« Basser 2017/03 | トップページ | Suitcase »

2017/02/05

モノの舞台裏...Pavlo Shad

O0960072013861737773

前記事の続き・・・って感じですが、Basser 2017/03のモノの舞台裏は、

Bantam Pavlo Shad 59SP MR

でした。




内容詳細は、もちろんここでご紹介できませんが(※皆さん購入して読みましょう!)笑・・・、興味深いSHADですねぇ~(^^♪

ちなみに・・・、






O0960072013861722967

以前から当blogで触れてたように・・・、この自転車部品メーカー大手の釣具は基本的に、買わ●い主義でおりますが・・・、






このBantam Pavlo Shad 59SP MRは発売されたら買いますよ~(^-^;







O0960072013861722877
まぁねぇ~、1997年10月、忘れもしない、北浦山田ワンド・・・、
人生初バス、そしてセカンドバスをスピナーベイトで釣った事・・・、
なんとそのスピナベはその自転車部品メーカー大手のモノだったんですよね!笑
(※↑画像は、その時撮影したプリントです。当時は、まだデジカメが大衆化してなかったから、プリントカメラで撮ったんだよなぁ~)






・・・って、若干話がそれましたが、

このシャッドは、山木さんが約1年半にわたり約20個ものプロトタイプをテストして完成にこぎつけたプラグだそうで、もう期待が高まってシカタナイですね。

ちなみに、山木さんとは2010年6月5日・・・、佐原の某ホテルで、まぁ、色々ありまして、自分が宿泊する客室で一緒にビールを飲んだというご縁があります(※TOP50北浦戦中で佐原の某ホテルに宿泊されていました)。2010年といえば、ソウルシャッドの発売された年で、この時は、発売前ということで、ソウルシャッドに開発段階から興味を抱いていた私は、そのアツイ想いを山木さんに伝えると、プロトのソウルシャッドを「よかったら・・・」



と・・・、





O0960072013861722727
で、その時、お預かりしたプロトが↑こちら~~、初公開です笑

画像加工してますが、もちろん、見てお分かりのとおり、未発売のカラーですよ。今でも大事に大事に保管しております。








ということでBantam Pavlo Shad 59SP MR・・・、発売されたら即購入予定。早く巻き心地、引き心地を体感したいですo(^-^)o ワクワクッ







・・・そして、最後に前記事の続きってことで、ワームの3色に続き、ハードルアーの3色を以下の通りご紹介。まぁ、もちろん、これも自分の思い込みってことで、軽くスルーしてくださ~い。笑








■①:ホワイト系カラー
O0960072013861723093




■②:シルバー系カラー
O0960072013861723035




■③:金黒系カラー
O0960072013861722796





・・・以上、こんな感じで頭の中を整理しています。

これらが、絶対的に・・・とか、釣れる・・・とか、そういうことでなく、これくらいシンプルに整理していると、使うときに迷いがなく良いですよっ!まぁ、自分はこの3系統カラーに絶対的な自信をもって使ってますけど・・・。笑

|

« Basser 2017/03 | トップページ | Suitcase »

hard lures」カテゴリの記事

Monthly Bassfishing Magazine Basser」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Basser 2017/03 | トップページ | Suitcase »