« カスミ水系...ポイント特性の経年変化について | トップページ | 久々の平日釣行は...バラシまくり! »

2019/05/26

まだ5月なのに...真夏日のカスミ水系釣行!

O1080081114416554121

5月下旬ってことで、陽気的にも良い季節...、水温も良い感じになり...、





うん?






天気予報では、30℃超の真夏日になるとのこと!!!

ということで、氷結ボトル含め大量にドリンクを購入して臨んだ5月25日(土)、2週間ぶりの釣行は朝6時過ぎから釣り開始。

まずは、この時期よく行くハードボトムエリアから。



天気予報を見て警戒したか?はたまた...、トランプ来日で警戒したか?(笑)

それとも釣れてないのか?バサーは前方に一人だけ!

とりあえず、今回も4in.カトテネコでスタートです。





O0809108014416554122
ちなみに、最近の霞の水温推移はこんな感じ...、

この土曜日の暑さでイッキに水温が上昇しましたね。上がるにしても下がるににしても...、このイッキに!ってのがバスにとって良くないですな。




 

 

風もなく、凪~な感じでもう少し流れが欲しい感じ。

チョイ沖中心に、ボトム付近をスラックシェイクで流していくと、ボトムにスタックしたワームが良い感じで外れたなぁ♪

なんて思った瞬間...ティップに重みが!













O1080080914416554134
うん?君は見たことがある...今年2回目の登場だね!左目が金箔っぽい模様になっていた特徴に見覚えあり。確か、36~37㎝程だったはず(笑)







早々に1本目が釣れて嬉しいですが、釣れ方がリアクションでかなりテクニカル...、

『たまたまだったら良いけど、たまたまでなければ、この日はキビシイぞっ!』と少し不安になりながら釣りを続けました。







・・・で、その不安は的中し、その後何もなし。

場所を大きく移動して、春のビッグバスポイントへ。

こちらは、水濁り気味...、ここでは、HPシャッドテール2.5inchのDSでスローに誘うことに。

まずは、船を係留するロープと護岸の隙間攻め。

キャスト後しばらくステイ...キャスト...ステイ...の繰り返し。

すると、ラインが斜め横にスライド!(最近このパターン結構多い!笑)



感覚的に0.5秒早いかな?と思いながらロッドを上段に上げアワセを入れると、

一瞬ノッタような感じでしたが、スッポヌケでバレ~泣

ズレたワームとフックの位置関係をチェックすると、『もしかしたら、フックまでいってないかも?』

もしそうであれば、またバイトしてくるはず...と再び同じ場所にキャスト。













しかし、異常なし。

やっぱダメかぁ~~(泣)と思いながら少し奥にキャストし、トレース角度を微妙に変えながら2投目くらい...、

同じ場所でステイさせると、またまたラインが斜め横にスライド。

今度はじっくり待ってフッキングすると...、



















O1080081014416554137 
無事キャッチ!よーし、取り返したぞぉ~♪





そして、しばらく周辺を探り、再びその場所にキャストしステイ...

うん?まさか!

 

また、ラインが動いています!!!



アワセを入れると再びバスがのりました。

まさか同じバスが?そんなはずは??















O1080081014416554138
違うバスでした(笑)...もしかしたら、ペアリングバスの片方かもですね。








早い時間に3本釣れた感覚でしたが、その後は暑さとの闘い!

そして、予想通り、何もなし。

ランチ&昼寝後の午後の部も何もなし。

暑さとバイトの無さ(ギルバイトはそこそこあり)から集中力が減少し、早帰りしたくなりましたが、

この日はトランプ来日で、午後に首都高が交通規制となるため、中途半端な時間に切り上げ、その規制にひっかかるのも面倒くさいなぁ~と思いながら・・・、

 

とりあえず、移動を繰り返し、夕方まで釣りを続けることにしました。







そして、ラストに入った冒頭画像対岸...ヨコトネのとあるエリア。

夕方近くとなり、若干の風が出てきて心地好い感じ。そして、少し流れも出てきました。

ここでは、5in.ヤマセンコーのJHWでチョイ沖をトレース。





・・・しかし、何も起こらず。

思い出したかのように、そういえば、ここの岸際は美味しいピンだったよなぁ~。

と、ここだけ護岸際っ際っをトレースすると、いつの間にかティップが引き込まれている!














O1080081014416554142
久々のバスは、、粘ってここまで釣りし続けた甲斐あり?の4本目~。







このバスが釣れ...ピンだったとはいえ、もしかしたらシェードになっている護岸際かぁ?

と、今度は護岸際っ際っ作戦!








すると、







何も起こらず笑









17時をまわり、渋滞情報をチェックすると...、










O0636108014416554131 
キターーーーーートランプ来日による道路封鎖!...通行止めです。




多分、一時間もすれば解除されるだろう?

と、とりあえず、18時まで頑張ることに。

しか~し、予想通り、、何も起こらず。












O1080080914416554124
結局、日没前となり(笑)...、納竿!



この日のルアーは・・・、












Dsc_0620
Gary YAMAMOTO/4" KUT TAIL WORM (S.P.BLUE)  1/32 根こリグ
【・・・37㎝】






Hp_shadtail
O.S.P/HP Shadtail 2.5" (スカッパノン・ブルーフレーク) 1/16oz DS
(※リーダー:50㎝以上)
【・・・35㎝、32㎝】






O1080080914225227887
Gary YAMAMOTO/THIN SENKO (霞ジンゴローム)  1/32oz JHW 
【・・・34㎝】







・・・以上、5月の真夏日釣行でしたが、真夏と違い湿度が低くカラっとしていて、思ったより辛くありませんでした。ただ、毎年暑さに徐々に慣れていく助走がない分でしょうか(?)、ドッと疲れましたね。感覚的には小バスが釣れ始めて数が増えるのでは(?)でしたが、小バスはまったく釣れず、おまけに、タフ感満載でした。釣れたバスが全てテクニカルな釣れ方で、『イージーに釣れてくれるバス』や『(言い方は悪いですが...)誰にでも釣れるバス』は自分が釣りをした場所・タイミングでは居ませんでした。ただ、そろそろ6月...時期的には、そんなバスが増えて楽しいバス釣りハイシーズンの到来~♪と期待したいところです。

|

« カスミ水系...ポイント特性の経年変化について | トップページ | 久々の平日釣行は...バラシまくり! »

2019年釣行記」カテゴリの記事

コメント

釣れないと言いながらも4匹は流石です。
3本のスピニングロッドを使い分けられてますが、それぞれの使い方違うんですか?

次期愛車を釣り車にしたいので、過去記事読ませて貰ってます(笑)

投稿: へびん | 2019/05/27 07:47

>へびんさん
どもども...です。

ロッドは、それぞれの特性を考慮し、

・ポイント特性(特にボトム特性)
・メインとなるリグ
・どうアクションしたいか

で、総合的に判断して、ポイント毎で変えてます。もちろん、1日同じロッドということもありますが。これも私のバス釣りの楽しみ方のひとつです。

とうとう『釣り車』化ですか!吞兵衛街道まっしぐらですなっ(←チガウかっ笑)。カスタム...楽しみにしてますよ。

投稿: kaz | 2019/05/28 08:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カスミ水系...ポイント特性の経年変化について | トップページ | 久々の平日釣行は...バラシまくり! »