« 北浦クオリティのバスを求めて...本湖護岸一本勝負! | トップページ | カスミ水系...ポイント特性の経年変化について »

2019/05/19

初のEVERGREEN ロッドを...!

O0810108014412437755

4月に購入したNEW ROD、

冒頭画像の通り、初のエバーグリーンロッドです。

ちなみに、何を購入したかと言いますと・・・、
















O0639108014412437764
コチラです。







で、どちらを買ったかと言いますと、色々悩んだ結果・・・、











O1080081014412437760
ICSS-63UL スーパーエアリアルレジェンド

を購入しました。
(※今回も地道に貯めたメルカリでの売上金のみで購入出来ましたよ・笑)

ちなみに、このロッドは、現代に蘇る歴史的名竿... 、今江克隆プロのグランドスラム達成をアシストした最高の右腕、インスパイア・エアリアル&スーパーエアリアルを最新技術で20年ぶりに復活させたシリーズです。








_20190519_103640
96年&97年に発売された、これらのVIDEOで何度も登場し、何度も見せつけられたエアリアル...、










O1080081014412437758
やはり、このダークグリーンのブランクスに、金縁の赤い文字 『INSPIRE』 と刻印されたこの感じは、当時、よく見たVIDEOのことを思い出し、買わずにはいられなくなりました(笑)




とは言え、そんな事だけで購入したのではありません。性能等もしっかり...、じっくり...チェック。今年のFショーでもロッドの具合を確かめ、動画なんかもチェックし購入しました。





まぁ、開発当初から今江プロのブログをチェックし、興味を抱いていたのですが、やはり、決め手は、

  • ロッドのダルさ
  • ガイドセッティング
  • ガイドの重さとロッドのダルさの関係

 

このあたりのマニアックな部分ではないでしょうか。

自分は、ガイドを交換(軽量化)して、もともとあったロッドのダルさが失われ、シャッキリしたロッドに変わった経験があったことと、マイクロガイド全盛の昨今ですが、シェイクによるスラックライン出しには、口径が大きい方がイイのでは?と思っていたことから、このロッドの開発ストーリーは、今江プロのブログを通して、ずっと興味深くみておりました。

ちなみに、↓コチラがEGのHPにまとめられた開発ストーリーの一部・・・、








O0774108014412437785

O0644108014412437790

O0618108014412437794
...理想のダルさを出すために、ガイド選定からブランクス選びまで、幾多の苦労が表現されております。









で、購入して即、、4月27日の釣行から投入!







O1080081014412437769
ファーストバスは、このシャッドで釣ったバスでした。

釣行記中にも記述しておりますが、副産物として、シャッドの釣りにもイケル感じ...、ロッドの具合が奏功して、沈みモノエリアでは、シャッドのリップがスタックしずらい感覚もあります。









O1080081014412437761

以上ですが、房総リザーバーでスモラバミドストを早く、このロッドでやってみたい気分です♪

|

« 北浦クオリティのバスを求めて...本湖護岸一本勝負! | トップページ | カスミ水系...ポイント特性の経年変化について »

Shopping(Bass Fishing)」カテゴリの記事

Rod/Reel」カテゴリの記事

コメント

自分はこのだるさを使いこなせなくて、テムジンを手放してしまいました。
かっこいいですよね!

投稿: へびん | 2019/05/20 10:56

>へびんさん
どもども、、相変わらず呑んでますかぁ~(笑)

ロッドのダルさは、カスミのハードボトムの引っ掛かり感を利用してアクションさせる時には、鬱陶しかったりしますよね。

そういう意味では、私が大絶賛のハートランド「冴掛」は、上記アクションさせるための張りがありながらも、それを殺さない適度なダルさを持ち合わせた最高のロッドなのですが、、、
へびんさんも一生に一度は使ってみた方がイイですよ(笑)

投稿: kaz | 2019/05/20 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北浦クオリティのバスを求めて...本湖護岸一本勝負! | トップページ | カスミ水系...ポイント特性の経年変化について »