« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006/10/28

横利根川釣行 2006/10/28

Img_1886

今日は2ヶ月ぶりの釣行で横利根川に行ってきました。横利根での釣りは夏休み以来ということで、超久々!もう浦島太郎状態です(←そんなわけないねっ。)

そして、季節は晩秋の10月下旬、バスは散っていることが予想され、ブレイクなのか?シャローなのか?はたまたストラクチャーなのか?そしてサスペンドしているのか?・・・等「?マーク」ばかりで、春~夏のようにはエリアや釣り方の絞り込みが非常に難しい状況です。おまけに、水温はここ1週間で2℃程下がり17.5℃くらいと苦戦が予想されます。

・・・とこんな状況ですから、今回は広範囲を探り、釣り方もその場で、その時の感覚で見つけ出す方針にしようと、タックルの準備・・・、今回はワームでは簡単に口を使わないことが予想されるため、いつもと違い、クランク、スピナベを入念にセットすることにしました。ワーマーな私ですから普段は車の中に(テキトーに)入れっぱなしで、リュックの中には入れていないのですが、今回は最初からしっかりセッティングです(笑)

さあ、久々の横利根、そしてこの状況、結果は如何に・・・
※今日の釣行は妻と帰りの車の運転を賭けた勝負も含まれています。本数関係なしでデカイの釣った方が勝ちの「レングス勝負」です

① 国道分岐前~大曲県道側・・・・・・・

このポイント、地形的にみてもこの時期どうだろうと、?ではありますが、何処から撃ったら良いかわからないため、とりあえすここからスタートです。
まずはJH、JHW、クランクとローテーションしながら、中層、ボトムそしてブレイク側、護岸際をそれぞれ探っていくことにしました。

・・・が、まったくアタリがありません。ということで、次はシルクワームのDSでスローにズル引き、しばらくこれで攻めると小さいアタリが出始めました。しかし、ギルなのかバスなのかよく分かりませんがとても乗せれるようなアタリではありません。
大曲県道側に入り、この釣りも耐えれなくなったところで、JHWにチェンジ。すると、キャスト後の「フォール→ステイ→アクション開始時」にバイトが・・・

久々のバス、プリプリの37cmをGET!
Img_1881

ルアーはreins/swamp(スカッパノンブルー) 1/16ozJHW
1141408_img_3 1141413_img_3

その後、残りのエリアを同様にJHW、クランクで攻めましたがバイトなく終了。
※途中、春の釣行以来久々にKOUTAさんと遭遇!KOUTAさんもこのエリアでバスをキャッチされていました(DSでしょうか?)

② HOT SPAR下・・・・・・・

沈み物エリアはどうかな? とこのポイントにやってきましたが、今日はCOOLな雰囲気でした。しかし、このポイントバサーが居ない!一時期の熱さは何処へ・・・?

③ 神社対岸~大橋下・・・・・・・

久々にこのポイントにやってきました。しかし、ここはヘラ師がいっぱい! 仕方なく空いてるスペースのみを撃つことにしました。
最初はサムライホグJH、スワンプJHWでチェック・・・、
しかし、まったくのノー感。ここで、「今日はワームは駄目だ」と見切りをつけ、スピナベのスローロールにチェンジ。

護岸から斜めにブレイクのある沖目にキャスト。そしてダブルウィローのブレードの回転振動を手元で感じながらゆ~っくりリーリングすると・・・

ガツンッ! リグチェンジ後あっさり釣れちゃいました!!!

本日の2本目もグッドコンディションの37㎝
Img_1882

引き続きスローロール・・・・
すると、またまた「ガツンッ!」、「え!連荘!!!」
今度はさらに引きが強い。久々にベイトリールのドラグが効いてラインが出ていく感覚を味わっていると・・・魚体が現れた!「デカッ!」
なんとかハンドランディングすると、本日の3本目46㎝でした!!!
Img_1884

2・3本目をGETしたルアーは
EVER GREEN/TR DELTA FORCE 3/8oz (ホワイト/ブラック)
Img_1883
(↑W.B.S.カスタンで貰ったものです)

ここで、「これで、今日のレングス勝負は貰ったあ」と確信(笑)

