« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019/05/26

まだ5月なのに...真夏日のカスミ水系釣行!

O1080081114416554121

5月下旬ってことで、陽気的にも良い季節...、水温も良い感じになり...、





うん?






天気予報では、30℃超の真夏日になるとのこと!!!

ということで、氷結ボトル含め大量にドリンクを購入して臨んだ5月25日(土)、2週間ぶりの釣行は朝6時過ぎから釣り開始。

まずは、この時期よく行くハードボトムエリアから。



天気予報を見て警戒したか?はたまた...、トランプ来日で警戒したか?(笑)

それとも釣れてないのか?バサーは前方に一人だけ!

とりあえず、今回も4in.カトテネコでスタートです。





O0809108014416554122
ちなみに、最近の霞の水温推移はこんな感じ...、

この土曜日の暑さでイッキに水温が上昇しましたね。上がるにしても下がるににしても...、このイッキに!ってのがバスにとって良くないですな。




 

 

風もなく、凪~な感じでもう少し流れが欲しい感じ。

チョイ沖中心に、ボトム付近をスラックシェイクで流していくと、ボトムにスタックしたワームが良い感じで外れたなぁ♪

なんて思った瞬間...ティップに重みが!













O1080080914416554134
うん?君は見たことがある...今年2回目の登場だね!左目が金箔っぽい模様になっていた特徴に見覚えあり。確か、36~37㎝程だったはず(笑)







早々に1本目が釣れて嬉しいですが、釣れ方がリアクションでかなりテクニカル...、

『たまたまだったら良いけど、たまたまでなければ、この日はキビシイぞっ!』と少し不安になりながら釣りを続けました。







・・・で、その不安は的中し、その後何もなし。

場所を大きく移動して、春のビッグバスポイントへ。

こちらは、水濁り気味...、ここでは、HPシャッドテール2.5inchのDSでスローに誘うことに。

まずは、船を係留するロープと護岸の隙間攻め。

キャスト後しばらくステイ...キャスト...ステイ...の繰り返し。

すると、ラインが斜め横にスライド!(最近このパターン結構多い!笑)



感覚的に0.5秒早いかな?と思いながらロッドを上段に上げアワセを入れると、

一瞬ノッタような感じでしたが、スッポヌケでバレ~泣

ズレたワームとフックの位置関係をチェックすると、『もしかしたら、フックまでいってないかも?』

もしそうであれば、またバイトしてくるはず...と再び同じ場所にキャスト。













しかし、異常なし。

やっぱダメかぁ~~(泣)と思いながら少し奥にキャストし、トレース角度を微妙に変えながら2投目くらい...、

同じ場所でステイさせると、またまたラインが斜め横にスライド。

今度はじっくり待ってフッキングすると...、



















O1080081014416554137 
無事キャッチ!よーし、取り返したぞぉ~♪





そして、しばらく周辺を探り、再びその場所にキャストしステイ...

うん?まさか!

 

また、ラインが動いています!!!



アワセを入れると再びバスがのりました。

まさか同じバスが?そんなはずは??















O1080081014416554138
違うバスでした(笑)...もしかしたら、ペアリングバスの片方かもですね。








早い時間に3本釣れた感覚でしたが、その後は暑さとの闘い!

そして、予想通り、何もなし。

ランチ&昼寝後の午後の部も何もなし。

暑さとバイトの無さ(ギルバイトはそこそこあり)から集中力が減少し、早帰りしたくなりましたが、

この日はトランプ来日で、午後に首都高が交通規制となるため、中途半端な時間に切り上げ、その規制にひっかかるのも面倒くさいなぁ~と思いながら・・・、

 

とりあえず、移動を繰り返し、夕方まで釣りを続けることにしました。







そして、ラストに入った冒頭画像対岸...ヨコトネのとあるエリア。

夕方近くとなり、若干の風が出てきて心地好い感じ。そして、少し流れも出てきました。

ここでは、5in.ヤマセンコーのJHWでチョイ沖をトレース。





・・・しかし、何も起こらず。

思い出したかのように、そういえば、ここの岸際は美味しいピンだったよなぁ~。

と、ここだけ護岸際っ際っをトレースすると、いつの間にかティップが引き込まれている!














O1080081014416554142
久々のバスは、、粘ってここまで釣りし続けた甲斐あり?の4本目~。







このバスが釣れ...ピンだったとはいえ、もしかしたらシェードになっている護岸際かぁ?

と、今度は護岸際っ際っ作戦!








すると、







何も起こらず笑









17時をまわり、渋滞情報をチェックすると...、










O0636108014416554131 
キターーーーーートランプ来日による道路封鎖!...通行止めです。




多分、一時間もすれば解除されるだろう?

と、とりあえず、18時まで頑張ることに。

しか~し、予想通り、、何も起こらず。












O1080080914416554124
結局、日没前となり(笑)...、納竿!



この日のルアーは・・・、












Dsc_0620
Gary YAMAMOTO/4" KUT TAIL WORM (S.P.BLUE)  1/32 根こリグ
【・・・37㎝】






Hp_shadtail
O.S.P/HP Shadtail 2.5" (スカッパノン・ブルーフレーク) 1/16oz DS
(※リーダー:50㎝以上)
【・・・35㎝、32㎝】






O1080080914225227887
Gary YAMAMOTO/THIN SENKO (霞ジンゴローム)  1/32oz JHW 
【・・・34㎝】







・・・以上、5月の真夏日釣行でしたが、真夏と違い湿度が低くカラっとしていて、思ったより辛くありませんでした。ただ、毎年暑さに徐々に慣れていく助走がない分でしょうか(?)、ドッと疲れましたね。感覚的には小バスが釣れ始めて数が増えるのでは(?)でしたが、小バスはまったく釣れず、おまけに、タフ感満載でした。釣れたバスが全てテクニカルな釣れ方で、『イージーに釣れてくれるバス』や『(言い方は悪いですが...)誰にでも釣れるバス』は自分が釣りをした場所・タイミングでは居ませんでした。ただ、そろそろ6月...時期的には、そんなバスが増えて楽しいバス釣りハイシーズンの到来~♪と期待したいところです。

| | コメント (2)

2019/05/21

カスミ水系...ポイント特性の経年変化について

Top

冒頭画像は北浦東岸の某ポイントです。

こちらは、11年前の画像ですが、このblogの画像ストックから久々にひっぱり出してきました。







K2
ちなみに、こちらは、先日の北浦釣行での画像です。

 

 

実は、同じ場所を撮影してます。

先日のは随分とオトナシイ雰囲気になってしまいましたね!笑

まぁ、この10年の間には、2011年の大震災もありましたし...、特に北浦は、風が強く荒れる湖ですので、こんな美味しそうなカバーは、いつの間にか崩れて水没&流されてしまいます。

それでも...、昔のカバー特性を記憶しておくと、水中にその残骸が残っていたりして、美味しい思いをすることが出来ますから、画像やメモ、記憶による記録は重要になってきます。

もちろん、一番大事なのは、

 

その場所で釣りをした時の感覚と、今その時の感覚なのですが...。

 

とりあえず、格言的に言うと、、

 

 

カスミ水系いつまでもあると思うなそのカバー

 

ってな感じでしょか(笑)

 

ちなみに、冒頭画像は、この↓2008年5月のW.B.S.霞探時のものです。

_20190519_163811
その記事はコチラ⇒ W.B.S.霞探 2008/1st. 北浦 

 

この時は、この杭群に随分とお世話になり、リミットメイクも果たしたポイントでした。

今は、そんな爆発力はなくなってしまいましたが、今でも近くで釣りをする度に挨拶がてら撃つことにしてます。





Img_0234
ちなみに、こちらは横利根川の某エリア...、2006年12月の画像です。

今では、このビオトープを形成していた木杭群はありません。

まぁ、正確に言うと水面には出ていない...、

もしかしたら、水中にあるかも?的な感じで...、

え~っと、、これ以上正確には書けません(笑)

 

 

 

 

 

Img_0236
画像をあえて小さく貼りますが(笑)...、

 

このエリアは、その昔、こんな雰囲気で葦&ビオトープメインの護岸で、水管橋から閘門公園間のような雰囲気だったのです。それが震災後の護岸工事で、今は完全護岸化されいますが、護岸のエッジラインは、木杭群の少し手前...、と昔の護岸エッジより随分と前に出てます(内緒)。

 

 

また、画像はありませんが、護岸際の葦群について...、

昔のポイントマップには、2~3mの葦があることになっているが、何もなく、タダの護岸...なんて場所が時々ありますが、それは、ポイントマップが間違っているのではなく、いつの間にか葦がなくなっているのです。

そんな場所はボトムをチェックすると、以前葦があった形跡があり、その部分が良いハンプになっていて、オイシイ思いをする...なんてことがあります。

 

 

まだまだ、色んなパターンがありますが、これ以上披露する必要もないでしょう(笑)

ってことで、ポイント特性の変化は、自然の力によるものもあれば、人工的なものもあります。




...以上、『ポイントの経年変化について』でした。
(※10年以上blogやってると、懐かしい画像が出てくるのですよっ・笑)

| | コメント (0)

2019/05/19

初のEVERGREEN ロッドを...!

O0810108014412437755

4月に購入したNEW ROD、

冒頭画像の通り、初のエバーグリーンロッドです。

ちなみに、何を購入したかと言いますと・・・、
















O0639108014412437764
コチラです。







で、どちらを買ったかと言いますと、色々悩んだ結果・・・、











O1080081014412437760
ICSS-63UL スーパーエアリアルレジェンド

を購入しました。
(※今回も地道に貯めたメルカリでの売上金のみで購入出来ましたよ・笑)

ちなみに、このロッドは、現代に蘇る歴史的名竿... 、今江克隆プロのグランドスラム達成をアシストした最高の右腕、インスパイア・エアリアル&スーパーエアリアルを最新技術で20年ぶりに復活させたシリーズです。








_20190519_103640
96年&97年に発売された、これらのVIDEOで何度も登場し、何度も見せつけられたエアリアル...、










O1080081014412437758
やはり、このダークグリーンのブランクスに、金縁の赤い文字 『INSPIRE』 と刻印されたこの感じは、当時、よく見たVIDEOのことを思い出し、買わずにはいられなくなりました(笑)




とは言え、そんな事だけで購入したのではありません。性能等もしっかり...、じっくり...チェック。今年のFショーでもロッドの具合を確かめ、動画なんかもチェックし購入しました。





まぁ、開発当初から今江プロのブログをチェックし、興味を抱いていたのですが、やはり、決め手は、

  • ロッドのダルさ
  • ガイドセッティング
  • ガイドの重さとロッドのダルさの関係

 

このあたりのマニアックな部分ではないでしょうか。

自分は、ガイドを交換(軽量化)して、もともとあったロッドのダルさが失われ、シャッキリしたロッドに変わった経験があったことと、マイクロガイド全盛の昨今ですが、シェイクによるスラックライン出しには、口径が大きい方がイイのでは?と思っていたことから、このロッドの開発ストーリーは、今江プロのブログを通して、ずっと興味深くみておりました。

ちなみに、↓コチラがEGのHPにまとめられた開発ストーリーの一部・・・、








O0774108014412437785

O0644108014412437790

O0618108014412437794
...理想のダルさを出すために、ガイド選定からブランクス選びまで、幾多の苦労が表現されております。









で、購入して即、、4月27日の釣行から投入!







O1080081014412437769
ファーストバスは、このシャッドで釣ったバスでした。

釣行記中にも記述しておりますが、副産物として、シャッドの釣りにもイケル感じ...、ロッドの具合が奏功して、沈みモノエリアでは、シャッドのリップがスタックしずらい感覚もあります。









O1080081014412437761

以上ですが、房総リザーバーでスモラバミドストを早く、このロッドでやってみたい気分です♪

| | コメント (2)

2019/05/12

北浦クオリティのバスを求めて...本湖護岸一本勝負!

20190511_top

GW中の令和初バス釣り...釣行場所候補のひとつであった『北浦』GWの混雑を懸念して先送りしておりましたが・・・、

5月11日(土)、夏日となるこの日、風も穏やかな予報でしたので行ってきました。







O1080081014408086460
ちなみに、北浦のここ最近の水温推移はこんな感じ。数値的には悪くないッス。

で、北浦ですが、実は昨年、タイミングが合わず一度も釣りに行ってない...、ってことで、過去の実績エリアを廻るプラン。場所は、東岸の本湖護岸エリアに絞り、秘密の書込み多数の(笑)、ポイントマップを見ながら、思い出ポロポロ...下流から上流に釣り上がって行く予定です。ブックマークしてあるエリアの再検証の目的もあるため、釣った場所の写真を少しだけ撮りました(※いつもはあまり撮らないのですが...)が、記録の意味合いもあり、問題なさそうなレベルで、『今回は』載せようと思います(笑)




さてとっ!久々の北浦...、

いつもの体高・厚みある北浦クオリティのバスを求めて、朝6時過ぎから釣り開始です。









K1
下流は、爪木~沼尾エリアのこのあたりからスタート!

御覧の通り、凪な感じで少し風が欲しい...異常なし。







K2
昔よく釣ったこの杭...キャットのみ(笑)で、、異常なし。







・・・いくつかの水門を基点とした実績ポイントのある下流域エリアは、残念ながら異常なしで終了。

ポイントマップを見ながら北上。

北浦大橋を越える前に1本欲しいところだが...、そう甘くない。





気温がかなり上昇してきた陽気の10時前に入ったとある水門...、

ポイントマップには、

『SAKIさん 47㎝ 春』とメモが入っているところ(笑)

実は、実績エリアではないんだけど、過去何度か釣りをして水深やボトムの感じ含め、ナイスエリアと判断した場所。

今回も懲りずに釣りしてみることに...(笑)






で、一投目...、

水門の角から1m弱程、護岸を流した瞬間、ラインが斜め横にスライドしていくタマラナイあの感じが目の前で展開され...、





















O1080081014408083056
出た~~!北浦クオリティのぶっといバス!

サイズは・・・、














O1080081014408083053
いきなり1本目からヨンジュアップ♪
(※リグは、2.5in.レッグワームのDSです)









K3
ありがとう♪ SAKIさん水門~(笑)






・・・と1本釣れて気を良くして、引き続き北上。

北浦大橋を越え二つ目に寄ったとあるエリア...、

水門、ロング護岸、杭がキーワード。







K4
こんなタダの護岸...奥に水門があるところです。




杭の少し奥から護岸際をトレース...リグは引き続きレッグワームのDS...、





で、杭の手前で『コンっ!』と明確なバイト!



















O1080081014408083062
またまた出た~~!ポストで少しお腹凹んでるけど、北浦クオリティバス♪














O1080081014408083066
連続ヨンジュアップ~~です♪

御覧の通りのポストのバスです。ポストでなく通常状態だったらどんだけの体高なんだ?ってくらいスゴイバスでしたが、ポストということで、護岸際の杭に付いて体力を回復していたのではないかと思われます。






その後、実績の奥の水門等を撃ちましたが異常なしで、ランチへ。

北浦釣行の際、よく利用するセブンで済ませんました。







・・・午後の部もマップを見ながら引き続き北上。









釣れたらそこそこナイスサイズが出る実績の水門エリアへ。

ルアーを通すコースを少しづつ変えながら、

護岸際、沖目...とキャストを繰り返すと『コンっ!』


















O1080081014408083069
北浦クオリティか?という感じの予想外のサイズが登場!










O1080081014408083073
まぁ、サイズはアレですが...嬉しい1本です♪










K5
ちなみに、釣れたのはこんなトコロ...、いつもはもっと良いサイズが釣れるんですよ(笑)

 







引き続き北上・・・、









K6
実績の水門&護岸の変化では、、異常なし。










・・・で、実績なしですが、

近くの河口つづきの護岸を流してみると『コンっ!』


















O1080081014408083634_wdp
キターー!再び北浦クオリティのぶっといのが♪













O1080081014408083635_wdp
ヨンジュアップとはいかないですが、この厚みで余裕のキロアップ...満足のいくバスです♪











K7
ちなみに、釣れたのはココ...画像奥では実績ありですが、ココでの釣果は初めてでした。







もう、、かな~り満足ですが、まだまだチェックすべきエリアがいくつかあるので、駆け足で引き続き北上。










K8
オモヒデポロポロ...、、異常なし。











K9
オモヒデポロポロ...


 






K10
さらにポロポロ...、










K11
ポロポロ...ポロポロ...あっと言う間に夕暮れとなり・・・、










納竿!(北浦広すぎ!時間切れ~)

ってことで、この日のルアーは・・・、













O0960072013942262117
Gary YAMAMOTO/2.5"LEG WORM (PLUM/EMERALD FLK) 1/16oz DS
【・・・40㎝、41㎝、29㎝、38㎝】







・・・以上、久々の北浦釣行でしたが、十分楽しめました。ちなみに、使ったワームは2.5in.レッグワームでしたが、意識してこのワームを使いました。最近は、同じ2.5in.のO.S.P/HPシャッドテールを使うことが多いのですが、北浦では、レッグワームが合ってる感覚があり...、そして、この#231カラーも強いですよね!まぁ、ココだけのハナシ...(笑)。また、釣りの方ですが、東岸護岸エリアの実績エリアに絞り、思い出ポロポロ...廻りましたが、最後は時間切れで後半最後の方は尻つぼみ...、北浦はやっぱ広くて、時間がいくらあっても足りません(笑) ただ、今回は、初実績となったり、新しいラインで釣れたり...と収穫ある釣行となりました。そして、ぶっとく、ぶあつい北浦クオリティバス...、引きのトルクも一味違って、タマリマセンなっ!

| | コメント (2)

2019/05/08

GW第3弾...開拓釣行は心が折れて...。

_20190505_15110201_1

5月3日(金)、GW第3弾...令和2回目の釣行は、予定通り霞水系の開拓釣行へ。

まずは、記録しておかなきゃ~ってことで、今回のGWの水温の変化は↓こんな感じ。

 

 

 

 




_20190506_103806
良い感じの数値なんですが、状況的には例年より厳しいような感覚。

で、朝一は、昨年のGWのつづきで、北利根川の苦手な斜め護岸エリアのロングストレッチを永遠調査しました。
(※ちなみに、GW限定ってことで、普段、あまり記述しない釣り場を少しだけ表現します)






Dsc_055501
ちなみに、こんな風景のところです。

岸際は葦があったり、タマネギがあったり...、5gシンカー+PEラインの組合せで、ボトムずるずる...しましたが、結構良いコリコリ感があることがわかりました。

まぁ、バスは釣れませんでしたが...。




午前中いっぱい、北利根川での開拓釣行をして、早めのランチ休憩をとり、午後の部はナサカ・鰐方面へ。







しか~~し...、



バスが釣りた~~い(笑)




...ってことで、開拓釣行は心が折れて断念(汗)、

実績場所廻りに変更することに。

ただ、最近釣りしてない、昔の実績場所も含めながら廻ることに。







Dsc_055701
外浪逆浦のこんなとここや・・・(ここでは、異常なし)、






Dsc_056501
鰐川のこんなとこ等・・・(この護岸エリアは3バイト程...しかしショートバイト)、






数か所程DS中心に攻めました。

本当は、対岸のテトラエリアまでやりたかったのですが、時間切れで行けず。





...で、外浪逆浦のとある水門で、









_20190505_15301101
体高のある34㎝をGETしましたぁ~。







_20190505_15215401
ちなみに、場所はこんなところ...、画像の通り、鯉釣り師の竿がズラーっと並ぶ場所でしたが、挨拶して、水門の角廻りだけ撃たせてもらったら釣れました。まぁ、このエリアはいつもお世話になっているMY実績場所...、近くの護岸エリアでもバイトありましたね!






そして、最後、大栄ICに向かう帰り道の寄り道で横利根でシャッドの釣り。








_20190505_15305301
29㎝のバスをGET...、今期初の20㎝台バスです。








_20190505_15275201
ちなみに、釣れたのはこんな感じのロングストレッチで...。
(※画像は、前回釣行で撮影したもの)





以上、これにて納竿。

東関道は、大栄ICから宮野木あたりまでは比較的スムーズでしたが、その先から市川あたりまでは、渋滞に嵌ってしまいました(泣)

ちなみに、この日のルアーは、







Hp_shadtail
O.S.P/HP Shadtail 2.5" (スカッパノン・ブルーフレーク) 1/16oz DS
(※リーダー:50㎝以上)
【・・・34㎝】





Soul52_sir
JACKALL/Soul Shad 52SP (シラス) ※slow F tune.
【・・・34㎝】






・・・以上、場所開拓の旅に出る...と、GW前から意気込んでいましたが、実際やってみると、だんだんバスが釣りたくなり、半日で断念。結局、午後からは、実績場所中心の釣行になってしまいました。まぁ、それでも、しばらく行ってなかったポイントの状況確認も出来ましたので、良しとしましょう(笑)。ポイントも5年も行かないと特徴を忘れているもんですね。

| | コメント (0)

2019/05/05

令和元年五月一日はバス釣りへ

_20190505_14495501_1

令和元年五月一日...記念すべきこんな日は、もちろん(?)、、霞水系へバス釣りへ。

GW第二弾釣行ってことで、前記事では、開拓の旅に出るので釣行記は書きませ~~ん!と宣言しておりましたが、折角の記念日釣行は、それなりに思い入れのある場所で釣りをした方が良いのでは?と思い、平成の時代に最も釣りに行った...&一番思い入れのある場所...北浦か横利根で釣りをしよう!と急遽プラン変更です(笑)

ただ、北浦のmy実績ポイントは、GWってことで、ブッコミ釣り師&エサ釣り師とのバッティングが懸念されるため、GW明けに行くことにして、最近、渋々で釣れてない(...らしい)横利根で釣りすることにしました。




...で、寒い寒い朝は厚着して7時くらいからスタート。

どのポイントからエントリーしたか記憶が定かではないのですが(笑)、リグは超久々...、10年程前に釣れすぎて、一時期封印した程の4in.カットテールのネコリグをチョイス!

先月購入したスラックシェイク用ロッド(※記事アップまだです)で、ボトム付近を意識しながら、ミドスト気味にハードボトムエリアを広範囲にトレース。






...すると、多めのスラックラインでアタリわからず

...いつの間にか喰ってるパターンで、

...ロッドに重みが!














_20190505_15030901
令和時代...祝第一号バスとなる36㎝が登場(^^♪

ちなみに、カトテネコは現在、ベイトタックルで5in.をメインとして使っていますが、4in.のカトテネコとなると、自分の記憶が正しければ、2009年9月の釣行以来、久々の投入となります。

まぁ、平成の時代の最も釣れる名作ワームと言えば、やはり、この4in.カットテールだと思っておりますが、こんな渋い状況でも、サクッと釣れてくれるのですね!





そしてそして15分後...、





またまた、いつの間にかロッドに重みが!








Dsc_051201
2本目の31㎝が!...またまたポストのバスでした!








なかなかイイペースで釣れてるぞ!

この調子で行けば、今日は何本釣れるんだ?







...と一瞬思ったりしましたが、そう簡単に行かないのが最近の横利根(笑)

その後は、パッタリ...何もnothing!






思い出巡りで色々なポイント廻ったけど、無、無、無。

大曲監視小屋周辺は相変わらず人が多く(もちろんそんなところで釣りなんて出来ない・笑)、にぎわっていますが、その他は水管橋周辺がちょっとにぎわってるくらいで、バサーが殆ど居ない感じ(まぁ、自分が人の少ないところをセレクトしているのかもしれませんが)でした。

そうこうしているうちに夕方近くとなり、

予報通りの雨が降り出し...、






平成最後の釣りも雨の中。

令和最初の釣りも雨の中。







...で、そろそろラストと思い寄ったのが、『水門絡みのアウトレット』&『沈みモノで形成されたシャロー』&『ディープのハードボトムエリア』...このスペシャルな3要素が絡むポイント。ここは、とあるラインにルアーを通すと、結構な確率でバスがバイトしてくれて、平成の時代に何度もお世話になったところ。

ここは、令和初日...愛想の一つとして、ルアーを通してみることに(笑)

ちなみに、セレクトしたルアーはこちらも平成の名作...ベビシャ・ステイシーを超えたソウルシャッドです。





...で、そのコースに少々高速気味にルアーを通してみると、









えっ!バイト?...キャットか?






















_20190505_15060601
...バスでした(笑) しかも超ギリの40㎝!令和初40バスでした♪




以上、令和初のバス釣りはこれにて納竿。

この日のルアーは...、










Dsc_0620
Gary YAMAMOTO/4" KUT TAIL WORM (S.P.BLUE)  1/32 根こリグ
【・・・36㎝、31㎝】






Soul52_kurokin2
JACKALL/Soul Shad 52SP (HLキンクロ) ※slow F tune.
【・・・40cm】







以上、『令和』最初の釣行は横利根でのんびりバスフィッシングでした。

GWなのに人が少なく、釣り放題って感じでしたが、超情報化社会...人が少ないってことは釣れない?ってことで、そう簡単ではなかった(笑)

ただ、やっぱり、4in.カトテネコは偉大で...アブレなし。

おまけに、40㎝も釣れて満足満足♪



さて、GW第3弾釣行はチト冒険しますかな。

釣行記もちゃんとアップしますので(笑)

 

Dsc_062201

さてさて...酒だ酒だぁ~♪

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »