« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/28

猛暑の中、HEARTLANDでFuwa Zuri♪

Top

TOPガイド交換のため先週からGRAY GHOSTが入院中。

「さて、今週はどのロッドでどんな釣りをしましょう?」

で、久々に取り出したのがHEARTLANDの「冴掛 MIDGE DIRECTION」。このロッドは最近スモラバ専用機となっており全然使っていませんでした。

・・・ということで、

「ロッドに合わせてこの際、久々にやっておきますかぁ」

と、こちらも久々のスモラバを用意。

サイズ関係なく数釣りモードの釣りをすることに(釣れる保障はありませんが・笑)・・・、併せて新兵器のHEARTLANDも加え、HEARTLAND2本でいざ出撃です。

最近、北浦、鰐川、ナサカと本流筋での釣りがメインでしたが、この日(6/27 土曜日)は久々に霞水系流入河川系中心に廻りました。

朝一、とりあえずNEW RODの入魂を済ませようと沈船が絡む場所でJHWから開始。で、2投目・・・沈船脇フォールでいきなりバイト!

137cm
1本目、ガリガリの37㎝をGET!(※2投目でNEW ROD 入魂完了♪)

その後しばらく同じ釣りをやってからスモラバ投入!

すると、またまたフォールで・・・!

233cm
2本目33㎝ GET!

引き続き、フォール後のスイミングで・・・

330cm
3本目30cm GET!

同じように、フォール直後のスイミングで・・・

432cm
4本目32㎝ GET!

ポイントを移動して、再びスモラバの釣り。

最初の4本の感じから、釣れるのはフォールかフォール直後のスイミング時。連続的なスイミング時には喰ってこないような感じでした。

ここからはピッチングスタイルでフォール中心の釣り。

キャスト→フリーフォール→少々スイミング・・・の繰り返し。

5mim30cm
5本目<30㎝・・・とうとうこのサイズがキテしまった!

とにかく今日は暑い!30℃超だそうです。

途中、自販機で水分補給などして同様の攻め。スモラバ、トレーラーのカラーをローテーションしながら・・・

631cm
6本目31㎝をGET!

あまりの暑さに、ここで長めの休憩を入れることに・・・。

暑さのなかの釣りも回数を重ねると体が慣れてくるのですが、ここ最近は雨の中での釣りが多かったせいかサスガに今回の暑さは堪えますね。

なが~い休憩を終え釣り再開。

かなり復活。でも早くもお疲れモード(笑)

心の中で「二桁釣ったら帰ります」宣言して、引き続きスモラバの釣り。

同じようにピッチングスタイルでフォール中心の釣りをしますが、

ここから子バス祭り!!!

7mim30cm
7本目<30㎝をGET!

     ・

     ・

     ・

8mim30cm
8本目<30㎝をGET!

     ・

     ・

     ・

9mim30cm
9本目<30㎝をGET!

ようやくあと1本のところまできました。

心の中では帰りたいモード全開!とにかく暑いんです(笑)

でも、ここからが長かった!なかなかあと1本出ないんです。

結局このポイントを諦め、行く予定のなかったアソコへ・・・。

最後の1本を捕るためにKJOへ(笑)

もちろんリグはスモラバではなくKTNS。

     ・

     ・

     ・

そして釣り始めて10分程、やっぱり期待を裏切らないKJO!

10mim30cm

子バス祭りの流れそのままですが、納竿フィッシュ10本目<30㎝をGET!

で、帰る前に今後の事を考えてちょっと・・・。

水深が浅く根ガカリのキツイKJO。

ロッドを立てたリーリングによるスモラバのスイミングで根ガカリなく、ストレスなく釣りができるか10分程テストしました。

     ・

     ・

     ・

結果は問題なし。

この場所でこの釣法使えますね。

テスト中、というかテスト開始後直ぐ、答えまでかえってきましたから・・・

1130cm
おまけの11本目30㎝をGET!

ちなみに、この日のルアーは、

●1本目
009
JACKALL BROS./FLICK SHAKE 4.8"(ナチュラル/ブルーフレーク) 1/16oz JHW

●2,3,4,5,7,9本目
023
自作スモラバ1/32oz+
G.YAMAMOTO/2.5"LEG WORM (FANTA GRAPE/S.GREEN FLK.)

●6,8本目
024
自作スモラバ1/32oz+G.YAMAMOTO/2.5"LEG WORM (S.P.BLUE)

●11本目
025
自作スモラバ1/32oz+KEITECH/Live Impact 2.5"(コーラ)

●10本目
016
Gary YAMAMOTO/4"KUT TAIL WORM (S.P.BLUE) NS

今回やった河川は、減水に暑さが絡んだせいか?喰いがイマヒトツ(私だけかも?)。DS、JH等でズルズルやっても喰わない感じ、状況がいい時はこれでも喰うんですがね。かといって、中層を連続でスイミングさせても喰わない。結局、フォール+αで喰わせるしかありませんでした。そして、(まあ、解ってはいましたが)サイズもイマヒトツ。カバー、水門、ブレイクを今回やりませんでしたが、そっちの方は比較的サイズがよかったのかな?以上、こんな感じでした。

■おまけ【嬉しい速報です】

3days

いやぁ~、やりましたよ事務局長!

W.B.S. SUPER 3 DAYS

事務局長&ザ・ファイナルセンスさんチーム

大逆転の優勝です。まさに、『ぼんじゅ~~る♪』です。

おめでとうございます。

これで、次回の霞探は胴上げですなっ(笑)

(※結果速報は →こちら

| | コメント (2)

2009/06/24

53とか3とか・・・。

Captop

例年4月に開催されていました

横利根川 53 pick up !

ですが、『夏の陣』として、7月12日(日)開催されることが決定しました。

詳細は、すださんのblogの左下フリーページをご覧ください。
【※→こちらです

それと、ついでに・・・

同フリーページに出ています『水郷オカッパリガイド』

すださん、5月から再開したようですので、興味のある方はどうぞ。
【※→こちらです

     ・

     ・

そして、今週末は・・・

W.B.S.  2009. Super 3 Days

ですね。

最近の霞水系は、雨降って、水門開けて・・・の繰り返しです。

今週も火曜日から金曜日まで、昼間水門開ける予定になっています。

果たしてどうなることやら。

今年は、このお方も出場されるようですよ!

008

そして、そして事務局長は今年、↓この方とチームを!

007 

前述のすださんのblogみたら、結構なプレッシャーのかけようでしたよ(笑)

優勝したら次回の霞探で、胴上げだとかっ!

皆で応援ですなっ。

いつもいい仕事するY口君も出場しますね。今回は「助手」だそうです(笑)

皆さん良い戦い期待しております♪

ちなみに、組み合わせ等詳細は →こちらです

■おまけ

Last

そういえば、昨日、何か荷物が届いていました。

『ムフフ♪』

です(笑)

| | コメント (2)

2009/06/21

久々にJHWでFuwa Fuwaと・・・。

Top

毎年、これくらいの時期になるとやり始める、ネコリグやJHWのfuwa fuwaスイミング系。先週くらいの釣れ方から「そろそろいっときますかっ!」という感じになってきたため、この土曜日(6/20)はこの釣りメインでの釣行をしてきました。例年春からよく使うJHWですが、今年は別の釣り方にハマり殆ど出番なし、おまけにここ最近はハサミ系の釣りばかり(笑)

そろそろやらないと、感覚とかリズムを忘れてしまいそう。

ということで前日、JHW用の1/16ozJHを補充。スイミング系でよく使うフリックシェイク(※ちなみに霞探用語では『つりっクしぇいく』です)を久々に取り出し準備完了。とりあえず、今回釣行の目的はこの釣りと北浦ロッコウ上流のポイント調査

ちなみに、次回のJ.L.B.A.はこのエリアで初開催のようですよ。で、次回のヨコタンも同エリア!しかも同日!

偶然なのか?狙いなのか?(笑)

まぁ、北浦の上流も盛り上げましょう!ってことで・・・。

そして当日の朝、夜明け頃家を出て、まずは飲み物等調達のため横利根近くのコンビニにピットイン。で、そのまま、近くのポイントで釣り。このポイントで釣りをするのも結構久々ですが、相変わらず人が多い!

とりあえず、空いてる場所で早速フワ釣り。

北浦行く前にとりあえず1本は釣っていきましょう。ということですが・・・、

釣り始めて15分くらい。ロッド操作等ようやく感覚が少し戻ったところで、

131cm

1本目31cmをGET!

その後、しばらくやりますが人の多さに嫌気がさし移動。

北利根を経由して北浦方面へ。

ここで、またまた寄り道。先週撃てなかったナサカの水門を少々チェック。水門の奥に投げて手前までフワフワ・・・

残念、異常なしでした。

予定よりかなり遅く北浦東岸に到着。

・・・と言っても、ロッコウ上流ではなく下流域。

ポイントを殆どしらないロッコウ上流は釣れる補償がないため、そのエリアに行く前に1,2本実績場所で釣ってから行こうという考え。

しばらく釣りをしていると、Hammerさんご登場!

「しかし、北浦に来ると必ずHammerさんに会いますなっ(笑)」

しばらくお話して、釣り再開。
(※Hammerさんは鰐川絶叫ポイントへ)

ここで、北浦西岸に居るMGさんから入電。

朝一、鰐川方面の生活廃材系護岸で、かなりの本数が出た!と・・・、そしてあの場所に課せられる『TAX:ひげ』の支払もしっかり済ませてきたようです(笑)
(※MGさん> すいません電話の内容一部引用させていただきました)

チョイ上流へ移動。

昨年かなりお世話になったスカ杭。

ここでもJHWのスイミング・・・

チョイ沖の杭に投げて手前までスイミング。

すると、手前で・・・

240cm

スキニーな40upをGET!

このバスは、かなり上のレンジで喰って きました。

ちなみに、ここまでのルアーは、

009
JACKALL BROS./FLICK SHAKE 4.8"(ナチュラル/ブルーフレーク) 1/16oz JHW

「よし、これでロッコウ上流に行けるっ」

・・・その前にもう一か所。

期待のシャローエリア。

減水でキツイかな?・・・異常なし。

ここで、早めの昼食。

まあ、ロッコウ上流はコンビニが少ないからね(笑)

次に入ったのが江川エリア。

近くまで来ましたがなかなかロッコウを越えられません。

ここも異常なし。

ここでようやくロッコウ上流。

まずは東岸から・・・

少しづつ釣り上がっていきますが、

どこも異常なし。

そして、次は西岸・・・

「だめだぁ、集中力が続かない」

・・・ということで、ロッコウ上流東岸だけで調査終了。

帰り道、おきまりのちょっと寄り道釣行。

いつものKJOで・・・

325cm

30cmに満たない子バスが2本出ましたが、うち一本は雑なランディングでバラシ。

ルアーは目的外ではありますが、この場所お決まりの、

016
Gary YAMAMOTO/4"KUT TAIL WORM (S.P.BLUE) NS

もう少しここで数を伸ばしたいところでしたが、疲労のため納竿。

帰りはパルナに寄り、以外と美味しいミスドのコーヒーとドーナッツを補充し、K'sへ。ハイシーズン真っただ中ですが、我慢出来ずメインロッド、グレイゴーストを入院させました。
(※TOPガイドの先端が微妙に欠け、ラインが傷つかないように、簡易な補修をしてだましだまし使っていましたが、もう限界ということでトップガイド交換です。)

・・・ということで、次回以降グレイゴーストの代わりのロッドどうしましょう?

久々に冴掛Mデレかっ?

それとも・・・ムフフ♪

| | コメント (4)

2009/06/16

W.B.S. 霞探 2009/2nd. 鰐川周辺

Top

6月14日の日曜日はW.B.S.霞探2nd.に参加してきました。

今回のエリアは鰐川、外浪逆浦の一部、北利根川、そして前川ということで、あれもこれも・・・、目移りしそうなエリアでした。で、私は事前調査の段階から前川を削除、最終的に北利根川も削除して、鰐川、外浪逆浦に絞りました。

     ・

     ・

とりあえず、前日現地入り。

翌日の体力温存を考えて、かなり緩めのスタート。

まず、釣りを始めたのがここ2週間風の影響でチェックできなかった、水門が絡むハードボトムの護岸。相変わらず水門廻りはベイトフィッシュ豊富。

ここで釣れたことはないですが、かなりの一級ポイントと思われました。

そして・・・

やっぱり・・・

137cm
37cmをGET!

その後は、車で移動しながらポイントを確認しますが、鯉釣りの大会で、チェックしたいポイントは殆ど入れず・・・。

仕方がないので、とあるテトラエリアを軽くチェックすることにしました。

すると、1時間程で・・・

233cm
2本目33cmをGET!

325cm
3本目<30cmをGET!

その後、今まで風の影響でチェックできなかったところを軽く流して

この日の釣行は早めに終了。

さて、当日どうする?

とりあえず、事前調査の段階で、一番よく釣れたのがテトラ。

その次が有望な水門、ハードボトム&沈みものが点在する護岸。

まあ、こんなところ・・・。

  • 水門絡みは、鯉釣り師等で撃てる可能性小
  • いつも釣れる、あの護岸エリアは多分メンバーが沢山入るので、一旦パス。とりあえず空いていたら入る程度と考えよう。(※実際、当日はかなりの賑わいだったようです。そして、やはりバスもキャットも沢山釣れてましたよ)
  • 出来ればテトラ撃ちはしたくない(実は嫌いなんです)。
  • でも、そんなことも言っていられない・・・。

     ・

     ・

・・・ということで朝一はいくつもあるテトラ帯の中から、

事前調査で一番反応の良かった一部のエリアに決定しました。

とりあえず、ここに入れば1本は捕れるでしょう。という甘い考え。

007

早朝、AS51に集合・・・諸々説明があってスタート!

今回はロケットダッシュをせず、ゆっくりスタート。

向かったのは・・・、↓こんな所。

004

ポイントに着くと早速釣り開始。

事前調査で掴んでいた、よく釣れるとある条件のところだけを一つ一つ永遠と撃ち続けました。

・・・が、まったく反応なし。(小さいアタリはあったけどね)

辛うじてozが・・・

Oz38cm
1本目38㎝をGET!

確実に1本は捕れると思っていたファーストポイントでノーフィッシュ。そして、かなりの時間を使ってしまいました。「これは痛いっ!」

次に入ったポイントは鰐川のテトラが隣接する水門。事前調査では一度も入っていませんが、たまたまポイントが空いていたので撃つことに・・・。

ここでは、浮き気味のバスに対応すべくリグっておいたLEG WORMのDSを投入。水門側、テトラ側・・・と撃つ場所を少しづつ変えての5投目くらい。

待望のバイト!

アワセると同時に30cmくらいのバスが猛烈にジャンプ!

バレましたっ!(泣)

「うぅぅぅ・・・このバラシは普段の釣行の10本分くらいのバラシに値するぅ。」

(・・・ってなくらいのショックでしたよ・笑)

その後は有望エリアを3か所程廻ろうと移動しますが、どのポイントも先行者、鯉釣り師で入れず。1か所なが~い護岸を経由して(異常なしでした)、ラスト一時間はサブとして頭の中に入れておいたポイントに入りました。

もう、この時点で「玉砕」濃厚!
(精神的にもかなり追いつめられてきたっ・笑)

普段の釣行なら、「まあ、そのうち釣れるよっ」ってな感じで結構お気楽なんですが、さすがに霞探ともなるとそうもいきません。

ラッキーを信じて撃ち続けますが、そう甘くはありません。

そしてラスト20分程・・・

ぎょ・く・さ・・・・

Kaz40cm

釣れましたぁ~♪
(玉砕一歩手前で、なんとか・・・)

安堵感たっぷりの1本です。しかも40up♪

「このバスは普段の釣行の10本分くらいに値しますよ。ホントっ!」

まあ、プラをまじめにやったし、これはそのご褒美ですな。
(プラの途中、マックやAS51でよくサボっていたことは忘れてください・笑)

残り10分、あと1本、2本・・・といきたいところですが、

「もう、今日はこれでイイよ。疲れたっ。フゥー」という気分。
(昨年はラスト一投でリミットメイク、Big Fishなんてこともありましたが)

結局車のあるところまで、やる気なく流してSTOP FISHING!

ちなみに、ルアーは先週の釣行から全て・・・

002
reins/リングクロー (スカッパノン) 1/16oz JH
(※前日の1本目のみ1/16oz TX)

     ・

     ・

     ・

昼食&報告会の会場へ

019

     ↓

     ↓

020

     ↓

     ↓

017

     ↓

     ↓

016

     ↓

     ↓

012

今回はかなり豪華な会場でしたよ。

そして、今回の報告会もトリを務めた方はこのお方・・・

Mizu

サスガ!トリ を任されるだけの内容あるネタでしたよmizuさん(笑)

そして、今回はさらに釣行中のネタも・・・

Ryug

りゅう爺さんには次回からライジャケ着用が義務付けられました(笑)

09net2nd

以上、皆さんお疲れ様でしたぁ~。

| | コメント (12)

2009/06/10

週末はまたまた鰐・逆・常・・・。

019

この週末はまたまた、鰐川~外浪逆浦~北利根川あたりのポイント調査をしてきました。ご存知のようにJB TOP50霞ヶ浦水系戦が行われておりましたが、このあたりはスタート地点も近く、おまけに北浦以外で釣りする選手は皆通る場所のため、かなり湖上の賑わいを感じました。

もちろん、ポイントバッッティングも多数ありましたよ(笑)

    ・

    ・

土曜日の朝・・・、何時スタートだったか忘れましたが、マックに寄ってから緩めのスタート。この日確認しておきたかったポイントは北東の風が強くまたまたパス。おまけに結構な雨。風裏となるポイントに入ろうとすると、先行者アリ・・・そしてTOP50ボート2艇程!

仕方がないので、ナサカを抜けて北利根方面の橋脚のある場所でとりあえず釣り開始。確か7:30前後だったかな。釣りを始めると沢山のボートが現われました!

「アレッ!TOP 50のスタートってこんなに遅い時間だったの!」

001

橋脚エリアのデッドスロー走行・・・、

急減速して、ゆっくり走り、また急加速。

この速度の緩急に思わず釣りを忘れて見入ってしまいました(笑)

しばらくここで釣りをして、大移動。

次は、ドッグがからむ単なる護岸。ここはドッグからとある起点まで水深が少しづつ変化しているハードボトムのポイント。端から下流方面に流していくと、その日の丁度よい水深の場所で大体アタリがあります(※バイトがある場所は毎回マチマチ)。この日は昨年釣れた位置より結構下流側でアタリが出て・・・

しばらくすると明確なアタリ!

138cm

1本目のナイスサイズが出て、とりあえずひと安心。

雨も朝から強めということもあり10時を回った頃、早くもAS51へ買い物。そしてそのまま、早めの昼食。

昼過ぎに雨が弱くなったところで釣り再開。

北東の風は相変わらず強いままですが、風があたるポイントをチェック。しかし、水門開放もあってか流れも強く、おまけに水も朝に比べ白濁してきました。

仕方がないので、またまた大移動。

途中、今回オブザーバーでTOP 50選手に同船していたきたろうさんを見つけてご挨拶。(ちなみにそこは、1本目を釣ったエリアでした・笑)

途中、一か所水門をチェックして・・・、強風、水門開放による強い流れ、そして白濁した水を避けるためのポイントにやってきました。

とあるモノのインサイド

やはり、ここは水が良い!

そして、やっぱりTOP 50選手も一艇居ました。

しばらく釣りをせず様子見。選手が流す方向と逆の方面にかなり距離をとって釣り開始。アクションを微妙に変えながらチェック。

すると、ozが1本目25cmをGET!

Oz25cm

「その魚今日釣らずに明日釣りなさいっ 。一応キーパーですからね・笑」

そして、しばらく探ると私の方にも・・・

236cm

2本目のナイスサイズが来ました!

そして、引き続き・・・
(途中、このポイントにTOP 50選手2名程到着)

337cm

3本目のナイスサイズ!

連発モードで・・・

433cm

4本目をGET! こちらは少々サイズダウン。

・・・という感じでこのポイント終了&ポイント調査終了。

そして、5本釣ってこの日の釣りを終了するために、別の流入河川で釣り。この春見つけた、岸際の沈みモノを丹念に探りなんとか5本目33cmをGET!

533cm

その後も同じ沈みモノのピンで1本掛けましたが、抜きあげでバラシ、

この日の釣りは終了。

    ・

    ・

    ・

土曜日は佐原のホテルに泊まり、翌朝の日曜日は朝4:30に新利根松屋さんへ(ちなみに、このホテル・・・翌日の決勝に残ったTOP 50選手が何名も夜遅くまで飲んでいましたが、大丈夫でしょうか?しかし、凄い体力ですね!・笑)

014

ozのJ.L.B.A.第1戦です。

015

↑今回は事務局長がビデオ撮影をしていましたよ。

スタートを見届けとりあえず鰐川方面へ。

相変わらず北東の風が吹いているため、マックでしばらく待機。

ここで、早朝から鰐川で釣りをしているMGさんに電話して、風の状況等を確認。「風のあたる護岸はギリギリレベル。とりあえず1本出た」とのこと。

待っていても風向きが変わる気配がないので出撃することに。風裏を目指してナサカ方面に車を進めるとMGさん発見。少々状況を聞き、さらに下流方面に移動。この間にMGさん2本追加したようです。

湖面の状況を見ながらさらに下流へ。

結局北利根まできてしまいました。

とりあえず、1本釣って落ち着きたいので、前日釣った場所と同じような条件のところで釣りを開始。そして10分後・・・

2132cm

1本目32cmをGET!

とりあえずこれで落ち着いた♪

その後、北利根上流方面に移動して、とあるポイントをチェック。

MGさんも合流して、情報交換しながらまったりモードで釣り。

ちょうどこの前後くらいの時間帯から太陽が出て気圧も上がり始めました。昨日の天候の流れ等を考慮すると、なんだかイマイチな雰囲気になってきました。

この場所で結構時間を費やし、さらに上流を車で移動しながら軽くチェック。結局北利根潮来大橋付近まできてしまいました。

ここで、釣れないと思いながらも、「何かいいピン見つからないかなぁ?」と相変わらずまったりモードでこの付近をチェック。200m程遠足しましたが、結局な~んにも見つかりませんでした(笑)

そうこうしているうちに釣りを出来る時間が1時間半程に!

急いで、鰐川方面に戻り、風裏のポイントをチェック。本当は今風があたりザバザバのポイントをチェックしたかったのですが・・・

しばらくして、再びMGさんと合流&情報交換。
(目の前ではTOP 50選手が釣りをしていました)

その後2本追加したようですが、「ピーカンになって以降の釣れ方はかなりシビア!朝の魚とはまったく違う」という感じだったようです。(※詳細は割愛します・笑)

このポイント、選手が入れ替わり入ってきたため、遠慮気味に残り時間釣りをして、STOP FISHING!

020
※↑こちらは釣りビジョンのカメラ同船の「Mr.キャスティング」プロ

     ・

     ・

     ・

お昼になりJ.L.B.A.のウェイインを見るため、新利根松屋さんへ移動。

ロドリゲスM田さん率いるozチームは・・・、

Jlba1st

タフコンディションの中、唯一のリミットメイクで、

こういう結果に!

026

↓賞品でDAIWAのロッドも頂いたりして ・・・

Jlba1st2

「何っ!このロッドにつけるリール買えってかっ?(笑)」

とりあえずは、お疲れ様でした。

ちなみに、この週末釣ったワームは全部これ↓

024
このハサミでした(笑) 一軍決定ですなっ。
(※ozがJ.L.B.A.で貴重なキーパーをGETしたのもこのハサミでした)

以上、翌日役立たず必至の週末でした!

| | コメント (14)

2009/06/02

はさみふぇち?

100_7769

クロー系のハサミの動きに注目するようになったきっかけのワームは、

やっぱりコレッ↓

100_7778

何年前だったか忘れましたが、このワームのパッケージに書かれているハサミの構造の解説を読んで、思わず買ってしまったのが始まり。

そして、水中で動きを確認。

「フムフム、なるほど・・・♪」

実際使ってみて、まあ、それなりによく釣れてくれました。

でも、このハサミの動きが良いのかどうか?

ハサミへのバイトが集中し、片腕でワームが戻ってきた。

・・・なんてことも多数です(笑)

で、最近・・・

似たようなコンセプトの新たなハサミを発見!(最近の発売かな?)

100_7773

よせばいいのに、やっぱり買ってしまいました(笑)

まだ、本格的には使ってませんが、まあ、それなりに釣れてくれるでしょう。

多分ねっ。

そして・・・、

もちろん、↑「⑨」のワームと同じく片腕もがれる事も多数なんだろうなぁ。

と思ったりしていたところに、

きたろうさんblogの衝撃の画像(笑)
(※↑この画像、けっこうお茶目で好きです)

きたろうさんご本人に聞いたところ・・・

やっぱ、『ハサミは結構ヤラレテしまう』と・・・。

「でも・・・、片腕でも十分釣れるよっ♪」だそうです(笑)

「なるほど!片腕のアンバランスも魅力なのかぁ?」

そういえば、村上さんが、

『アンバランスのバランスってのもある。』

・・・なんて言ってたなぁ。

うん?チト意味が違うか???(笑)

| | コメント (18)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »