« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007/02/28

PRO'S SPIKE T.N. REVO

100_0984

DAIWA/PRO'S SPIKE T.N. REVO 53SP-G

このルアーそんなにメジャーではないですが私、結構使っています。ステイシーがタイトな動きで引き抵抗感が強いのに対し、これは、キビキビした切れのある動きで、引き抵抗感もステイシーに比べたら軽いシャッドですから、2つのルアーをローテーションで使用しています。値段もステイシーよりちょい高い程度で他のシャッドに比べると安いですから、このあたりも使用頻度が高い理由かもしれません。

でも、このルアーちゃんと釣れるんですよ。昨年の2本目のバスはこのルアーでしたし、先日の初バスをGETした釣行でも、ばれてしまいましたがしっかりバスをバイトさせてくれました(笑)

このルアー、並木さんのプロデュースだけあって、O.S.P DUNKに形状がそっくりです。

100_0914

↑左がDUNK  右がSPIKEです。

100_0916

↑上からの比較:細身のボディー、リップ形状もそっくり

100_0929

↑側面の比較:全体的にはそっくり・・・

ですが、DUNKは48㎜、SPIKEは53㎜で、ボディーはSPIKEの方が長いですが、リップは5㎜程DUNKの方が長いです。そしてリップの根元の構造、アイの納まりのディテールが全然違います。DUNKの方が、リップに負荷が掛かるせいか耐力のある構造になっています。

・・・とリップの構造を除いては、ほぼ形状はそっくりですが、ルアーを引いた感じは全然違います。ボディーの内部構造を比べることが出来ませんでしたが、ボディーとリップのバランス、そしてリップの構造とこの微妙な違いが、まったく別物のルアーを創りだしています。まあ、DUNKの短いボディーと長いリップのバランスは他のルアーに比べ、かなり特殊、そしてこれがDUNKの特異性なんでしょうが・・・。

なんだか、今回もDUNKの記事になってしまったような感じですね(笑)

人気blog Ranking「釣り・フィッシング」 ←こちらもクリックして覗いていってください。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/02/26

O.S.P. DUNK

100_0911

O.S.P./DUNK 48SP このシャッド、先日の横利根川釣行で初めて使ってみました。良さそうだなあと思いながらもお値段ちょっと高めでなかなか購入にいたらなかったのですが、廻りから「良い、良い・・・」なんて声を聞くとやっぱ気になる・・・

当日は、ステイシー等、他のルアーをメインに使用していたので、少しだけしか使っていませんが、使ってみた印象は適度な引き抵抗感と手に伝わるブリブリしたバイブレーションが良く、使っていて飽きない、そして楽しいルアーでした。そして、この長いリップとルアートータルの設計の良さなのでしょうか、ネガカリ回避能力の高さを感じました (と言いながらも早速、1個ロストしましたが・・・(汗))。リップラップをゴリゴリ引いてみたくなりますね。

まだまだ、使い込みが足りないのですが、「これって釣れるルアーなんだろうなあ?」と感じました。まあ、ルアーの特性をしっかり掴んで、それを最大限生かす使い方をしないとなかなか釣れないでしょうけどね。どのルアーもそうですが、SPシャッドはテクニカルな要素が大きいので特にそういったことが言えるかもしれません。

もう少し使い込んでこのルアーでもBASSをGETしてみたいものです。

100_0977

釣り・フィッシングRanking   ←こちらもゴリゴリ・・・クリックしてみてください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/02/24

お気に入りワームカラー①

100_0892

お気に入りのワームカラー

ちょっと紹介します。

第一弾は冒頭画像のナチュラルプロブルーです。

このカラーがなぜ一発目か?と言いますと・・・

実はこのカラーがワームの釣りを始めて、最初にはまったカラーだからなんです。最近の釣行記をみてもわかるように、ここ2~3年殆ど使用していませんが、98年頃から00年頃までは、北浦の春の釣りに欠かせない高実績カラーでした。ちなみに、私の中での高実績ワームは冒頭画像の中にもあるクリンクルカッツミートヘッドでした。

このカラーは「ザリガニの脱皮時のカラー」、「スポーニング時に強いカラー」、「湖北の定番カラー」・・・等色々と形容される有名カラーです。

オールシーズン使えるカラーだと思いますが、春の北浦で沢山釣った経験が頭に残り、私の中ではいつの間にか「春のカラー」となってしまいました。

そして、ちょっとここで話はハードルアーとなりますが・・・、

100_0930

↑は先日の釣行で48cmをGETしたSTAYSEE「BWカメレオン」カラーです。このカラーは今回というか、あの時、あの場所だけで初めて使用したのですが、普段使用しないカラーをなぜセレクトしたか・・・?

このカラーを見た時に、ワームのナチュラルプロブルーカラーを想像できたからなんです。

100_0962

クリンクルカッツと・・・

100_0967

ZBC/ミートヘッドと・・・

ワームとハードルアー、材質は違いますがなんとなくテイストが似ている気がします。特にZBCのワームカラーには近い気がしますね。

・・・と、まあこんな感じで自分の勝手な思い込みのカラーセレクトが春を意識したプリプリバス↓をもたらしてくれたわけです。もしかしたら、他のカラーでも釣れたかもしれませんが、思い込みや気分って大事ですからね(笑)

100_0883_2

お気に入りワームカラー一発目は、ナチュラルプロブルーでした。殆ど春しか使いませんが私にとっては特別なカラーのひとつなんです。

そして第2弾も近々?紹介したいと思っております。

さて、次は何にしましょうか?

※私のワームカラー考は勝手な思い込みが殆どですので、まあ適当に読み流しておいてください(笑)

| | コメント (2)

2007/02/23

HAN HAN JIG

Img_0138

今日も引き続き村上さん関連でいきます。

HAN HAN JIG とうとう買ってしまいました。
(・・・と言っても2ヶ月程前ですが)

Photo_1  今までスモラバ購入の際、何度も「買おうかどうか?」迷って、価格高めの為、購入をやめていました。

「多分スモラバの中では1番良いのだろうなあ」と思ってはいたのですが・・・。

村上さんの一魚一会 第三章を見て、「やっぱ買ってみよう」という気持ちが強くなり「初めて」購入することとなりました。

早速、製品を手にとって観察してみると、張りのあるラバーの材質、ラバーの密度、ラバーのカット・・・と全てがバランス良く融合されている感じ、まあすべて計算しつくされているのでしょうね。

ラバー全体で作り出す立体感は非常に綺麗でさながらカリスマ美容師の作品といった感じです(笑)

まだ、使ったことがありませんが、釣れるルアーなんでしょうね。

↑のDVDでも出ていましたが、村上さんはこのJIGのmidgeバージョンを開発中のようです。DVDの中の釣行ではこのmidgeバージョンのプロトを使用していましたが、

「そのへんのスモラバと一緒にせんで欲しい勢いやねぇ・・・(笑)」と言っていましたから、相当の自信作なんだと思います。

それとこのDVD、村上さんならではのシークレットが沢山紹介されており、「プロの方は見ないで欲しい・・・(笑)」と半分冗談、半分本気で言っていましたよ。

さ~て、このHAN HAN JIG いつ使いましょうか?(笑)

人気blog Ranking「釣り・フィッシング」 ←最後まで読まれましたら、こちらも是非・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/20

みなとみらい・村上ワールド!

100_0791

遅くなりましたがフィッシングショーの続きです・・・

フィッシングショー終盤、何やら村上晴彦さんのトークショーがあるとダイワのハートランドコーナーに告知があったので、「これはラッキー♪」とダイワブースに向かいました。(実は村上さんは今回、横浜にはもしかしたら来ないのでは?と思っていたのです。)

100_0787 100_0789

ステージには何本かのロッドが並べられましたが(↑画像)、今回はロッドではなくリールについてお話をする。と言ってトークショーが始まりました。

「う~~ん、ちょっと残念。」

村上さんのロッド創りに対する考え方は、マニアックですが、非常に興味深いものがありますから、「出来ればロッドのお話を聞きたかった。」
(※村上さんプロデュースのロッドをみればわかりますよね。1本1本かなりテイストが偏っていて、バーサタイルな部分が少ない・・・。まあ、これが堪らないのですが)

まあっ、でも村上さんの考え方って釣りに関してはもちろん、もの創りに関する考え方は何に関しても素朴、シンプルで受け入れやすい、そしてなんと言っても高度で奥が深い!

・・・ですから、どんなテーマでも面白いんです。

そして、リール創りについて話が始まったわけですが・・・

100_0793 100_0794

↑こんな感じで、タイヤのホイールを書き、自身のものづくりの初期段階のコンセプト(外観)を表現していました。

「まずはデザイン、かっこよくなければ・・・」

と言うことですが、もちろん機能についても奥が深いですよ。

100_0796_1

↑「車をこの角度から見た時の、タイヤホイールがかっこいい!みたいな感じをリールでも表現したい」と・・・。内容の詳細は割愛しますが、リールをロッドに装着した時にどう見えるかということを形態、材質、カラー・・・等に言及して説明されていました。

100_0843
↑多分、この感覚ですね(笑) ※画像はMAZDAのカタログです。

ちょっと、話の内容から逸れるかもしれませんが、ホイールデザインて重要ですよね。どんなにボディーがかっこ良くても、ホイールのデザインがイケテないと、車全体のデザインが台無しですからね(笑)

・・・と、話は進んで、次は内部機能について

100_0837

↑このあたりのMAG FORCE Zについて、絵を描きながらわかり易く、そして面白く説明いただきましたよ。

あっという間の30分が過ぎ・・・

100_0798 100_0799

最後は↑こんな感じでロッドを持って、掛けたバスのいなし方、浮き上がらせ方を村上流に解説していましたが、これは非常に興味深いものでした。
(※先日の釣行で早速この浮き上がらせ方を試してみたら、本当にバスが口を空けてプカッと水面に浮き上がってきましたよ。聞いておいて良かった~)

やっぱ、村上さんのお話は何を聞いても面白いですね♪

以上、フィッシングショーの話題はこれでおしまいです。

みなとみらい駅のtsunekichiショウーアップから最後のトークショーと村上ワールドなみなとみらいの一日となりました(笑)

■おまけ

村上さんのトークショーの中でも出てきた新製品の
TD ZILLION HLC(HYPER LONG CAST)
100_0838

今はなきTD-Zにデザインテイストが似ていて、かっこいいっすねえ。Priceは未定のようですが、STEEZ並なのでしょうか?
でも、断然、こっちの方がSTEEZよりかっこいい!(←私的には)

・・・と言っても買いませんよ。最近スピニングの使用頻度が高い私には、所有の初代TD-Zまだまだ、バリバリ使えますから(笑)

釣り・フィッシングRanking ←クリックすると最新のblogランキングがご覧になれます。いろんな記事がいっぱいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/17

横利根川釣行 2007/02/17

100_0876

今日は一ヶ月前の横タン以来久々に横利根に行ってきました。水温は8℃代と一ヶ月前に比べると2℃程高いですが、いずれにしてもバスを手にするのは容易でない状況であることには変わりありません。

「貴重な1本」そして「初バス」を求めて釣行開始です。

朝はここのところ定番の「ゆっくり」9時前からのスタートです。

午前中は中島屋下周辺、大曲監視小屋側をSPシャッド、DSでスローに攻めましたが何も起こらず終了。

昼食後、K'sに寄ってSPシャッドを補充し午後からはSPシャッドオンリーで釣行開始です。

午後は国道分岐前に懸けることにしました・・・。

先ずは一時間程、夏場よくいくポイントを撃ちましたがやはり何も起こりません。そして次はこのエリアで春しか撃たないポイントを撃つことにしました。通常ここは4月~5月しかやりませんが、水温8℃となると・・・

「ちょっと気になる・・・」

このポイントを30分程撃ったでしょうか、SPシャッドでスローにポンプ&ステイで攻めていると、魚がコツンと触れた感触がありました。しかし、このアタリはフッキングせず・・・。そして10分後、同じ様に攻めていたシャッドに魚がバイト!

今度はしっかり?フッキング!

かなり強い引きでサイズも良さそう~~♪

しか~し、初バスが頭を過ってウハウハな気分も束の間・・・

フッとラインテンションがなくなってしまいました(泣)

この時期の貴重なバイトをばらしてしまい、ガックリ。

そしてまたも遠退く「は・つ・バスーーーーー。」

・・・ということで、今日もblogの釣行記ネタがありません?(笑)
 ↓

 ↓

あっ!そうそう今日はリールCERTATEのデビュー釣行でした(汗)↓
100_0880

と、これではネタが寂しいので、釣れない時は動物でも探しますか(笑)

・・・ということで

  

  

  

  

  

  

  

ど~ん!!!

100_0888

バスで~~す。

待ち望んだ「初バスですぅ~~~♪(涙)」

実は、バスをばらした20分後、気を取り直し、そして集中力をとり戻して攻めたシャッドにバスがバイトしてくれました。

岸と垂直にブレイクがあり、杭が隣接する水深1m程のゴツゴツしているハードボトムのピンポイントを気になってもう一度(40分程前に1度攻めていました)・・・、

ポンプリトリーブ&ステイで打ち直すと、ステイ中に「コツンッ」と小さくてシャープなアタリがあり、アワセを入れると今度はガッチリフッキングしてくれました。

そして、杭に逃げ込もうとするバスをなんとか引き寄せ無事ランディングとなった訳です。(フィッシングショーの村上さんトークショーで聞いた、「口を空けてふっとバスを水面に浮かす法」が効きました)

100_0883


↑このフッキングです。これならバレません。

ルアーは昨年の初バスに続き今年も・・・
100_0889

LUCKY CRAFT/STAYSEE 60SP(BWカメレオン)

ちなみに初バスのサイズは・・・

48㎝!!!でした~♪

100_0884


↑プリプリのナイスコンディションのバス♪どうもありがとう~。
※なるべくやらないようにしているのですが、バスをコンクリートの上に置いて写真を撮ってしまいました(汗)。ハイシーズンはコンクリートの温度が高くなるので注意ですね

その後、KTさんと合流ししばらく同ポイントを撃ちましたが、私には何も起こらず終了となりました。KTさん今日はどうもありがとうございました~。

Yompachi 

| | コメント (12)

2007/02/16

一年が経ちました・・・。

100_0840

今年もいただきました。

妻から・・・

 ↓

 ↓

 ↓

義理チョコです(笑)
100_0841

えっ!違う!「義務チョコっすかっ!」

で、一ヵ月後の「白い日」には何が欲しいのでしょう?

「なにっ!リール!!」

ありえません。以上。

・・・ここからが今日の本題です。

そういえば、このblogを始めてから1年が経ちました。ちょうど昨年、世の中でチョコレートが沢山売れる時期に書き始めたんでした。

アクセス数(ページhit数)も約70,000と沢山の方々にご来店いただきまして、どうもありがとうございます。

とりあえず、書くネタ、時間があるうちは書き続けますので、

今後も何卒、何卒・・・♪。

人気blog Ranking「釣り・フィッシング」 ←こちらのランキング登録ももう少し続けてみますので引き続きヨロシクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/14

invisible?

100_0852

先日、W.B.S. 2006会報が届きました。

今年は表紙が迷彩・・・

一晩経って、ソファーに置いてあったこの表紙を少し遠めから眺めてみました。

「えッ!!!」

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

Wbs

迷彩の模様に・・・

霞ヶ浦、北浦~鰐川~外浪逆浦~北利根川、桧原湖、バス

が含まれていました。

最初見た時、全然気付きませんでした。

一本とられた感じです(笑)

まだ、何か隠れているのかな?

釣り・フィッシングRanking  ←こちらには何が隠れているのか?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/02/12

みなとみらい・パシフィコ横浜

100_0752

・・・ということで、パシフィコ横浜へは干物市に行ったのではなく、釣りの見本市であります国際フィッシングショー2007に行ってきました。(※会場内には干物市のコーナーもちゃんとありますので・・・)

実は私、このフィッシングショーに行くのが今回初めてなのです。

当日は、13:00から吉田さんと並木さんのトークショーがあるということで、場所確保の時間も含めて12:30過ぎに会場に着くように家をでました。

100_0735 100_0738

↑このお二人の組み合わせのトークショー、そしてテーマが「JAPAN&USAのバスフィッシング」と結構興味深いと思っていたのですが、会場に着くとかなりの人がステージ前に陣取っていました。
そして、ここで前方中央のナイスポジションに見覚えのある帽子を発見!そしてWBSのバッジも付いてるし・・・、

「おう!KTさん発見!」 (笑)
(※途中、Rinさんにも遭遇しましたよ)

トークショーも終わり、KTさんと少し話したあと、各ブース廻りを開始。まずはDAIWAブースから・・・
100_0751
↑ここでも並木さんが・・・!

ハートランドのロッドやSTEEZのMACHINEGUNCASTをチェック。そして、STEEZスピニングを初めて触ってみる・・・

「う~ん軽い!」

でも私が一番興味を引いたのが、「CERTATE」

エンジ色の新作やVINTAGE CUSTUMなるシルバーを基調としたものまで、CERTATEにもかなり力を入れていました。
(※今回は、展示の新作商品等の写真はなしですので、あしからず)
実は私、デザインはSTEEZよりCERTATEの方が好きなんです。まあ、性能はSTEEZの方が圧倒的に良いことは確かなんですが、最近のリールはある程度のレベルまでいってますから、最後は自分好みのデザインを重要視します。

そしてこちらのブースも↓行きました。
100_0775

ここで、生まれて初めて(←多分)このメーカーのリールを触りました(苦笑)

でも、やっぱデザインが・・・。

機能・性能は言うまでもなく良いのでしょうが。(もしかしたらD社より上なのかな?(笑) まあ、リール持って廻しただけでは性能の良し悪しなんて、この私にはわかりません)

やっぱこのメーカーは↓これっ
100_0829 100_0828

釣具で使うことはないですが、こちらのパーツは好んで使ってますよ(笑)
※すいません、ちょっと横道逸れましたね。

そして、EGブースでは、Opus-1も触ってみました。こちらは、結構私好みのデザインですが、それはあくまで工業製品、オブジェとして見たときで、リールとしてはちょっと・・・。

そして次はtsunekichiブース
100_0759 100_0764

ルアー製作の基となるベイトフィッシュの入った水槽がインテリア要素として用いられて、とてもコンセプチャルなブースとなっていました。

新製品での注目はやっぱ、HANHAN jig FLEXですね。こちらは村上さんのDVDでプロトをみたことがありますが、製品を見るのは初めてです。これは発売されたら即買いします。Weightは3.5gとなっていましたが、もう少し軽いのも出して欲しいところです。

そして↓こちらはJACKALLの水槽
100_0780
写真左下に↑KTさんらしき人?を発見!(笑)

加藤さんの水槽を使ってルアーアクションを解説するショーをやっています。こちらも、メーカー色をダイレクトに表現した演出ですね。まあ、これって自社のルアーに自信のある現れもあると思いますが、こういう試みは、来場者にはうれしいものです。

そして下野さんも発見!
100_0782

そして次はGamakatsuブース↓
100_0742

目を引いたのは、この鮎竿群・・・

「ながーーーーーい!」

テレビでは結構見たことがありましたが、こうやって実物を見るのは初めて。この迫力はビックリでした。

ブース内では、新作のスモラバを細かくチェック・・・
100_0821 100_0822

φ0.6㎜と少し太めのラバーが使用されており、ハンハンジグをかなり意識した?つくりとなっていましたが結構良さそうでしたよ。値段もハンハンジグ含め他メーカーのスモラバに比べ安価ですからスモラバの主力として使えるかもしれません。やっぱGamakatsuは自社のjigを使えばよいですから製作コストが低いのでしょうかね。
(↑画像はいただいたサンプルです)

・・・・と、まあこんな感じで会場一通り各ブース、早いペースで見まして(へら竿コーナーに行けなかったのが残念)、最後はDAIWAブースへ
100_0786

↑並木さんのセミナーの終盤でしたが、場所確保のためにステージ付近に陣取りました。目的は並木さんではなく、この次の方のセミナーのために・・・(笑)

100_0796

↑そのセミナーでのひとコマ。何やらタイヤのホイールの絵が!

こちらは次回につづく・・・。

人気blog Ranking「釣り・フィッシング」 ←こちらで、フィッシングショーの記事をチェックしてみましょう!

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2007/02/10

みなとみらい駅

100_0807

今日はちょっと用事がありまして・・・

家の最寄り駅から30分程電車に乗って

東急東横線みなとみらい駅に行ってきました。

100_0806 100_0817

駅に着くと・・・

   ↓

   ↓

   ↓

100_0728 100_0733

↑あれっ?村上さんが・・・!!!

100_0810 100_0812

↑きっぷうりばも村上さん・・・!!!

100_0808 100_0814

↑改札口付近も村上さん・・・!!!

100_0731 100_0732

↑雷魚も・・・!!!             ↑雷女も・・・?

・・・とまあ、こんな感じで駅がMURAKAMI WORLDになっていました。

そして、駅近くのクイーンズスクエア横浜は・・・

100_0803

巨大SNOOPYが・・・!!!

100_0800

そして、またまた駅近くのパシフィコ横浜は・・・

100_0741

干物市・・・

100_0819

目的の干物・・・

赤魚縞ほっけ秋刀魚さば GET!!!

・・・って、これが目的ではありません。

本当の目的は、次回につづく・・・。 ←もうバレバレ(笑)

釣り・フィッシングRanking  ← フィッシングショーが始まりましたが、こちらもそんな記事が多いのでしょうか・・・?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/02/08

California WORMS

100_0477

今日もいきますワームねた・・・(笑)。

前記事でハンドポワードワームのお話をしましたが、今日も引き続きでいきます。ハンドポワードワームと言えば、アメリカのカリフォルニアが有名ですが、その地名がついたワームがあります。それは冒頭画像のCalifornia WORMSです。

このワームは90年代にかなりメジャーなワームだったと思いますが、最近はショップに殆ど置かれていないワームとなってしましました。このワームを扱っていたTIEMCOが代理店契約を打ち切ったのでしょうかね。(以前はTIEMCOのHPに出ていましたが、今は姿を消しています)

冒頭画像のストレートは昨年、一度も使用しませんでしたが、常に釣行の際リュックに入れています。このワームは春の北浦に通い続けていたころの高実績ワームで、DSで主に使用しましたがかなりの40upを引き出してくれました。そして最大釣果は2001年5月1日、北浦(鰐川)大船津ドッグ沖でGETした49㎝でした。(←おしいぃぃ)

ちなみに、私が使用するカラーは↓画像の1種類のみ・・・
100_0491

このカラーは(多分)地元ショップF.S.中原のオリカラだと思いますが、ほぼ「スヤマカラー」です。画像は上が6"ストレート、下がラージパドルですが、ストレートは買いだめして100本以上のストックがあります。レッドグリーンブラックブルーのフレークが散りばめられていますが、テイル部がブルーフレークの割合が多くなっている絶妙のカラーとなっており、かなり気に入っています。

この絶妙なカラーはハンドポワードならではですね。

釣り・フィッシングRankingへ ←ポチッとクリックすると・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/06

NEON Flick

100_0444

え~っと、久々にワームねたです。

POPEYE L-7で久々にワームを購入しました。

JACKALL BROS./NEON Flick(スヤマ)です。

このワームは、オリジナルFLICK SHAKEハンドポワード版として発売されました。「さらに高浮力にさらにソフトに」なったようですよ。ハンドポワードワームは暖めて溶かしたワームの材料を手作業で型に流し込んで作られたワームのことで、機械を使って金型に材料を送り込んで作る「インジェクション」とは、一味違った風合いのワームとなります。

あのFLICK SHAKEをハンドポワードで・・・!
これは「やばい」でしょう!?
と思い、即購入してみたわけです。

カラーは大好きな「スヤマ」を購入しました。ハンドポワードだけあって、オリジナルの「スヤマ」より格段にカラーが良い、というか自分好みです。
100_0452

このワームは単純にオリジナル版の製法を変えただけでなく比重や素材の違いを考慮して太さやカーブのかかり方までまったく別物としてデザインされているようですから、まったく別のワームという印象をうけます。ちなみに、「made in U.S.A.」です。まあ、ハンドポワードの本場ですからね。

100_0454

↑オリジナル版(ナチュラルブルーフレイクカラー)と比べる・・・。やはり形状も違いますね。実際手にとった感じはカリフォルニアワームのような感じでオリジナルとは全然違いました。

まあ、オリジナルのFLICKはJHWのワームとしては、かなりのものでしたから、どちらが有効か?なんて実際のところわかんないですけどね・・・。

お読みになりましたらこちらをクリック願います。「人気blog Ranking」へ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/02/04

2007/02/03 バエンでのんびり・・・。

100_0678 100_0680

最近、バタバタと忙しい毎日で、週末は釣りにも行かずのんびりと・・・。なんて考えていたのですが、天気予報の晴れマークを見ると、心が動いてしまいまいます。

・・・ということで、比較的のんびり釣りが出来て、確実に?魚が触れるバエンに行くことにしました。まあ、自然のフィールドに行くと真剣モードになってしまって、のんびり出来ませんからね(笑)

今回は、10月以来バスを釣っていない妻もバスの生命反応を求めて同行しました。さあ、果たして釣れるのでしょうか?「最近のバエンはそんなに甘くないですからねえ~」(笑)

朝はのんびり9時くらいからスタートです。とりあえず、桟橋対岸の岸に陣取り(前回釣れたポイントは空いていませんでした)、シャッドとライトリグの2本立てのプランで釣行開始です。

釣り始めて2投目、地形チェックのためにかけあがり周辺をJHでシェイクしていると。いきなりのバイトが!今日はあっさり釣れてしまいました。「今日はいくらかつれるのかな?」なんて期待しましたが、やはりそんなに甘くありませんでした。
昼頃まではライトリグ、シャッドでだいたい1時間に2本くらいのペース。
100_0666_2 100_0669_2

午後は前回同様、渋い状況となり苦戦してしまいました。ライトリグへの反応がなくなったため、ベビシャを投入し超スローに攻めてなんとかバスをキャッチする展開となりました。結局、今回は前回の半分程の釣果で二桁釣ることも出来ませんでした(汗)。

本日のヒットルアーは

100_0682 100_0684

Gary YAMAMOTO/SILK WORM 1/32ozJH

Gary YAMAMOTO/TAIL LESS GRUB+1/64ozネイルシンカー

100_0685 100_0686

Lucky Craft/STAYSEE 60SP

Lucky Craft/Baby Shad 60SP

一方妻の方は・・・
100_0675
↑シャッドを引く怪しいバサー?!誰これッ?

午前中、シルクワームJHのミドストでいくつかのバスをGETし(一時は私よりも釣っていました)、午後からはシャッドの練習・・・。しか~し、残念ながらシャッドでバスをGETすることが出来ませんでした。「そんなに簡単に釣れるもんじゃないッスよ(笑)」

ただ、こちらは楽しかったようで・・・!

  ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

100_0687
ルアー回収器!!!

これで、根ガカッたルアーを回収する快感にはまっていました(笑)

まあ、根ガカリ回収はうっとうしいですが、回収出来た時のホットした喜びってありますからねえ。

100_0667 100_0668 100_0670 100_0671

・・・以上、のんびりバエン釣行でした~。

釣り・フィッシングRanking ←さて皆さんはこの寒い中釣れているのでしょうか?こちらをクリックしてチェックしてみましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/02

DAIWA/CERTATE 1500

100_0604

以前から欲しい欲しいと言っていたこのリール・・・

とうとう買ってしまいました。(←と言うか「やっと」ですね)
まあ、EXIST STEEZなんて高くて買えませんから・・・(笑)

9年近く使い続けたTD-X2台は多少回転が悪くなってきているものの今だ現役ですが、一昨年購入したCERTATE FINESSE CUSTOM と共に今年はこの2台でいきます。

このリール、BASS専用ではないのでスプールが深溝ですが、この珍しいダークブルーカラーにやられてしまいました(笑)

最近のリールはみんなエアベールとなってますからいいですね。この機能があるだけで、糸絡みのストレスがなくなります。

早くこのリールでBASS釣りたいですねえ~~。

釣り・フィッシングRanking  ←クリックすると最新のblogランキングがご覧になれます。バス釣りblog頑張れ~~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »