« Shrimp? | トップページ | バス釣り関連メーカーHPリスト更新 »

2018/09/02

New AJING RODで・・・うん?...アジ??

20180901_top

・・・ってことで、またまたAJING RODを黄色い店で購入してしまいました。



2年前に初めてAJING RODを購入し、一通りロッドを堪能したのですが、ビンビンの棒を扱ってるかのような感覚に飽きがきてしまい、同黄色いお店に売却・・・、正反対のマイルド系となったこのAJING RODの塩梅が試したくなり、今回の購入となりました。





ちなみに、購入したロッドはこちら・・・、

O1080081014258869452
DAIWA/月下美人 EX AGS AJING 64LS-SMT・E

「使ったら後戻りできない、アジング最先端の標準機」
漁港を中心に、あらゆるフィールに対応するハイグレードなオールラウンドモデル。ジグヘッドリグを中心に、スプリットショットやプラグまで、あらゆるルアーをカバー。新採用のSVFコンパイルXナノプラスブランク&軽量・高感度の「AGS」をさらに昇華させた新型「AGS」の搭載により、基本性能もオンリーワンの領域で。超感度トップの「SMT」との相乗効果により、いつもの釣り方がまったく違うものに変わるフィーリングを、ぜひ、ご堪能いただきたい。アジングロッド、ここに極まる。






...ということで、特筆すべきスペックは、「SVF COMPILEX nanoplus」とニュー「AGS」の組合せ!おまけに、トップは「SMT (SUPER METAL TOP)」ときたもんだ!!

O1080081014258869427

ちなみに、DAIWAのバスロッドで、現在、この「SVF COMPILEX nanoplus」「AGS」の組合せスペックが許されているのは、STEEZのレーシングデザインのみ。あの(...実質的ダイワ最高スペックと自分は思っている・・・)ハートランドですら「SVF COMPILEX」と「AGS」組合せまで・・・、この最高峰スペックの組合せがAJING RODで味わえちゃうんですから、、ねっ!





O1080081014258869455
また、前回購入した月下美人 EX AGSシリーズで気に入らなかった、グリップ部分もこんな感じで、握りやすく改良されています(*^ー゚)bグッジョブ!! 前のは、ホントっ、棒を握ってる感覚でしたから(笑)







O1080081014258869430
リールシートもこんな感じで随分とバスロッドっぽくなってきましたよ!!







O1080081014258869435
こちらが、SMTを搭載したトップ部です。

『SMT』は、超弾性チタン合金で出来ておりしなやかかつ高感度。視覚(目感度)にも触覚(手感度)にもしっかりとアタリを伝えてくれるとのこと。また、柔軟であり、振動を長く伝える優れた特性のある超弾性チタン合金とカーボンやグラス素材をハイブリッドして、それぞれの用途に最適な調子と軽量化を実現しているTOP素材だそうです。







そして、組み合わせるリールですが、赤系コスメのバランスを考慮し・・・、












O1080080914258869439
こんな感じでしょうか?...赤多すぎ!笑














20180901_mid

...ってことで、早速、昨日(9月1日)半日だけ霞に出撃して、ロッドの具合を試してきましたが・・・、





なっ、なんと!




2投目で魚が釣れてくれたのですが・・・、

















O1080081014258869446
アジか?と思わせるほどのNon-kee君でした(/ ^^)/アリガトネ

アジングロッドでバス釣りしたら、やっぱりアジのようなバスが釣れた!

っていうオチです( ̄○ ̄;)!

で、その後は、ショートバイト多数に翻弄され追加出来ず、、集中力が切れて納竿にしようか?と思った時に、matsuさんがいつも釣りしてる、自分があまり知らないエリアに偵察に行ったら・・・、







O1080080914258869450
31㎝のバスらしいバスが釣れてくれました。これは、matsuさんのお陰フィッシュ・・・、まぁ、バスロッドを使ったらバスらしいバスが釣れてくれた!ってオチですな( ̄Д ̄;;







ちなみに、この日のルアーは、








O1080081014216416311
Gary YAMAMOTO/3" SHRIMP (DK BRWN BLUE/GILL)  1/32oz 根こリグ
【・・・<30㎝、32㎝】






・・・以上、ニューアジングロッドでのバス釣りでしたが、アジサイズが1本釣れただけで、もう少しバスを釣って、このロッドの具合を確かめたいところ。ファーストインプレッションとしては、前評判通り、ラインスラッグを出しやすい、ロッドのダルさがあり良いですが、あと少しだけハリがあると最高なんだが・・・という感じ。それと、タテ捌きメインの房総フローター釣行や、冬の管理釣り場では、最高に楽しそうなロッドと感じました。霞のコリコリハードボトムをヨコ捌きで扱うには、あと少し硬さ&ハリが必要って感じですかね。とりあえず、もう少し釣り込んで楽しみたいと思っています。...あっ!シャッドでの感じもみてみたいねっ!!

|

« Shrimp? | トップページ | バス釣り関連メーカーHPリスト更新 »

2018年釣行記」カテゴリの記事

Rod/Reel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Shrimp? | トップページ | バス釣り関連メーカーHPリスト更新 »