« Culture Day Fishing! | トップページ | 横・常陸利根川... 護岸流し »

2018/11/07

情報をどう捉えるか?

O1080081014299008318

バサクラでの小森プロの優勝で、そのウイニングルアーであったカリフォルニアロールに注目が集まり、霞・利根川水系界隈では、カリフォルニアロールが各ショップで売れてるのではないか?と想像されますが(笑)・・・、




10月中旬に開催されたJB TOP50 霞戦からバサクラまでの流れでいくと、注目すべきルアーは、カリフォルニアロールではなく・・・、







O1080081014299008321
このジャッカルのクランク...チャブルではないでしょうかねっ。









ちなみに、そのTOP50 霞戦のmethodでは・・・、





■3位の選手のmethod
O0809108014299008281




■5位の選手のmethod
O0810108014299008271

こんな感じです。

JB TOP50霞戦でのスカパーオンデマンドの放送中の解説のみならず、バサクラでのAbema TVでの解説でも、、このチャブルと言うルアーの霞水系での有効性が触れられておりました。(※初日2位の小野社長がチャブル&ディービルをハードルアーのメインとしていたため)

そして、その解説の中で、比較対象として引用されていたのが、ディービルシャッドでして、「ディービルシャッドやチャブルが・・・」という主語で、このシェイプ&動きが霞では有効性が高い...的な表現が何度かされ・・・、

ディービルシャッドの霞での圧倒的有効性を感じでいる自分には、ビビッ!と来るモノがあったわけです(笑)




・・・で、そんな中、先日の釣行でチャブルを巻いてみたのですが、引き心地はやっぱり釣れそうなルアーだなぁ~...と!







O1080081014299008304
自分がハードルアーを使い続ける時の基準は、プラグでもスピナベでも自分基準の引き心地が良いこと...でありますが、チャブルは使い続けたい!と思わせる引き心地でした。

ということで、次回以降の釣行でも使う予定ですが、今度はSRのみならずディービルと同リップのMRの塩梅も確かめたいと思っております。











O1080081014299008288
ちなみに、↑こちらは、昨年のバサクラ特集号です。御覧の通り、カリフォルニアロールは今年のウイニングルアーでもありますが、逆に、昨年の10位に沈んだメインルアーでもあると言えます。

まぁ、ポジティブな表現をすれば、今年優勝した小森プロが昨年からメインに使ってしたルアーであるとも言えます。






...情報って、捉え方で随分と違ってきますよね?

...そして、捉え方次第で本質を見失う可能性もありますしΣ( ̄ロ ̄lll)

|

« Culture Day Fishing! | トップページ | 横・常陸利根川... 護岸流し »

hard lures」カテゴリの記事

Monthly Bassfishing Magazine Basser」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Culture Day Fishing! | トップページ | 横・常陸利根川... 護岸流し »