④ 民家前・・・・・・・

シャローからディープがあるこのポイントちょっと期待してやってきましたが、このポイントだけ異常に水が悪い。・・・ということで、かるーくチェックして終了。やっぱノー感でした。

⑤ アピタ対岸~水管橋下・・・・・・

地形、水質とこの時期には期待できそうと思い、普段あまりやらないこのポイントを撃つこととしました。ここでは、ワームとスピナベをローテーションしながら攻めました。ここは今日一番雰囲気が良かったのですが、結局、BT廻りのストラクチャー居付きの真っ黒バスを1本GETするのみで終了となりました。

本日の4本目34㎝、真っ黒バスです。
Img_1889

ルアーはreins/swamp(スカッパノンブルー) 1/16ozJHW
1141408_img_4 1141413_img_4

以上、本日は4本で終了。
予想通り、苦戦しましたが、スピナベのスローロールに助けられた感じでした。多分あの魚は(自分には)ワームでは獲れなかった魚だと思います。


「ワームばかりでなく、たまにはハードルアーでも釣りますので(笑)」

とりあえず、久々の釣行、46cmも混じり全てグッドコンディション!4本で4kgコースといった感じでまあ満足の釣行となりました。

あっ!そうそう、妻の釣果を忘れていました。
「・・・・」です。
ということで、私「帰りの車の運転お任せ権利」GET!

「あとは、白バイGETしないようにするだけだなあ~(笑)」

釣り・フィッシングRanking   ←さて今日は何位? こちらもクリック引き続き宜しくお願いいたします。

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2006/10/26

SHINSEI BANK

Img_1776

先日、POPEYE METROに行ったあと表参道ヒルズに寄ってきました。今頃ですが、訪れたのは初めてなんです。
この建物が出来る前は同潤会アパートがこの地に表参道の顔として建っていたのですが、私はこの風景が好きで、「そこを取り壊して建設されたヒルズなんか行くものか(怒)」と思っていた訳ですが、結局行ってしまいました。

あの有名な店舗群を繋ぐスロープですが、あれはなかなか良い勾配でした。この勾配はヒルズの前面道路と同じ勾配を採用しているようですが、登りも降りも足に負担が掛かることなく、お店を横目にみながら回遊するには非常に良かったと思います。そして、吹抜空間中心にある安藤忠雄名物の大階段ですが、あの寸法バランス(多分、300強×150程度?)は登り降りがしずらい(まあ、私的にはですが)。でも、空間の中での見栄えは良いのですがね。

建物のことはこれくらいにしておいて、さて本題です・・・

ヒルズの中にもテナントとして入っていた、新生銀行ですが、ATM コーナーのインテリアに力を入れているようです。ATMの機械のみでなく、サロン風の相談コーナーを併設したり、CAFEを併設したりと工夫を凝らし、インテリアデザインもそこそこです。色々なところで見かけますが、最近出来たものはどこに行っても良く出来ています。多分会社の方針・戦略なんでしょうね。

Img_1773

↑画像はヒルズの新生銀行ショップフロントです。こちらは、DELONGHI CAFEとショールームが併設されていました。
(あのオイルヒーターで有名なデロンギです)

■おまけ

Img_1774_1  ・・・ですが、この新生銀行の隣にあった喫煙室。
なんと、Marlboro一色の空間となっていました。壁紙(多分デジタルプリント壁紙)、灰皿、たばこ自販機とすべてMarlboro!!!

左写真の自販機、これはMarlboro銘柄専用です。そして壁紙はスポンサードしているF1 フェラーリチームを用いたデザインでまとめられていました。(↓下画像)

この喫煙室もやっぱりJTが賃料をはらっているのでしょうか?

最近は、喫煙者のみならずJTも肩身が狭いですな(笑)

Img_1775

今日も、釣りネタでなくすいません。
そろそろ釣りに行きますから・・・(笑)

人気blog Ranking「釣り・フィッシング」 ← こちらは、釣りネタ豊富です(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/23

POPEYE METROで・・・♪

Img_1772

昨日は買い物に出かけたので(釣具じゃないですよ)、ついでにPOPEYE METROに寄ってきました。ホント久々(半年以上ぶり)のPOPEYE METRO・・・「ついで」のつもりがツイツイ長居してしまって、おまけに買い物までしてしまいました(笑)

・・・で、今日の買い物はこれ↓
Img_1791

reins/SWAMP MUGNUM(GRN PUMPKIN)

こちはいつも使用している、レインズ オリジナルスワンプのサイズ&ボリュームアップバージョンです。ベイトタックルでのネコリグやJHW用ワームで使用しようと思います。ちなみにサイズは6.5"です!!!

Gary YAMAMOTO/TINY IKA(#240:smoke pearl blue)

以外と売っていないこのTINY IKA やっと購入できました。こちらは、ネコリグ&DS用。特にネコリグの動きには期待しています。本当は夏場、ネコリグのミドストをやりたかったんですが・・・。
しかし、IKAは高い!!!

LAKE POLICE/FLICK SHAKE4.8”(ライトプロブルー)

こちらは、妻が欲しいといったので、購入。このカラーは↑ゲーリーの#240とほぼ同じ色ですね。

ZBC/ULTRAVIBE SPEED CRAW(cinnamon purple)

このワームは最近注目しているワームのうちのひとつです。JHやテキサスでの使用を考えています。まあ、このワーム 霞水系では外しはないでしょうね。

ZAPPU/Inch Wacky 1/16oz

カスタン4thで根がかりが多く、かなり消耗してしまったため補充しました。
今年は、このJHとジャックロールを両方試してきましたが、フッキングの観点から(アクションは除く)私的には、こちらの方が良さそうという結論に達しました。

ZAPPU/Inch Wacky KING COBRA 1/16oz

こちらは、ベイトタックルでのJHW用です。↑上のスワンプマグナムはこのJHで使用します。

以上

・・・ではなく、
今回はいつものワーム類ばかりでなくハードルアーも購入しました(笑)

TEAM DAIWA/RPM CRANK(ブラウンクロー)

久々に、心引かれたクランクが登場しましたので購入してみました。「バルサクランクに匹敵する運動能力」というキャッチコピーに注目したこともありますが、やはりこのボディー形状!アメリカンな感じでありながら「実に美しい・・・♪」
Img_1792

そして、この↓マニアックなリップの形状!
Img_1793

「トラペソイド(台形)リップ」というそうですが、私が注目したのは、この平面形状とリップ材の厚さのバランスです。これは開発者に何か狙いがあってこうなったのでしょうが、とにかく水噛みが良さそう!
これは、リトリーブ時の手に伝わるバイブレーションが楽しみです。もともと巻物をあまりやらない(昔は違いましたが)私にとって、手に伝わる感覚が良くないと耐えられなくなり、直ぐにやめてしまいますから(笑) クランクをやりつづけるには大事な要素です。

あっ、そうそう。このクランク DAIWAだから買ったんじゃないですよ(笑)
・・・と言いながら、プラグ系はDAIWALucky Craftが多いのですが(汗)

あとは、釣るだけですな。今週末は久々釣り行けるかな?

久々の釣果を願ってクリック、クリック♪
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   
釣り・フィッシングRanking

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/10/21

7up JORDAN

7up_jordan

今日はちょっとF1のお話を・・・。
冒頭画像は JORDAN TEAMの1991年の車です。

この車、JORDAN TEAMがF1にデビューした年のものですが、新参チームの車にしては完成度が高くビックリ!したのを覚えています。初めてこのシャシーを見たときに「美しいデザインだ!」、そして「速そう」と感じさせる車でした。この時のカーデザイナーはGary Andersonでした。
(今はどのチームのデザイナーなのでしょうか?)

そしてこのデビューの年、1年目のチームとしては信じられない活躍をしました。予選でもTOP10にかなり入っていたと思います。
そしてこの車は、今年で引退するミハエル・シューマッハがF1初参戦で乗った車です。忘れもしない、あれは1991年のスパ・フランコルシャンでした。デビュー戦でいきなりの予選7位とF1界をあっと驚かせる出来事でしたね。

まあ、この車はそれに応えるだけのポテンシャルがあったということだと思います。

F1を20年近くみてきましたが、この車は私にとって、一番に近いくらい好きなデザインです。カラーリングも、メインスポンサーの7UPFUJI FILMのコーポレートカラー「グリーン」を採用し、その当時はかなり衝撃的だったと思います。

あっ!そうそう・・・
7UP、FUJI FILMといえば、FLW(並木プロや深江プロが参戦)のスポンサーでもありますね。↓画像

Img_0876_1 Namikiflw_2

そして、この車のミニチュアです↓
Img_1750 

決してコレクションしていたわけではないですが、この車だけは当時思わず購入してしまいました(笑)

釣り・フィッシングRanking  ←こちらはクリックすると釣りネタです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/19

侍?

Img_1757

しばらく、釣りには行けてませんが、とりあえず前から気になっていたので、ワーム買ってみました。
Berkley/3"Samurai Hawg です。

このサムライホグの名前の由来となった、戦国武将の甲冑(かっちゅう)「脇立」のように見える2本のテールが特徴的ですね。
Img_1758_1

この2本のテールはスイミング時はもちろん、ステイさせている時も水流でパタパタ、ゆらゆらと動きそうです。いずれにしても小さい移動距離で大きな波動を出すワームだと思います。

このワームは間違いなく「釣れるワーム」ですね(多分)。

人気Blog Ranking/FISHING  ←押すとゆらゆら~っとテールが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/17

テナガロースト

Capsule_tenaga_1 283347109

今日は前回記事のバイト誘発剤続編です。

最近注目しているのが、冒頭画像のFish League(マルキュー)/POWER SCENT CAPSULE TENAGA ROAST です。

これは、テナガエビから抽出した味と匂いのもととなる濃縮エキスとFish League社独自の摂餌成分を配合したソークオイルとなっています。

こちらは、TRUMP等と違い、カプセルタイプで携帯性に優れています。
おまけに、手を汚す心配がないので、手軽に使用出来そうです。

使い方は、カプセルの中のソークオイルをワームが入ったワームパッケージの中に入れて少し揉むだけ・・・、直ぐにワームを使用しても効果が出るそうですが、30分以上漬けるとより効果が発揮されるようです。

これなら、釣り場でも簡単に使用できますし、前もって漬けておくことも出来ますね。効果の方は、使ったことがないのでわかりませんが、なかなかの評判のようですよ。

とりあえず、気が向いたら吉羽園などの管理釣り場で実験してみたいと思います。

釣り・フィッシングRanking ←こちらのRankingもどうぞ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/10/14

バイト誘発剤

Img_1725

バイト誘発剤、最近使っている人あまり見かけませんね。

冒頭画像は、SAWAMURA/TRUMP Ayu
Berkley/Bass Attractant です。

TRUMPが発売された1~2年くらいの間は、釣り場で使用している人をよくみかけましたが、いつの間にか見かけなくなりました。
私も当時使用していましたが、だんだん面倒くさくなり、最後はこのバイト誘発剤をワームと共に入れ、漬物ワームにしていたと思います。
(この類の漬物系は今でも使っている人が結構居ると思われますが)

正直、TRUMPなどは効果があったのかどうかはわかりませんでしたが、爆発的な効果は(きっと)なかったんだと思います。もし、爆発的な効果があれば、今でも使っている人が多いはずです。

久々に使ってみようかな~。

吉羽園あたりで・・・・意外と効果あったりして(笑)

人気Blog Ranking「釣り・フィッシング」 ←こちらも、ポチッと!バイト、バイト、バイト・・・♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/11

SKY FLASH

Img_1715

先日のベイトロッドHARRIERに続き、今回はTEAM DAIWA
BATTLERシリーズのスピニングロッドSKY FLASHについてです。

このロッドは6"のライトアクションですが、ベリー~バットがLアクションのロッドにしては硬く、TOP部だけが極端に柔らかい、非常に特殊なロッドに仕上がっています。
(この違いは半端じゃありません!)

このロッドの特殊性を表しているTOP部は「SOLID TOP」(TOP部のみSOLID)となっており、20㎝程の間にガイドが5個もついています。
Img_1719
画像:同じ6"のスピニングロッドSTEEZ GRAY GHOSTと比較

※STEEZ GRAY GHOSTのインプレはこちら→Ultimate SEP.22の記事

そして、この短い間隔でガイドが設置されているSOLID TOP部分が(部分だけが)、凄い曲がりをするのです。(↓こんな感じ!)
Img_1722

このテンションをかけるとTOPだけが曲がる、危うい曲がりのロッドですが、私はSPシャッド・ミノー、DS用に使用します。特にSPシャッド・ミノーのトゥイッチ&ポーズの釣りには最高です♪

SPミノー・シャッドのトウィッチアクションはどうしてもバット部にある程度の硬さが必要になります。バットが柔らかいと腕が疲れるばかりではなく、キビキビしたアクションがつけにくくなるからです。
「だったら、ML程度の硬いロッドを選択すれば」ということになりますが・・・、

確かにアクションだけ考えた場合それが一番良いのですが、この釣りはポーズの時(又はポーズからアクションに移行する時)に小さいバイトが出る場合が多いため、その時にバイトに追従するように、TOPだけスウ~っと入ってくれる柔らかさが必要となります。また、TOPが柔らかいことによって、喰いの悪い時期、バスに違和感を感じさせずにバイトさせることが出来ます。

このようなことから、私はこの釣りには好んでSKY FLASHを使用します。

ちなみに、このSKY FLASHはBATTLERシリーズが無くなりSTEEZシリーズに継承されたようですが、STEEZではTOPのガイド設定や柔らかさも改良され一般的なガイドの数になったようです。STEEZのSKY FLASHもそうですが、もともとSPミノー・シャッド用のロッドではないため、なんらかの理由があって(もちろん良いものにするために)、ガイド設定の変更がなされたのだと思います。しかし、私にはこのBATTLERシリーズのマニアックな感じが好みですし、また必要なわけです。
よって、私はSTEEZシリーズのSKY FLASHを別のロッドと捉えています。

いずれにしても、このロッドはもう廃盤となってしまいましたから大事に大事に使っていかないといけませんね。

このロッド、使用頻度は他に比べ低いのですが、昨年釣った53㎝や今年の初バス42㎝等KEYとなる魚を釣ってきたロッドですからね♪・・・、
050115bass42cm_thumb_1 Bass53cm_6_thumb
※写真左:1月の激寒の中ステイシーでGETした2006年初バス42㎝ (横利根)
※写真右:昨年の5月DSでGETした53㎝(横利根)

ただ、こういった危ういロッドは折れやすいですから気をつけないと・・・ですね。

釣り・フィッシングRanking ←こちらはワンクリック&ワンポーズで♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/10/08

横利根川53up!

Img_1739 Img_1745

今日は横利根川53up!が開催されました。心配された天気も回復しホント良かったですねえ~♪

いつもお世話になっている横利根、当然私も参加すべきところですが、諸事情により今回も参加できませんでした。

・・・ということで、今回は妻一人での参加となりました。
(妻は初参加となります)

参加の際、何枚か写真を撮ってきたようですので、その様子を写真中心に紹介いたします。ちなみに、53upの前に朝6時頃から釣りをしたようですが、釣果を尋ねると、
「ごみ沢山拾ったよ~~。。。」
という答えが返ってきましたので、釣りについては割愛させて頂きます(笑)

Img_1728

開始されると、各自が様々なポイントに散りゴミ拾いを開始したようですが、妻は上画像の大曲県道側~国道分岐前を攻めた(ゴミ拾いをした)ようです。このポイントは今年妻がかなりお世話になったポイントですから(あっ!私もだ・・・)、ゴミ拾いが出来てホント良かったです。
※同行頂いた横タンメンバーの方々どうもありがとうございました。

Img_1729

ごみ拾いが終わると、昼食の弁当が届くまでの間、しばらく時間があったようで、皆さん釣りを始めたようです。(↑画像) 流石、皆さん好きですねえ~。
午後からの釣り大会のプラでしょうか(笑)

Img_1734
昼食後は恒例のオークション&ジャンケン大会、各協賛メーカーの様々なグッズが登場したようです。

Img_1732 Img_1733

↑なんだか、「露天商とそのお客様」という感じ・・・、お祭りの出店の雰囲気がして楽しそうで良いですねえ♪
(あれ!露天商様もお客様も見覚えのある人達のような気が・・・(笑))
※SUDAさん、NAKAGAWAさんホントお疲れ様でした。

妻はここで、Basser誌BOOK BOX(非売品)をGETしてきました!!!
Img_1736
これで、バッチリ2年分のBasserが綺麗に収納できそうです♪
「ありがとう♪KTさん(笑)」

・・・と、まあこんな感じで~す。

「って、ゴミ拾いしている写真がねえじゃねえかあ~(笑)」

参加された皆様、お疲れ様でした。次回は私もなんとか参加できるように・・・。

200553up
※photo by SUDA

ちなみに↑画像は、私が昨年参加した横利根53up!の集合写真です。

釣り・フィッシングRanking ← ポチッと♪ワンCLEAN UP!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006/10/06

100th ANNIVERSARY

Img_1713

前回の記事は最新号のBasser(179号)についてでしたが、今回は2000年4月号のBasserです。この号はBasser発刊100号記念号でした。私の場合、バス雑誌は1年分くらいたまるとまとめて処分していますが(結構収納場所をとるもんで)、なぜがこの号は捨てられずにとってありました。

Img_1712

久々に棚から引っ張り出して読んでみたのですが、これがなかなか面白かった♪
その中で「Basser100号と日本のバスフィッシングの歩み」というページがありますが、その年表(1985~2000年)が非常に興味深かったのでちょっと紹介します。

  • 1985年:ゲーリー・ヤマモト初来日
  • 1986年:Basserが季刊誌として創刊
  • 1986年:JBTAがトーナメントを初開催する(琵琶湖)
  • 1986年:ゲーリーグラブ人気が各地で沸騰する。
  • 1987年:第1回Basserオールスタークラッシックを芦ノ湖で開催
  • 1989年:W.B.S.発足
  • 1990年:野尻湖でスモールマウスバスらしき魚が発見される。
  • 1991年:Basserが隔月刊化
  • 1992年:オールスタークラシックで今江克隆が60cm、2522gをウエイイン
  • 1995年:Basser月刊化
  • 1996年:並木敏成がB.A.S.S.トップ100に参戦
  • 1997年:並木敏成がB.A.S.S.マスターズクラシックに日本人として初出場
  • 1999年:JB発足15周年
  • 2000年:Basser創刊100号発行

こうやってみてみると・・・

私がバス釣りを始めたのが1997年ですから、その10年以上も前からBasser誌が存在していたんですね。そして、その間現在のバス界の礎となることが色々あったようです。
このBasser誌も最初は季刊誌から始まり、1991年に隔月化、そして日本バスブームの頃の1995年に月刊化となっています。

この月刊化になった頃から2000年頃までは、バス業界も活況で、広告の数も多くバス雑誌は今に比べると厚いものだったと思います。現在はその頃に比べ薄くなりましたが、この状態が安定期ということでしょうかね。

今後、バス雑誌の淘汰があるかどうかはわかりませんが、Basserはしっかり残っていくんでしょうね(多分)

釣り・フィッシングランキング ←ポチッと! さあ、今日は何位かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/03

Besser11月号

Img_1705

毎月26日はバス関連の月刊誌の発売日ですね。

私の場合、Basserは必ず購入し、その他のロドリ、ルアマガ、バスワールドは特集や内容によって買ったり買わなかったり、という感じです。
で、今回はBasserのみでやめておきました。禁漁期間中の今、バス雑誌は刺激が強すぎます(笑)

ということで、今回は1冊のみです。

ページをめくると、Basser ALL STAR CLASSICの告知がありましたね。昨年は8月の熱い中開催でしたが、今年はいつもの11月の寒い時期に戻りましたね。やっぱり、この大会は寒い時期に開催というイメージがありますので、しっくりきますね。
今年は誰が出場するのでしょうかねえ?
Img_1714

北浦に行く者、利根川や黒部川に行く者・・・と、この大会は各プロが様々なエリアで釣りを展開するのでなかなか楽しいです。横利根にも毎年、誰かが釣りをやりにきますからね。毎年どのエリアでどんな釣りでウィナーが出るのかこの大会の楽しみのひとつです。

そして、今回のTrue Storyは西村、深江両プロが霞水系を釣るという特集でした。今回は珍しくこの特集全文読みましたが、なかなか面白かったです。

Img_1709

しかし、スタート地点の横利根でいきなりバンバン釣るとは・・・?
私は、この画像だけで、釣りに行きたくなってしまいましたよ(笑)
もう、1ヶ月半横利根に行ってませんから・・・

まあ、あと半月の我慢ですね。ホントちゅらいっス。。。

釣り・フィッシングランキング ← こちらは皆さん釣りを満喫しているようで・・・羨ましい~(笑)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »