« Basser 2007/12 | トップページ | これって反則? »

2007/11/04

横利根川釣行 2007/11/03

Top

今年も11月に入り、日々の水温低下の状況が気になる時期になってきましたが、今週も行ってきました横利根川。2週連続釣行は久々です。

潮来の水温は前日から少し下がり16℃代、北寄りの風が吹き少々苦戦が予想されますが、どんな釣れ方で釣れるのか楽しみです。・・・と言うか「釣れるのか?」

朝は7時くらいからスタート。(ポイントは先週釣れたところ)
ポイントに着くと水が茶色い!「前日雨が降ったのかな?」
そして、さ・む・いっ!

まずはスピナベの超スローロールでチェック。

次はDSでスローに・・・、ある一定のエリアで少しブレイク寄りをスローに通すと小さいアタリが出始めました。しかし、フッキングするようなアタリではありません。バイト後フッキングせずロッドを止めて軽ーくきいてみますが重みなし、3度程同様のアタリを獲りましたが全てこんな感じでした。

その後、カトテノーシンカー、リアフック1本に辛うじてフッキングすることを期待してシャッドも投入しましたが、何も起こらずこのポイント終了。

「やっぱDSの方が良いかな?」

その後は、横利根のマリーナ船章さんに少々寄り道して次のポイントへ。久々にボートが沢山あるポイントにやってきました。ここでもスピナベとDSでチェック。

そして、DSで辛抱強く攻めているとここでもアタリが!しかし前ポイント同様、とてもフッキング出来るようなあたりではありません。そしてこのポイント3度目のアタリ・・・、ロッドにテンションを掛けたり戻したりしながようやくフックアップ♪

しかし掛かりが激浅なテンション・・・、ジャンプ→ さよならー(泣)

またまた貴重な貴重な魚をバラシてしまいました。

その後はポイントもう一箇所廻って(もちろん何も起こらず)、早々に昼食休憩。この時点で今日のノーフィッシュを若干覚悟(苦笑)。

昼食後、気分転換にと、先週3投でやめたN.K.水路に行ってみました。

ここでもDSで・・・、ラインを弛ませてしばらくホットケです。

すると・・・、あたりもわからないまま釣れてしまいました。

100_3448

これはノーカウント。・・・いやいや1本目推定18㎝をGET!

「ライン弛ませてしばらく放っておけば一応喰うのねっ。」

「じゃあ、横利根ではどう?」としばらくこの水路を撃ってから再度横利根に戻ってきました。未だ横利根ノーフィッシュですが1時間だけやって終了にしようと、朝一入ったポイントにやってきました。

ここではDSオンリー、朝一DSで3度程バイトがあったエリアを重点的に攻めます。すると・・・、朝と同じような小さいバイトが・・・!

一瞬フッキングしようと身体が反応しますが、我慢。ラインを出してラインをゆるゆるにし、ロッドもルアーのある方向まで戻します。
「これでのらなかったらもう今日は駄目か?」と一呼吸してゆっくりロッドを戻しラインにテンションを掛けて・・・一揆にフッキング。

   ↓

   ↓

   ↓

やっとフッキングしました♪ でもギリギリのフッキングでした。
100_3449

本日の2本目27㎝をGET!

ちなみに、1.2本目のルアーは・・・

100_3478
Berkley/4"Micro Crawler (Glass Gill) DS (リーダー30㎝)

横利根1本目がとれたので違うワームを試してみましょうか。とスモラバトレーラー用に持ってきたライブインパクトを投入。そしてポイントを小移動し先週2バイトのピンスポでネチネチ作戦

ルアーの通す方向、角度を変えながら5投目・・・、

先程と同じようなバイトが!再び同様の動作でフッキング。

332
本日の3本目32㎝をGET!

先週に続き、このピンスポに感謝です。

そして、途中のエリアトはスルーし、2本目がとれたエリアへ移動・・・、

引き続き、ステイを入れながらスローに攻めると、小さいアタリが・・・、ラインを弛ませ「1、2、3、4、5」とカウントダウンしスイープフッキング。こちらもなんとかフッキングしてくれました♪

100_3452
本日の4本目30㎝をGET!

その後5本目を目指して15分程やりましたがバイトなく・・・、

新利根川でJ.L.B.A.の方々と釣りをしていたozからマリーナ船章到着の電話が入ったためここで終了。新利根も渋々だったようです。

ちなみに、3.4本目をGETしたルアーは・・・

100_3481
KEITECH/Live Impact 2.5"(コーラ) DS (リーダー30㎝)
※このワームの高浮力はDSにもなかなか・・・。

今日はかなり苦戦しましたが、最後40分で3本のラッシュが救いでした。途中ノーフィッシュのままもう帰ろうか?なんて思ったりもしましたが(実際はozが戻ってくるまで帰れないのですが)、やっぱ最後まであきらめちゃいけませんね(笑)。サイズ・数ともイマイチでしたが、釣れ釣れのハイシーズンの釣行に比べ、自分にとっては価値ある、満足の釣行となりました。

先週は、「DSのスローな釣り耐えられねぇー」と言ってましたが、この日の釣行で大分身体が慣れてきましたよ。

Fishing blog Ranking~~~! ← 水温低下も何のその・・・!

|

« Basser 2007/12 | トップページ | これって反則? »

2007年釣行記」カテゴリの記事

コメント

横利根、渋いすか。
その渋い中、4本はうらやましい。つか、さすがですね。
やぱ、動かさない感じすか。

最近は、水郷方面に行ってないのですが、
どこがいいかと言うなら、やぱ北浦なんですかねえ。

投稿: こー | 2007/11/06 22:54

こーさん>
どもども。

あの日は渋かった気がします。アタリは小さいのが二桁以上あったんですがね。私は途中ボーズ覚悟しましたが辛うじて釣れてくれた。という感じですよ。もう少しイージーに釣ってる人は居ると思うんですが・・・。

私の感覚としては、動かさない感じが良かったと思いますが、ステイの釣りは耐えられないので、ステイを入れながらゆっくり動かしていました。

北浦はどうなんでしょう?
水温が低くなるとドッグ内が釣り易くなりますが、基本的には釣り禁止のはずですので?(マイルールではドッグ内釣り禁止)、ドッグ内は除いて考える前提で・・・、まだまだイケるんではないかと感じています。横利根も私の勝手な推測として(若干希望も含)、水温低下傾向、水質悪化が落ち着けばスピナベ、クランクあたりでそこそこ釣れそうな気がしています。その時期がもうそろそろではないかと・・・(願)。

すいません答えになってないかもです(汗)

投稿: kaz | 2007/11/07 21:48

始めまして、ソハラと申します。
ショートバイトの合わせ方の記事、大変参考になりました。一度ラインをフリーにすればよいのですね。
これからちょくちょくお邪魔させていただきますのでよろしくお願いしま~す。

投稿: ソハラ | 2007/11/11 12:32

ソハラさん>
はじめまして♪

ショートバイトのアワセはラインをユルユルにする方法の他に、少しテンションを掛けて→キイテ戻して・・・の連続の方法等色々あると思います。リグやその日のコンディションで変えています。まあ、コンっとアタッテ、それで終わりということも結構ありますが(笑)
ではでは今後共よろしくお願いいたします。

投稿: kaz | 2007/11/11 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Basser 2007/12 | トップページ | これって反則? »