« フィールドコンディション...良いの?悪いの? | トップページ | New Rodで北・横...を! »

2018/06/03

別誂 冴掛 710 AGS

O0810108014203745223

先週ですが、予約していたロッドがようやく届きました。

ハートランド倶楽部会員先行発売ということで、2月下旬に申込、3月中の発売の予定でしたが、3月下旬にショップに問い合わせたところ、「予想を上回る予約状況で製造遅延で発売は6月までずれ込むかもしれない?」との回答があり...、なんとか5月中に間に合って着弾という感じです。

ちなみに、オーダーしたロッドはツーピースなんで、冒頭画像の通り、梱包の段ボールはワンピースに比べコンパクトです!






O1080081014203745229
じゃんっ!ワクワクの開封です笑







O1080081014203745213
じゃじゃーん!綺麗なスレッド!!






O1080081014203745232
グリップ部...、メープルウッドシートのリールシートはいい感じ!






O1080081014203745218
ブランクはレジン量を極端に減らしたカーボン繊維を密入したSVFコンパイルX






O1080081014203745233
ガイドはもちろんAGS...、ちなみに全部で11個!進行中の老眼には、糸を通すのがキツイ笑





O1080081014203802050
ちなみに、MODEL NO.とスペックは以下の通り(※DAIWA HPより

■7102L+FS-SV AGS18【別誂 冴掛 710 AGS】

不朽の銘竿「冴掛」の冴え渡る掛け心地を継承し、「もっと飛ばしたい、もっと遠投先の感度をあげたい」という誰もが思う「もっと」をPE PERFORMANCEコンセプトと共にダイワテクノロジーで形にした。遠投性能と低伸度の特性を持った細糸PEラインがもたらす感度を次世代『AGS』を採用することで昇華。ハートランドのフラッグシップのみに許された唯一無二の製法であるレジン量を究極まで減らし繊維量を密入させたSVFコンパイルXを細身肉厚に巻き弾性率を高弾性化させることで竿がベントしたときの反発スピードがさらに高速化され、別誂 冴掛では届かなかった範囲までを射程範囲にする遠投性能はもとより、更なる高感度を手に入れた。村上晴彦とハートランドによりデザインされたテーパーはティップの先端から元まで淀みなくベンディングカーブを描く村上調子となっており、まるで柔と剛という相反する要素を両立した仕上がりになっている。







...で、この7ft.10in.のロングロッド・・・、

問題の車載ですが笑




O1080081014203745238

まぁ、ツーピースなんで、セパレートでロッドホルダーに装着も可です。









・・・が、





O1080081014203745245
継いだまま1本でセットしてみると・・・、





O1080081014203745249
うん?...う~ん??






O1080081014203745250
フロントガラスまで結構いって、ちょっとアウト!な感じですが、なんとか車載できました笑









・・・で、早速昨日の釣行で使ってきましたが、入魂の1本目は、











O0810108014203745220
こんなバスでしたぁ~~!...ちょっとだけチラ見せ(笑)







ということで、その時の釣行記は、作成中...出来次第アップします。

7ft10in.ってやっぱなげぇなぁ~~!

|

« フィールドコンディション...良いの?悪いの? | トップページ | New Rodで北・横...を! »

Rod/Reel」カテゴリの記事

コメント

むむむ。
チラ見せのパワポネコ(笑)
気になるなぁ〜

投稿: へびん | 2018/06/03 21:01

へびんさん>
どもども。

パワホネコ使って、しっかりイイのが釣れました( ̄ー ̄)ニヤリ
自転車屋さんのリールではないので、当然バラシなくキャッチです(笑)

投稿: kaz | 2018/06/03 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィールドコンディション...良いの?悪いの? | トップページ | New Rodで北・横...を! »