りのエリアをチェックの意味も含め、DSで攻めましたが、1バイト(ギルか?バスか?)あったのみであとは何も起こりませんでした。

④ 短い護岸~民家前・・・・・・

今年に入って、まだ民家前での釣果がない状況。「そろそろ今日あたりは・・・」と思って攻めましたが、結局今日も釣果が残せず終了。しかし、ここはいつになったら爆発するの?

⑤ 大曲県道側~国道分岐前鉄パイプエリア・・・・・・・・

ここもJHで食堂下からスタートしました。攻め始めてしばらくすると、小さなアタリが!ゆっくり送り込んで合わせるとなんとかフッキングしました。しかし、手に伝わる引きの感覚が浅いフッキングであることが分かります。「これはバレルかも?」と思いながら魚を寄せていると、フッとロッド軽くなり、やはりバラシてしまいました。まあ、これは仕方ない。気にせず釣り進むとまたバイト!今回はアタリが違った(自分の感覚の中では即合わせのアタリ)ため即合わせしました。今度はしっかり本日5本目32㎝をGET!
1111134_img
ルアーはBerkley 3"Power Hawg (Cinnamon/Blue Flk) 3/32ozJH

5本捕れてホッとしながら、しばらく釣り進むもバイトがありません。そうこうしているうちに自動販売機前まで来てしまいました。
「じゃあ~・・・」ということで、ここで一息♪ 
MAX COFFEEを買いました。ついでにワームも交換、カリフォルニアパドルを投入しました。MAX COFFEを飲みながら交換したてのリグをキャストすると直ぐにバイト!本日6本目39㎝をGET!
1111136_img

「久々のMAX COFFEE効果です(笑)」
1111137_img

ルアーは
California worms/ミディアムパドル(F.S.中原オリカラ)3/32ozJH
1111143_img 1111145_img

ちなみに、このカリフォルニアワームはF.S.中原で超特価「25本260円」で売っていました。こんなに釣れるワーム超お得ですね。(もちろん大人買いしましたよ♪)

その後もこのリグで釣り進み、40近いバスを惜しくもジャンプ一番バラシしてしまいました。そして、これを最後にバイトがなくなったため本日納竿としました。

本日は6GET、3バラシ、1ニゴイ、1ギルと魚の引きをそこそこ味わうことができましたが、とにかく喰いが浅い!アタリが小さい(集中していないと見逃してしまいそうなアタリです)!とGW後半の状況と変わりませんが、感覚的には少し回復してきたような気がします。しかし、今日は寒かった!!!冷たい雨が体に凍みました。ちなみにこの時期なのに防寒着投入です(笑)

※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/11

続・T.NAMIKI

Namiki

あっ!そうそう。DVDに続きこの本もなかなか面白かったですよ。まあ、読んだのはかなり前のことですが・・・。発売が’97年ですから私がバス釣りを始めた年と同じですね。内容は幼少の頃の事から東京水産大学までの学生時代の事。その後のJBに参戦しA.O.Yをとってアメリカ行きを決めた社会人時代の事。そして後半にはフルタイムプロとしてアメリカでのトーナメント参戦記やサバイバル生活の事が書かれています。

以下本文からのトピックス・・・

並木プロは大学(水産学部)時代の卒業論文(研究)が「バスの釣獲調査(バスの移動について)」だったんですが(結構有名なはなしですね)、このテーマを選んだ動機が「堂々とバス釣りができるじゃん。」ですって!なんかいいですね。実際、本当にバスを釣って、マーキングして放し、また釣っては放しの繰り返しだったそうです。

それと、これも結構有名なはなしですが、大学卒業後の就職先はあのダイワ精工で、配属先が商品企画課だったようです。その課ではリール開発の担当で(実際は会議資料作りの毎日)、そこに同期で小野プロ(現ジャッカル)が居て、地方の他部署には先輩で加藤プロ(現ジャッカル)が居て既にJBトーナメントに参戦して社内では有名だったとか・・・。
※ちなみにこの3人、今はみんなルアーメーカー(OSP、ジャッカル)を立ち上げてがんばっていますね。

こんな感じで色んな「へぇ~!」と思わせることが書いてありますので、興味のある方は読んでみてください。

「あ!そうそう。」がもうひとつありました。並木プロはバス業界で唯一、情熱大陸に出てますね。あれは1999年の5月30日の放送でした。もちろんその時の放映はみたんですが、VIDEO録画をしていなかったのが今となっては後悔です。だれか録画してないですかねえ~。

※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blogランキング「釣り・フィッシング」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/09

T.NAMIKI

Broad2win Broad2

写真左:BASSIN'ROAD2 Part1 THE WINNING
写真右:BASSIN'ROAD2 Part2 THE DEADHEAT


先月、並木敏成プロ2005年FLW Tourの軌跡が収録されたDVDを購入しました。と言うか購入してしまいました。以前より気にはなっていたのですが、BASS関連のDVDやビデオの購入は極力抑えようと考えていたため我慢をしていたのです(バスフィッシングを始めた頃は結構買っていたのですが)。
で、結局我慢出来ずに購入したのですが、これがエキサイティングでとても良いんです。逆にもっと早く買えばよかったと後悔するほどの内容でした。

PART1では並木プロの初優勝シーンも収録されていますが、決勝では富士写真フィルムのボートに乗っていましたね。(FLW Tourの決勝ラウンドでは主催者が用意したスポンサーの広告が入ったボートに乗り、ウェアを着ることになっています)
Namikiflw

これって、同社にとっては凄い広告効果で、並木プロの貢献度はかなりのもの・・・?、「富士写真フィルムさんいっそうのこと並木プロをCMで使ってみてはどう?」と言ってみたくもなりますが、日本でのバスフィッシングはまだまだマイナースポーツですからあり得ないですね(笑)
まあ、実際このFLWのスポンサーとなっているのはFUJIFILM USAですから管轄が違います。でもアメリカではスポンサードする効果があるほど、BASS FISHINGがメジャーで認知されていると言うことがいえますね。このDVDをみれば、それが凄くよく分かります。
日本はバスフィッシングに対して風当たりの強い部分がかなりありますが、このように大企業がスポンサーとなるくらいバスフィッシングがスポーツフィッシングとして認められることってないのでしょうかね・・・・。

あっ、そうそうTourの最終戦決勝はSNICKERS艇でしたね。今度から釣行時のおやつはSNICKERSにしましょうかねえ。少しは売り上げに貢献できますね(笑)
疲れた体には、あの甘さたまらんでしょう。

Pic_3_03_l
※FLWについてはSPORTS FISHING JAPANで特集されていますので是非ご覧下さい →FLW Tourを10倍楽しむ方法

※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog RANKING「釣り・フィッシング」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/07

AS51でお買物♪

1111115_img

先日(5/5)の横利根川釣行の帰りにAS51に寄ってきました。ここのところ釣りに行く機会が多かったので、フック・シンカーの消耗品類とワームの補充に・・・。
いやぁ~、やっぱりここは楽しいですね、品揃えが豊富で♪(まあ、お目当ての物が品切れだったり、値段のことはしょうがないとして) ワーマーの私は一通りワームコーナーを見て回りかなりの時間を費やしてしまいました。結局、購入するワームはいつもとそんなに変わらないのですが(笑) さて購入物ですが、

1111119_img
Gary YAMAMOTO/4"CUT TAIL WORM (BLACK/BLUE FLAKE)

このワームは私の主戦力です。GW釣行でもかなりの出番がありました。昨年の夏はこのカラーが品切れで入手できなくなったことがありましたので、今のうちに補充です。主にネコリグで使用。

1111120_img
Gary YAMAMOTO/4"CUT TAIL WORM (SMOKE/BLK,BLUE&GOLD)

これは上記カラーの代替カラー、今回は気分転換用に購入してみました。

1111123_img
Gary YAMAMOTO/3"&4"SHAD SHAPE WORM
(NEW CINNAMON/SMALL BLUE FLAKE)

以前から気になっていたシャッドシェイプワームのこのカラー#215、少し赤みがかったシナモンにブルーフレイクが入っています。このワームはJHやスモラバのトレーラーに使用します。

1111126_img
reins/SWANP JUNIOR (BLACK)

この日の釣行で活躍した「スワンプミニ」の少し大きいバージョンが新たに発売されていまたので、思わず購入してしまいました。この大きさであれば、かろうじてネイルシンカーが入りそうです。と言うことでネコリグ、JHワッキー、DS用に決定。ちなみにこのワームは「エビフレーバー入り」で、材質が非常に良いです。このワームは釣れますね♪

1111128_img
Berkley/3"Power Hawg (Cinnamon/Blue Flk)

こちらは、先日の大藪プロのコラムに触発されて思わず購入。このワームはJHメインで使用しますが、今年からはネコリグもやります。

まあ、こんな感じでまた、ブルーフレイクが入った物ばかり購入してしまいました。

■おまけ (お土産)

1111118_img
OSP ステッカー L/ネイビー

妻が以前より欲しいと言っていたステッカー残り1枚1GET!
スーツケースに貼るそうです。

※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog RANKING「釣り・フィッシング」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/05

横利根川釣行 2006/5/5

GW釣行今日で3日目、前回は他の川へ浮気などしてみたが、やっぱり横利根最高!と実感し今日はいつものように横利根川オンリーでいくことにしました。今日は天気予報も晴れ、気温もかなり高くなるということで、期待も膨らみます。ただ、気がかりは南西の風が強いことと、GW前半にかなりのバサーがこの川を攻めたフィッシングプレッシャーです。
さて結果は如何に・・・。

① 県道分岐前・・・・・

ここ最近の釣行の感じから、このポイントの鉄パイプエリアの護岸が良いのではないかと考え、朝一はここからの釣行開始です。JH、ネコリグで護岸際をボトム中心(とりあえず鉄パイプは後回し)にこのエリアを時間を掛けてチェックしましたが、バイトなし・・・あれおかしい? ここで1本くらいは出てもいいんだが・・・、この時点で「今日はもしかして渋いのか?」と少しマイナス思考になりはじめましたが、気を取り直して堀井釣り舟店側の護岸をチェックすることにしました。しかし、ここでもバイトなくこのポイントはノーフィッシュで終了。

② 民家前~短い護岸・・・・・・

まずは短い護岸からJH、ネコリグでチェックを開始。しかし、ここもノーバイト。次は民家前に移動し同様にチェック、特にシャローエリアを時間をかけてチェックしましたがノー感で終了。

③ アピタ対岸・・・・・・

ここは、最近好調の鉄パイプエリアの護岸からチェックすることにしました。今日は利根川側からの風が強く、カレントも同様、同方向に強いため、利根川側→常陸利根川の方向に釣り進むことにしました(他のポイントでも同様)。これは、流れに対しフォローでルアーを動かすことにより、よりナチュラルにルアーが動くことを考慮してのことです。ということで、本日は利根川側の護岸端からスタート。ここも護岸際を時間をかけてJH、ネコリグでチェックしましたがバイトがありません。加えて最近好調のピンスポ、前回「ほっとけ」で釣れた鉄パイプも反応なしの状態で、この頃から「今日のノーフィッシュ」が頭を過ぎり始めました。
ここで、同日釣行のMGさんに電話して今日の状況を聞いてみる事に・・・、「状況は渋いながらも5本ゲット! しかし、ロッドが負傷!!!で今日はこれで終了する・・・」とのこと。(そんな状況ながら今日の釣果状況を話してくれたMGさん、ありがとうございます♪)
その後残りの消防水利右側の護岸をチェックしましたが、バイトなくこのポイントを終了としました。

④ HOT SPAR下・・・・・・

ホットなポイントにやってきましたが、ここ2回の釣行では「居留守を使われ」私にはクールな扱いをしたこのポイントです。ノーフィッシュの恐怖に脅える私に対し今日はどんな扱いをしてくれるのでしょうか?
4月下旬からGW期間中にかけて、このポイントは常に人山盛り状態でしたので、かなりのハイプレッシャーであることは間違えありません。さてこの状況、どう攻略しましょうか・・・?
「ここのバスは、ここ最近沢山のルアーを見てきている為、動きのあるワームには殆ど口を使わないであろう」と考え、IKAをセレクトし、ボトムのテトラを確実に、なめるようにトレースできるよう、ネイルシンカーをいつもの1/64ozから1/32ozに上げました。そして、いつもは若干のシェイクなどアクションを加えるのですが、今日はノーアクションで流れにのせてワームがナチュラルに動くようにしました。すると釣り始めて直ぐに待望のバイトが・・・、ファイトの途中、テトラに潜られながらもなんとか今日の1本目39cmのバスをゲット!(テトラに潜られた時、ラインをゆるゆるにして、しばらく放っておいたらテトラから出てきました)
1111105_img

ルアーはGary YAMAMOTO 4"IKA+1/32ozネイルシンカー
1111108_img 1111109_img


今日の1本を釣ってホッとしたあとは、ミドストやクランクなどを試して時間を費やしましたがその後、バイトなく終了。
ここのところクールな扱いをしていたこのポイントですが、今日はノーフィッシュの恐怖から私を救ってくれました(笑)

⑤ 県道分岐前(再)・・・・・・

今日、朝一入ったポイントですが、再度のトライです。
本日のまったく釣れない状況から、バスはスローでなかなか口を使わないと判断、朝からのJH、ネコリグの動きのあるものはいまいちと考え、ここではダウンショットを投入。ワームもボリュームのあるものは避け、細く短いものにチェンジしました。アクションはノーアクションのデッドスローのズル引き(流れにまかせて自然に)に時々ポーズを入れるという忍耐力のいる釣りをすることにしました(とは言うものの、昔はこの釣りをよくやっていたんです)。

まずは、堀井釣り舟店側からスタート。すると、途中ギルのアタリ、バスと思われる小さいアタリが出始めてきました。そして、本命の鉄パイプエリアに差し掛かるとバイト、一瞬のせるもスポッと魚が抜けてしまいました。魚は確認しませんでしたが、明らかにギルではない引きであったため、これはバスがワームを完全に喰いきってないと思いワームを見てみるとチョン掛けの針下1cmのところにバスの歯型がついていました。ここで、リグをマイナーチェンジ、ワームをチョン掛けからワッキー掛けに変更しました(効果はあるかどうか?ですが、これも気分です)。
釣りを再開して間もなく、小さいあたりが微かに手に伝わってきました。ゆっくり送り込んでフッキングすると今度はのりました!30cmのバスです。しかし、フッキングが浅い!危ない危ない。
1111106_img

引き続き釣り進むとまたバイト!今度はジャンプ一番ばらしてしまいました。今日はショートバイトだから仕方ないとプラス思考で釣りを再開。「しかし、今日はアタリが小さいなあ」と思いながら釣りを続けると、また直ぐにバイト!今度はラインスラッグをつくり少し待ってからフッキング。今日3本目34cmのバスをなんとかゲット!
1111107_img

朝一苦戦したこの鉄パイプエリアですが、一流しで4バイトとは予想外!その後は同エリアや近辺エリアを探るも、バイトなしのため終了としました。
ここでのヒットルアーは
reins/SWANP MINI(black)のDS(リーダー30cm)
1090913_img 1111110_img

今日はかなりの苦戦を強いられ、途中ノーフィッシュも覚悟しましたが、なんとかバスをゲットすることが出来ました。アフターと人的プレッシャーの影響でしょうか? 一時的に喰いが悪くなったことも考えられます。最後のDSのスローな釣りが正解かどうかは分かりませんが、今日はこの釣りに救われた気がしました。
今日はバサーも少なかったため、この感じでいけば明日以降少しづつ復活することが考えられます(←希望的観測ですが)。

今日は釣りを終えて、AS51に寄り、フック・シンカーの消耗品やワームを大量補充しました。久々のAS51はやはり楽しい♪ しかし、ここでうだうだしすぎて帰りの首都高で渋滞にはまってしまいました(涙)。

※他のフィッシングblogはこちら→ 人気blog RANKING「釣り・フィッシング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

水郷釣行 2006/5/3

GW釣行2日目、今日はいつもの横利根川を少しやってから、別の川に行く計画としています。前川、常陸利根川の牛堀、気力があれば鰐川まで足を運ぶ予定です。
(結局、鰐川には行きませんでした)
さて別の川では釣れたのでしょうか・・・・。

■横利根川
1101090_img

① HOT SPAR 下・・・・・・・0 (←クールな結果です)

5時頃HOT SPARに到着、今日は風が強く気温が低い為、防寒着を装着して釣りを始めました(GW明けまでは、防寒着を車に積んでおきます)。ポイントに到着すると、flamerさんが既に釣りを始めていました。しばらく話をしていると、次々とバサーがこのポイントに入ってきました。流石、スーパーホットなポイント!です。
しかし、前回釣行で私はノーフィッシュ、今日は釣らせてくれるのでしょうか?・・・、で結局、今日もノーフィッシュ。「今日も居留守のようです」
とうとう、私にはスーパークールなポイントになってしましました。

② 県道分岐前・・・・・

前回釣行で感触の良かった、新護岸の鉄パイプエリアからチェックすることにしました。行き(大曲方面へ)の一流し目でまったくバイトがなかったため、帰りは護岸ギリギリを攻めることとしました。
すると、ようやくバイトがあり本日の1本目34cmのバスが釣れました。毎回そうですが、その日のファーストバスはホッとさせてくれます。
1101087_img

ルアーは
ZBC/SWAMP CRAWLER(JAPANESE BLUEGILL)
+1/32ozネイルシンーのネコリグ
1101098_img 1101099_img

釣りを再開して直ぐ、flamerさんから電話が・・・、今アピタ対岸をチェックしたがノー感。会話をしたおじさんに「水温が下がり、おまけに昨日、田植えで田んぼの水を流して水が濁ったからバスもへらも今日は厳しいんでないか」と言われてしまったようです。そして、flamerさんはその後の予定を考慮し、これから黒部川に移動するとのこと。私も、別の川への浮気心が少し出始めてきましたが、横利根では最低3本、出来れば5本捕ってから移動する予定にしているため、気合を入れて直して、ここでの釣りをつづけました。しかしながら、このエリアでのバイトがなく、早々に次のポイントへ移動することにしました。
ちなみに、このポイントも私の他、堀井釣り舟店側に3人のバサーがいました。このポイントも人が多いですね。

③ アピタ対岸・・・・・

このポイントも鉄パイプエリアからチェックすることにしました。エリアを目指し歩いていると、今度はkenさんと遭遇!(前回釣行では二アミスでしたが) 状況を聞いてみると朝一、短い護岸で2本ゲットしたとのこと。「ちなみに、ルアーはイエローカードです・・・(苦笑)。」と今はフリックシェイクをリグってあるkenさん(笑)
※注)ちなみに、イエローカードと言うワームはありません、KEITECHのあるワームのことです
釣りを再開、まずは前回釣れたピンスポから・・・、しかし、今日はギルのようなアタリのみでした。
そして、その近くにある鉄パイプ、今日は妙にオーラが出ています(笑)
「よし、やってみるかあ」そう、アフターのバス狙い「杭でのほっとけメソット」です。
(※このメソットのお話は2006/2/19の記事で詳しく書いています)
まずは、パイプの近くにキャスト、そして5秒程待ってみましたが、バイトがありません。次にパイプに絡みつくようにタイトにキャスト、ラインを弛ませてしばらく待ちました。15秒くらいしたでしょうか、ラインに妙な動きが、少しきいてみると重みが・・・スイープに合わせるとのりました、あがってきたは44㎝のバスでした。狙い通りの釣果に、大満足です。
ちなみに、この釣りはバスを掛けたあと、直ぐに(強引にでも)杭(パイプ)から魚を離さないと杭に巻かれてしまうのでご注意を。
1101088_img

ルアーはGary YAMAMOTO/4"KUT TAIL WORM(BLACK/BLUE FLAKE)
+1/32ozネイルシンカーのネコリグ
1111103_img 1111102_img

その後、期待の鉄パイプエリアではバイトがなかったため、消防水利右側の護岸に移動、期待薄ではありましたが、なんとか31cmのバスをゲット!
1101089_img

ルアーはTSUNEKICHI inc./ハンハントレーラーcoy-coy max(コサンエビ)
+1/32ozネイルシンカーのネコリグ
1111104_img 1111101_img

④ 民家前~短い護岸・・・・・

横利根での本日最低限のノルマ3本をゲットしましたが、次回以降のためにこのエリアはどうしてもチェックしておきたいところです。そして、できればもう少し釣っておきたいという気持ちでこのポイントにはいりました。
まずは、気になる民家前シャローエリアからチェック、しかし何も起こらず終了。今年の爆発はいつになるのでしょうか。
次は短い護岸をチェック、ラインスラッグをとりシェイクしていると、シェイク時の手に伝わるテンションがおかしい・・・、こんな時は大体バスがワームを銜えて浮きあがっています。
ラインにテンションをかけようとリールを巻くと、すでにバスがワームを銜えて走り初めています。結局フッキングをさせないまま、ジャンプ一番バレてしまいました。少し集中力を欠いていたようです。テンションの違いに気付くのがワンテンポ遅かったようです。
結局、ここではノーフィッシュ、そして本日の横利根はこれで終了。

■ 前川 (前川橋周辺)・・・・・
1101091_img 1101093_img

’99年~’00年頃の夏場よく来たこの川、久々にやってきました。
しかし、ここは水が濁っている!というか汚い! ここも田植えの影響でしょうか? 横利根のキタトネ寄り側の水が綺麗に見える程です。
とりあえず、前川橋からキタトネ方面へ護岸際を攻めていきますが、バイトがありません。それどころか、ストラクチュアなどもなく、ボトムの変化も乏しい、根ガカリも殆どなし、本当に釣れるのか?と心配になります。しばらく釣り進むと、護岸際水中にタイヤが沈んでいるのが見えたました。これだけ、ストラクチュアが乏しいなかでのタイヤですから、これは価値があります。きっとバスがついているはずです・・・・?
まずは、タイヤの外側にキャスト・・・バイトなし。次にタイヤの内側にタイトにフリーフォール・・・「居ました。やっぱり居ました」 ここで37cmのバスをゲット!
1101094_img

ルアーはGary YAMAMOTO/4"KUT TAIL WORM(BLACK/BLUE FLAKE)
+1/32ozネイルシンカーのネコリグ

2000年の8月以来、久々の前川バス 「清くん」を釣りました。(←くだらんっ!) しかし、ここのバスはよく引きますね。
その後、このバスの引きをもう一度味わおうとしばらく撃ち続けますが、バイトもなく、この1本でこの川は終了。
1101095_img
※写真は十二橋めぐりの観光舟です。さすがGWです。この舟が頻繁に行き来してました。ここでは、バサーではなくこの観光舟の往来の多さに驚きました。

■ 常陸利根川 (牛堀テトラ地帯)・・・・・
1101096_img


ここも、’99年~’00年頃の春、北浦釣行の帰りに寄ったポイントです。当時は1時間程やって、常にバスの顔が見れる場所でしたが、今日はどうでしょうか。
GWということで、ここも人が山盛りです!!!
ここでは、ベイトタックルに持ち替え、5”カトテのネコリグで攻めることにしました。岸よりのテトラの隙間や少し沖をさぐりましたが、ギルのバイトばかり・・・
だんだん、集中力が切れてきて、対岸の水門の向こうに見える横利根が恋しくなってきました(笑)  (※下の写真:水門の向こうが横利根川)
1101097_img

その後、このポイントでの1本を目指してうちつづけましたが、バイトなく、本日の釣りを終了としました。

今日は、久々に横利根以外の川に行きましたが、改めて横利根川の良さを実感しました。とても良い経験でした。
GW釣行はあと1日出撃予定です。

※他のフィッシングblogはこちらから→ 人気blog Ranking「釣り・フィッシング」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/01

BLUE FLAKE

今日はワームカラーについてちょっとふれてみます。
私の釣行記の中で紹介しているワームはブルーフレイクのものが多く出てきています。なぜなら、マッディ水系というか霞水系でよく釣れるからです。もちろん、これは私の経験上からくる感覚的な部分がかなりありますので、本当かどうかは分かりません。

ちなみに、私の一番好きなカラーはシルエットがはっきり出るブラックに、このブルーフレイクが入った「BLACK/BLUE FLAKE」です。その代替カラーとしてゲーリーの「SMOKE/BLK,BLUE&GOLD」「BLUEGILL」を使用します。
その次(2番手)のカラーとしては、茶系ブルーフレイクの入った「PUMPKIN/BLUE FLAKE」「CINNAMON/BLUE FLAKE」となります。あっ!「スヤマカラー」もこの中に入りますね。

・・・と、ブルーフレイク狂の私ですが、よだれが出そうな記事をみつけました。それはIMAKATSUのHPの中で紹介されている「大藪プロの4/28のレポート」です。題名は「一軍の理由」でブルーフレイクの事を中心に書かれています。
その記事はこちら→  「大藪プロの4/28のレポート」

大藪プロの記事は経験上の部分の他、自分なりの考察が書かれており、非常に興味深い内容となっています。皆さんも是非読んでみてください。

1101081_img
上の写真が記事でふれられていた「CINNAMON/BLUE FLAKE」

1101080_img
これが私の一番好きな「BLACK/BLUE FLAKE」

1101082_img 1101083_img
左が「SMOKE/BLK,BLUE&GOLD」 右が「BLUEGILL」
※ZBCは「JAPANESE BLUEGILL」というカラー名称です。

1101085_img 1101084_img
左が「PUMPKIN/BLUE」 右が「GREEN PUMPKIN/BLUE」

ワームカラーについては別の機会にまたじっくりふれてみたいと思います。


※他のフィッシングBLOGはこちら→
 人気BLOG RANKING「釣り・フィッシング」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »