« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/24

ZERO STYLE

004

煙草屋さんの店頭の喫煙コーナーでタバコを吸っていたら、『無煙たばこ』の広告が目に入りました。

で、そのままお店に入り興味本位でひとつ買ってみましたが・・・、

『パイポ』と殆ど変らない感じ。
(もしかしたら、メンソールタバコを吸っている人にはイイのかも?)

でも、雑誌なんかの記事によると「バカ売れ」らしいです!

007

でも、なかなかネイミングがいいっすねっ(*^ー゚)bグッジョブ!!

で、せっかくなんで、バス釣りの方の『ZERO STYLE』ですが・・・

昔から定番としてよく使っていたのがこの二つ。

010
Gary YAMAMOTO/4"KUT TAIL WORM

011
Gary YAMAMOTO/4"YAMASENKO

最近は、使用頻度が減りましたが、季節問わず出番が多いワームです。
(まぁ、ご存知のように、よく釣れてくれます(・∀・)イイ!)

ちなみに、この2つはオフセットスタイルで使用します。

そして、ここ最近、なぜか夏場に出番が多くなっているのがこの2つ。

008
SAWAMURA/BULLET  3/16ozクラス・3"

009
Gary YAMAMOTO/3"FAT YAMASENKO

ちなみに、こちらはワッキースタイルで使用します。

しかし、梅雨明けしてからの暑さはハンパナイですねっ!こう暑いと、釣りをする気分がねぇ・・・(@Д@;
(※夕方のみだったらウェルカムなんだけど)

あぁ、早くも秋が待ち遠しい。。。

| | コメント (0)

2010/07/19

あっ暑いぃぃぃ!

Mktop

3連休の中日はヨコタンということで、2週間ぶりとなる霞へ・・・。今回のエリアは仲間内含め、普段殆ど釣りをすることのない某水路系河川。一部を除き、釣り場にどう車でアプローチしたらよいかもよくわからないエリアです。
(※昨年の霞探2nd.のエリアに含まれていましたが、自分は釣りをするエリアから真っ先に削除しました( ̄ー ̄)ニヤリ)

・・・ということで、3連休ということもあり、前日の土曜日から霞に出撃。とりあえず午前中、釣り慣れた場所で魚を触ってからその河川廻りをウロウロしようというプラン。

・・・で、朝6時くらいから釣りを開始。しかし、この日は『梅雨明け』ということで、この時間帯から猛烈な暑さ!「釣りを始めるのが2時間遅かったか?」と後悔( ̄○ ̄;)! まずは、底を少し切ってスイミング気味に、エリアを早いテンポで移動しながら様子見。しかし、これといった反応がない。

・・・ここで、フォール中心の釣りに変更。

JHWやスモラバをキャストし、着底後リグを少しあおり、スイミング気味にチョンチョン・・・とやってピックアップ・・・、そしてキャストの繰り返し。

すると、ようやくバイトが出始めました。(※以下、詳細は省略)

Y134cm Y2non
Y3non_2 Y436cm_2
【34cm,<30cm,<30cm,36cm】

結果は・・・、まあこんな感じで、1時間に1本という微妙な釣れ具合。それも1エリア1本なんとか絞り出す感じで連発はなし。釣れたバスはフォール後直ぐラインが走るパターンと着底後のスイミング直後にルアーを持ってくパターンでした。

ちなみに、ozはバラシなどもあり、

Ozy1
キャッチできたのはこの1本のみでした。

流石にこの暑さの中、連発なしでは集中力が続くはずもなく・・・、お昼までもたずに午前の部終了。長いお昼休憩をはさみ、午後からは翌日釣りをする川周辺をドライブで廻りました。

そして、道をだいたい把握し、夕方近くになり幾分か涼しくなったところで釣りを開始。

「しかし、釣れねぇ~」

結局、最後はこの川で唯一知っているアブレなしポイントに入り・・・、

M1non

30㎝に満たないノンキーを釣って終了。
(ちなみに、このバスもフォールで喰ってきました。)

そして、翌日の日曜日・・・、

前日の反省から、珍しく早起きして4時半頃から釣り開始。

とりあえず、前日の夕方にバスが釣れたアブレなしポイントでとっとと1本釣ってしまおうという考え。そして、前日釣れたピンで予想通りのバイト!

しかし、ジャンプ一発バレぇ(´;ω;`)ウウ・・・

Ozm1

でも、ozは早々にキャッチ。

結局、自分はアブレなしポイントでアブレてしまいました( ̄○ ̄;)!

その後は、小移動しながら釣りを続けますが何も起こらず。
(※ozはこの間に2本目をキャッチ)

結局、朝の涼しい時間帯はノーフィッシュで終了。

と同時に早くもこの川での釣りに飽きてしまいました。普段の釣行ならここで、直ぐ別の川や本湖に移動するところですが・・・、そこはヨコタンのいいところ・・・?

エリア縛りがあるため他のエリアでの釣りは出来ません。
(しんたろうさんは、鰐川に気分転換のため逃避したようですが・笑)

ということで・・・、

Mac
私は気分転換のためmacへGO! ( ^ω^)おっおっおっ
(※ちなみに、幹事のMGさんは、『白帆の湯』に行きましたから・笑)

・・・macで気分転換してからは、もちろん釣り再開。
(朝マックセット補充でだいぶやる気が復活しましたよ)

2エリア程廻り、次に向かったのが昨日目星をつけておいたエリア。

この日はフォール系の釣りがメインプラン。出来れば使わずに・・・と思っていましたが、ボウズ逃れのためここでDSを投入。

M125cm

リグを替え10分後・・・、

小バスですがアッサリ釣れてくれましたι(´Д`υ)アセアセ

その後上流方面に向け移動。お昼になり大分陽が高くなってきたところで、こちらも前日目星をつけていたエリアへ・・・。

Mm

ここは川の半分くらいが水面ヒシモで覆われ、対岸にコンクリート塀があるところ。陽が高くなったタイミングでこの塀で出来たシェードをフォールで喰わせる狙い。

・・・で、早速、IMOのノーシンカーを対岸の塀ギリギリにキャスト。

そして2投目、着水後直ぐにラインが走りました。

30㎝くらいのバスですが猛烈に走ります。

そして、ヒシモ帯へ。

・・・結局「ヒシモ化け」でキャッチ出来ず( ̄Д ̄;;

その後粘って、2本フォールで喰わせましたが、全てバラシと結果は最悪。でも、この釣りはかなり楽しめましたね。

でも、ozは同じ釣りでちゃっかり・・・

Ozm3

この日の3本目をキャッチ!完敗です( ̄Д ̄;;

・・・という感じで、お昼の集合時間になったので釣りは終了。

まぁ、ある程度予想はしていましたが、パッとしない釣行となってしまいました。

一応、今回釣果のあったリグは、

S2
JACKALL BROS./4.8"FLICK SHAKE (グレープ/グリーンフレーク) 1/32oz JHW
(・・・34cm,<30cm)

Sr1
自作スモラバ1/32oz+G.YAMAMOTO/2.5"LEG WORM (PLAM/EMERALD FLK)
(・・・<30cm)

S1
Gary YAMAMOTO/THIN SENKO (S.P.BLUE) 1/32oz JHW
(・・・36㎝,<30cm)

S5
Gary YAMAMOTO/2.5"LEG WORM (PLAM/EMERALD FLK) 1/16oz DS
(・・・25cm)

以上・・・、暑いぃぃぃ中、皆さんお疲れ様でしたぁ~。

| | コメント (6)

2010/07/14

WORM 322 #2

001

JIGHEADやHOOK等各種・・・、

一応使うものはなるべく固定するようにしています。

そんな中、結構流動的なのが、自分の場合オフセットフック。

ある程度消耗すると、その時の気分で商品を選んで補充している状況です。ただ、小さめのワームに使うDS用オフセットフックだけは、最近ようやく固定されました。

それが、冒頭画像のGamakatsu/WORM 322 #2

これが絶対イイということではないのですが、昨年くらいから色々試し、感覚的にしっくりきたので、一応これに決定した次第です。まぁ、その他JH,ワッキーフック等もそうですが、『どれがイイか?』を科学的に検証、そして実証することなんて出来ないですから、最終的には自分基準の感覚頼りということになります。

『たまたま、その時調子良かったとか・・・、たまたまイイ感じが続いたとか・・・』

そんな事が決定打になってる可能性も大です( ̄ー ̄)ニヤリ

まぁ、このあたりは、お気に入りワームカラーなんかも似たようなところがあるような気がしますが・・・、

それでも、こういうのって精神的部分で意外と大事だったり・・・ねっ。

| | コメント (0)

2010/07/11

Long Rod

Rod

ここ最近、メインで使っているスピニングロッドがこの3本。

  • STZ 681 MLFS-SV  KIBGBOLT
  • STZ 601 LXS-TA  GRAY GHOST
  • HL-Z 6101 MLFS-SRV  HAMA SPINNING SPECIAL

3本ともそれぞれ非常に個性の強いロッドです。

で、ここ2年くらい特に使用頻度が高いのがMLクラスの2本。長さは6'10"、6'8"と長め。6'0"を基準に、ほとんどこの長さばかり使っていた頃は、『6'6"以上のスピニングロッドなんて扱いにくいよね』と思っていましたが・・・、Long Rodも使って慣れていくうちに、マイナス要素は殆どなく、逆にプラス要素ばかりで、段々手放せなくなってきました。(※シャッドなんかの細かい操作は、やっぱ6'0"がイイねっ)

MLクラスなんで、ULやLに比べたら、全般的に硬く、繊細さに欠けるイメージがありますが、トップからベリーにかけて(特にベリーが大事かな)のアクションによっては、以外と幅広く使えてしまうなぁ(特殊な状況は除く)と感じています。

ちなみに、6'0"のGRAY GHOST・・・、

この異端児ロッドも、もちろん手放せないのですが、全体的なテイストそのままに、6'6"~8"あたりに長くして、もうワンランク、パワーアップしたバージョンがあると最高なんだけど・・・と最近思っておりますが、いかがでしょう( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (2)

2010/07/05

北浦上流部から鰐、浪逆まで・・・。

Top3

7月3日の土曜日、またまた北浦方面で釣りをしてきました。

朝は、J.L.B.A.2nd.のプラをするozをサンワFハウスに送りとどけてから釣行開始。まずは、金上ワンドの気になるエリアをちょっとだけチェックし、7時の地合のタイミングで、アブレなしポイントに入りました。

とりあえず・・・、

ポンッ!
10703non

ポンッ!
20703non

ポンッ!と・・・
30703non
30㎝未満の小バスを3本キャッチ( ̄○ ̄;)!

その後、北浦上流域を数か所程、足早にチェックして、中下流域に移動。
(途中、シャローちょうウケるチーム4days目に遭遇しましたよ(・_・)エッ....?)

すると、驚くべき光景が∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

なっ、なんと・・・、

北浦が河口湖のようにクリアレイクに~(°°;)))オロオロ(((;°°)~。

水面にアオコの粒子が少しあるものの、水深2mくらいのところでもボトム丸見え状態となっていました。

ここまでクリアだと、釣りになりません。

でも、こんなチャンスは滅多にない・・・、釣りをしばらくストップし、今までシンカーを通してのみ把握していた、ボトム形状や沈み物を視認することに専念しました。実績場所を幾つか廻り、エリア全体の底質やピンの沈み物などを確認・・・、今まで想像の世界でしかなかったものが、はっきりとわかりました。
(※想像してたものとは、実際違いましたなっ!特に沈み物は)

『やはり、釣れるべきところは、それなりの理由がある( ̄ー ̄)ニヤリ』

・・・という感じで、釣りもロクにせず、下向き姿勢で護岸を歩き回っていたらあっと言う間にお昼になってしまいました。

・・・昼食を済ませ釣りを再開。

クリアな水質を避け、さらに下流に移動。いつものマッディな水質になっていた鰐川、外浪逆浦エリアで釣りをすることにしました。

そして・・・

40703non
またまた、ノンキー( ̄○ ̄;)!

50703non
やっぱり、ノンキー(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

そして、この日6本目にして・・・、

6070334cm
ようやく、34㎝をキャッチできました( ̄Д ̄;;

・・・もう少し、ナサカ方面をやりたいところでしたが、プラが終わったozをむかえに行くために、再び北浦上流部に移動。

この日は、あまり釣りをしてないので、まだまだ元気。

ということで17時頃から北浦上流部で夕方の部再開。

で、ここでも・・・

70703non
またまた、ノンキー( ̄○ ̄;)!

80703non
さらに、ノンキーι(´Д`υ)アセアセ

・・・ここで、大きいバスを求めて、ハマパラ水路へ移動。

どんな釣り方が良いのかイマイチわからないので、とりあえず、大遠投して、フリックJHWの水面直下引きで・・・。

すると・・・

9070337cm
サイズアップ!の37cmが水面直下でバイト。

引き続き同じ攻めで・・・、

この日の10本目は・・・、

10070347cm
ど~んっと出ました47cm!(流石、ハマパラ水路ですなっ)

・・・水路の釣りは30分で飽きたので、再び北浦本湖に戻り、

昼間見つけたニュースポットでこの日最後の釣り。

鉄杭のフォーリングで・・・、

110703non
11本目をキャッチ!(<30㎝)

しばらく、周辺を探り、再び同じ鉄杭。

先程の喰い方の感じから、まだバスは居るはず・・・、

120703non
やはり居ましたなっ!

・・・12本目の納竿フィッシュ(<30㎝)は、着水と同時に気持ちよくラインが走ってくれました。

・・・という感じで、この日の釣行は終了。夕方1時間半程で47cmを含む6本キャッチとこの日のイブニングサービスはなかなかなものでした(*^ー゚)bグッジョブ!!

・・・そして、翌日(7/4)
036

J.L.B.A.のスタートを見届け、お昼のウェイインまで時間つぶし。

まずは、ハマパラ水路で、O野さんの本命雷魚GETシーンを拝んでから北浦下流域まで大移動。結局、この日も浪逆まで来てしまいました。

・・・で、結局バラシなどもあり釣れたのは、この1本のみ。

1070438cm
アタリを出さずに喰ってゆっくり走り出した38㎝です。

・・・お昼近くになり、再び北浦に戻り時間調整。

前日の夕方ちょっとやったハマパラ水路へ。

すると、この水路の管理人Hammerさんが居ました( ^ω^)おっおっおっ

Hammerさんとお話しながら、前日と同じリグ、同じ釣り方を続けていると・・・、

2070447cm
またまた47cmをキャッチ!

なんと、前日釣った同じバスが再びバイトしてきました(*^ー゚)bグッジョブ!!
(※前日釣れた位置から50m程離れていたのに、同じバスが喰ってくるとは!しかも同じリグで同じような喰い方。このバスはフリックシェイクが大好物のようです( ̄ー ̄)ニヤリ)

・・・お昼になったので、サンワFハウスに戻り、J.L.B.A.のウェイイン。

035

なかなか厳しいコンディションだったようで・・・?
(んズガーンさんのスニーカーがイケてますな( ̄ー ̄)ニヤリ)

     ・

     ・

     ・

・・・という感じで、ながーい週末は終了。

ちなみに、今回の釣行でのリグは・・・

S5
Gary YAMAMOTO/2.5"LEG WORM (PLUM/EMERALD FLK) 1/16oz DS
(・・・<30cm,<30cm,<30cm,<30cm,<30cm,38cm)

S1
Gary YAMAMOTO/THIN SENKO (S.P.BLUE) 1/32oz JHW
(・・・<30cm)

S2
JACKALL BROS./4.8"FLICK SHAKE (グレープ/グリーンフレーク) 1/32oz JHW
(・・・34㎝,<30㎝,37cm,47cm,<30㎝,<30cm,47cm)

・・・以上、25cm以上のバスは比較的イージーに釣れるけど、30㎝の壁が厚い!そんな北浦方面での釣行となりました。

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »