釣車

2018/10/27

バサクラ2018

Bac2018

あっという間の1年!...今年もこの季節がやってきました。

本日よりバサクラ2018開催です。
(※画像は、site B by Basser 等より拝借)




O1080060714291821291
ってことで、先日、Abema TVの『バサクラを100倍楽しむ方法』という番組をみました。








O1080060714291821283
Basser誌、編集長、副編集長の解説でしたが・・・、








0atrza7id61g6x1ec2kxaewob073zk2q2q4
今年もAbema TVで2日間生放送するそうです。

ちなみに、1日目の本日は、この生中継をPC画面で、見ていましたが、いやぁ~~、やはり面白い!明日は、現地に行くので、この生放送は見れませんが・・・、







O1080060714291821294
今年は、最終日...、会場で180インチの大画面ビジョンで観れるようですよ。









O1080060714291821303
本日、初日の同船選手はこの4名...、釣りも面白かったけど鬼形さん、ダウザー俺達、副編集長の解説が加わると、さらに面白かったです♪







O1080060714291821297
明日、行く会場ですが、80以上のブース出展があるようです。










O0810108014291821278
で、今年は、我がmazdaも出展♪

以前、当blogでも取り上げたCX-8が展示されるようです。




Eyv8zlhh6lh5g9jp4h1cc3v291bq9xrky1o

さて、初日の本日は高いウェイトが出ましたが、明日は本日の南風から北寄りの風に変わり、エリアのポテンシャルに大きな変化が出るかもしれません。

ってことで、いずれにしても明日も楽しみですな♪








最後に、バスボートを牽引しているCX-8のCM動画を貼り付けておきます(笑)

| | コメント (0)

2018/03/28

Luminoodle

O1080081014159037765

CX-5のロッドホルダー設置やラゲッジスペースのカスタムについて一旦終了!ということでしたが(笑)、実は・・・、

ラゲッジスペースの夜間の暗さの問題が解決してなかったのです。




そんな中、川村光太郎さんの陸魂のDVDを見た時に印象に残っていたのが・・・、








283e52c98d1776665e56e2e07f0a433dc45
テープ状のLEDライトを光源に釣りの準備をする・・・このシーン!
(※画像:釣りPLUS/川村光太郎DVD"陸魂6"撮影しながら・・・より)





で、その後、色々考えたのですが・・・、やっぱコレだよね!

ってことでロープ型LEDライト、『ルミヌードル』を購入することにしました。





O1080081014159050456
amazonで1.5mタイプを購入しましたが、中身はこんな感じ。







ちなみに、ルミヌードルは、USBポートにつないで給電するので、モバイルバッテリー等が電源になります。







O1080081014159037755
ということで、車に常備しているこのこのジャンプスターター&ポータブル充電器を電源にすることに。こちらは、バッテリー上がり時のジャンプスターターの機能もありますが、スマホの急速充電器としての目的をメインで車に常備していたものです。








O1080081014159037743
ポータブル充電器に接続するとこのように良い感じの光!












O1080081014159037733
・・・で、実際、CX-5のラゲッジスペースで発光してみるとこんな感じ!

ねっ?イイ感じ、イイ雰囲気でしょ?(笑)







これで、夜間のロッド&荷物積載時の暗さのストレスから解放されますねっ。

| | コメント (0)

2018/03/10

CX-5...ラゲッジスペースカスタム

Top

ここ最近の記事では、CX-5のロッド搭載方法をメインにご紹介してきましたが、今回は、釣りの荷物を積んだり、準備したりするラゲッジスペースについてです。







まずは、ベースとなるラゲッジスペースについて・・・、







01
前車アクセラの時は何も敷いてませんでしたが、床面は意外と汚れるので、汚れが酷い時に水洗い出来るよう、上からカーペットを敷くことにしました。最初はシンプルにダーク系カラーで考えてましたが、ちょっと明るくしよう!と最終的には↑こんな感じのチェック柄のものを敷きました。ちなみに、カーペットはマツダ純正ではなく、カーマット専門のホットフィールドの商品を通販で購入しました。






03
まぁ、水洗いするような事は殆どないと思いますが、普段は、ダイソン掃除機でしっかり清掃です(笑)





で、ここから今回の本題。やはり、釣り車なんで・・・、











7ada18c895db14bce635eb44e882ae9cb1e
この様に、垂直方向の有効活用を図るためにも二段化を実践したい!
【※↑画像:イニシャルD!オレの職業バスプロ青木大介のカートランク活用術【釣車王(1)ランクル】 - 釣りプラス|内外出版社 より】






ということで、色々考えたのですが・・・、

時間・コストの観点から、自作等はせず、既製品のテーブルを購入し置くこととしました。まぁ、総合的に判断して、イチバン効率的と思われ・・・(笑)









02
こちらが、通販で購入したセンターテーブルです。価格は5,000~6,000円くらいだったでしょうか。W900~1,000×D450×H300~350のサイズ感、重さは軽すぎず重すぎずのスペックで探しましたが、ドンピシャがなかなか見つからず、随分とネットサーフィンしましたよ(笑)




04_2
実際、ラゲッジスペースに置くとこんな感じです。このテーブルは、W900×D450×H320なんで、W方向に若干の余裕が出ますが、テーブルの出し入れ考えたらこれくらい余裕あってもイイ感じです。重量も5Kg強ですので、問題なしですね。





ただ、ラゲッジスペースに置いた時の色見が良くないですな!やはり、ダーク系カラーにしないと、テーブル置いてる感満載です(笑)






・・・で、この問題を解決すべく100均セリアへ。







05_2
プラダンを3枚購入!




06
で、このプラダンを天板のサイズにカットし・・・、




07_2
こちらもセリアで購入した強力両面テープで張り合わせ・・・、




08
こんな感じでベースは完成です。もう、25年以上も前の話になりますが、大学の建築学科時代に、いやになるほど、模型等でこういった切った貼ったの工作はしてきたので、こういう作業は全然苦にならずに出来ちゃいます。




ただ、25年前と違うのは、進行中の老眼(@Д@;

これは結構、こういった工作にはキツイです(笑)





でも、これだけでは味気ない・・・、

また、ロッド等置いても滑っちゃいますからねっ!










09
・・・ということで、こちらもセリアで買ってきたスベリ止めシートを天板の下2/3のところに2枚重ねではることにしました。




10
また、コーナーには、THE NORTH FACEのステッカーを・・・、やはり黒に黒のロゴはイイですな!天板部、スベリ止めシートとのツートン感もいい感じです(自己満足・笑)。





そして、いよいよラゲッジスペースにセッティング・・・、








11
じゃ~~んっ!やっぱり、落ち着き、、、シックリ感が出ましたね。





12
モノを置くとこんな感じに。





13
スベリ止めシートを貼ったのもロッドをこの様に置いても滑らないようにするため。





Rh13a
もちろん、ティップ部は前記事の通り、このロッドホールドシステムで!






そしてそして、、、最後にもう一つ百均アイテムを(笑)







Bs11
ダイソーで買ったブッシュ式のミニLEDライト。





O0960072014146623995
こちらをテーブルの下に両面テープで装着。これで暗い所でも安心。





O0960072014146623994
こんなところにも使用。ライト部をタッチするだけでON-OFF出来ます。














14

・・・ということで、ロッド含め、釣り具積載に関するCX-5のカスタムは、一応これで一旦終了という感じです。あとは、本当の春を待つだけですね!

※明日は、SUDAさんの与田浦53UP!に行きま~す。

| | コメント (4)

2018/03/04

BOTTOMUPからCurl Rod Holder が発売されるみたい!

Top_20180304

前記事の後半でご紹介したスパイラルコードを利用したロッドホールドシステムについて、もう少しだけ掘り下げてみたいと思います(笑)



このシステムは元々、

川村光太郎さんのリーシュコードの使い方を参考に・・・、





ということでしたが、

やはり、川村さんが代表を務める会社ボトムアップから、この使い方をベースとした考えの商品が発売されるみたいです!






Curlrodholder_fiyer

Curlrodholder
BOTTOMUP/Curl Rod Holder
【画像:Bottomup 公式サイト 2018.02.23 kawamura コラム より】





もう少し早く発売してくれよっ!

・・・と一瞬思ったりもしましたが(笑)、私もこのシステムに感銘を受け、代替となる商品を必死こいて(?)探しましたので、本件につき、もうちょっと詳細に紹介したいと思います。








ちなみに、私が今使っているのが・・・、






01
コチラ・・・、OFT ピシーズスパイラルコード(ワイヤー入り)です。




使い方は・・・、








02
カラビナを接続しアシストグリップ部のグリップバーに・・・、




03
もう片方はハンギングピンでヘッドレストに引っ掛けて使っています。




04
ハンギングピンは100均ダイソー(セリアだったか?)で買ったこちらです。




05
もともとは、この様に、ワーム等を挟んでぶら下げて使うのに便利だ!ということで購入しましたが・・・。




また、同サイトの草深プロのコラムでは、








Curlrodholder1
この様にレンタルボートでの使用法も紹介されてましました。
【画像:Bottomup 公式サイト 2018.02.28 kusabuka コラム より】





アルミ・レンタルボートでは、インテリアバーを横に渡してロッドホルダーとして使う方法もイイなぁと思っていましたが、この使い方も嵩張らずでイイですね!






066
現在車に設置のインテリアバーは、半固定なんで、レンタルボート釣行の際は、やはり、このスパイラルコードを使うことにしますかね。






それと、このボトムアップのコード/カールロッドホルダーですが、カラーがこの蛍光色ってのもグッドですね。個人的には、敬遠してしまうカラーですが、用途を考えたら、絶対視認性が良い方が使いやすいと思いますから・・・。まぁ、いずれにしても、ボトムアップは、FULLCLIP製をベースとしたバッグやツールを商品化したり等、ホント考えられた良い商品を出してくるなぁ!と感心していますし、他メーカーとはワンランクもツーランクもレベルが上と感じています。規模の小さな会社ということもあるかもしれませんが、センスの良さや目のつけどころ等、ものづくりに対する姿勢が一味違うんでしょうね!








07

・・・以上、次回は今作成中のラゲッジスペースの使用方法についてです。

| | コメント (2)

2018/02/24

・・・続・ロッドホルダー...カスタム編

Rhtop_2

・・・ということで、前記事の続きです。

前記事でロッドホルダー取付けの過程を中心にまとめましたが、最後により快適に使うためにカスタム要ということで〆ました(笑)





で、カスタム要のパーツがこちら・・・、







Rh1_2
このフロントホルダーです。




購入前から若干不安ではあったのですが(これを使ってる方ならおわかりかと思いますが)・・・、

ロッドティップ部を取り付ける時も外す時も、、、

とっても難儀( ̄○ ̄;)!

まぁ、『ホールド性が良い』ということの裏返しでもあるのですが、私にはこの感じが合わず、早々に外すことを決意しました。(※ちなみに、このパーツですが、購入すると4,500円(税抜)もするようで、もったいないですが仕方ないです)








ということで、このフロントホルダーの代替として用意したのが・・・、

















Rh2_2
こちら・・・、みんな大好きクレトムのインテリア・バーです( ̄ー ̄)ニヤリ

Rh3_2
それと、これらクレトムのインテリア・バー関連商品も駆使してのカスタムです。









Rh4_2
こんな感じで、フロントバーを外し、ロッドホルダーのベースとなるグリップバーにインテリア・バーを掛けるカタチで設置しました。








Rh4b
ロッド設置するとこの様になります。フロントホルダーの代替となるインテリア・バーに乗っける感じの使い方となりますね。






O0960072014133840535
ちなみに、その後、インテリア・バー設置位置を使いやすい様に少し後方にずらし、今はこのバランスで使っていま~す。








・・・この様に、フロントをインテリア・バーに変更して、取付ける感じからのっける感じに変わりましたが、ガタツキも殆どなく、かつ、取り外しも楽になり、釣り場まで、若しくは釣り場からの高速道路をメインとした移動は今のところ、これで良い感じになっています。







・・・が、しかし(まだまだカスタムあり)、

釣り場に着いてからは、










Rh00_3
前車アクセラの時のように、スーっと入れて、スーっと取り出せるスタイルにしたい。








何か良い方法はないのだろうか?





そんなセッカチ仕様を実現すべく考えてた時に見つけたのが、↓この記事・・・、










Rh5

ルアマガでお馴染みの内外出版社のサイト『釣りPLUS』の中の記事、

初代陸王・川村光太郎のカートランク活用術です。




その記事内で紹介されていた・・・



Rh6_2

    ・

    ・

    ・

Rh7_2
このリーシュコードの利用方法(*^ー゚)bグッジョブ!!






これだぁっ~!

ってことで、色々考え・・・、








Rh8_2
こちら、OFTピシーズのスパイラルコードを購入しました。

外観上似たような形状のものは、百均含め幾つもありますが、この商品は『ワイヤー入り!』でダラ~っとせず、今回の目的に合った仕様となっています。ちょっと、お値段高めですけどねっ!





ちなみに、、このスパイラルコードの使用方法ですが・・・、






Rh9_2
まずは、ロッドホルダーのグリップバーにカラビナをかませて接続。







Rh10_2
もう片方は、百均で買ったステンレスハンギングツールで、フットレストのバーに引っ掛けます。






Rh11
そして、この様にロッドを掛ける感じで使用!





Rh12
スパラルコード部分はこんな感じ・・・、






Rh13
適度なホールド性とクッション性があり良い感じです。

これなら、スーっと入れて、スーっと取り出せますね。まさに、オカッパリのランガン移動にはもってこいです。










・・・ということで、ロッドホルダーのフロントの使用方法は・・・、

  • 長距離移動時は、インテリア・バー 
  • 釣り場に着いてからの移動時(ランガン時)は、スパイラルコード

この使い分けが便利です(v^ー゜)ヤッタネ!!






O0960072014134182098

・・・以上、ロッドホルダーカスタム編でした~~!

続編は『リア荷物スペースの有効活用術?編』で~す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/18

CX-5 にロッドホルダーを設置してみた!

Rh_top

12月上旬に納車されたCX-5(2017年モデルKF系)ですが・・・、

契約した10月下旬からロッドの積載方法をどうするか?色々検討しておりました。











Rh00_2
ちなみに、前車のアクセラスポーツの時はこんな感じ・・・、

まぁ、特にお金もかけず、後席のアシストグリップに通すナイロンテープ(※バッグのストラップ等で使うやつです)とバックルを買ってきた程度でした。






ただ、、、今回は折角のSUV・・・、

ロッドを天井部に積載して、垂直方向の荷物スペースを有効に使いたい。

ってことで、様々な種類のロッドホルダー、インテリアバー等、ネット検索メインで検討しておりましたが、最終的に、一番コストが掛かるCAR MATE/innoのロッドホルダーを設置することにしました。

で、購入したのがナチュラムオリジナルの・・・、








788_1
カーメイト(CAR MATE) /IF33E 10ロッドホルダーDHE (IF7規格)

でした。




ちなみに、このロッドホルダーを購入するまでに、設置後のイメージや設置ロッドの長さの限度、取り付け方法等、『CX-5 ロッドホルダー』の検索ワードで検索し、たどりついたサイトやブログが随分と参考になりました。そんなこともあり、私も今回のロッドホルダーの設置の過程、さらには、ワンピースロッドの長さの限度となる目安など、このブログに残そうと考えておりました。






・・・ということで、以下設置までの過程を画像中心でご紹介。

まずは上記ロッドホルダーと併せて購入した取付用パーツ・・・、




If52
カーメイト(CAR MATE)/IF52 角穴アダプター(カクアナアダプター)S 

の設置からです。(※これは、ロッドホルダーをアシストグリップに取付けるためものですが、車種によって、ロッドホルダー装着の際、必ず必要となる別売のパーツです。)








Rh1
後席のアシストグリップの接続部にマイナスドライバーを差し込んで、グリグリっと捻りカバーを外します。




Rh2
すると、こんな感じでカバーが外れます。




Rh3
カバーが外れたら、本体を引っ張ると意外と簡単に外れます!




Rh4
次にアシストグリップを外した穴の部分に、取付用パーツを設置します。




Dsc_1659
取付用パーツIF-52が取付きました。




Rh5b
両サイドに取付けパーツが付くとこんな感じに・・・。




Rh6
そして、いよいよ、ロッドホルダー本体のパーツとなるグリップバーの取付けです。この部分が、全体のバランスの中で構造的に重要部分となるので、きっちり緩みなくネジを締めこみます。




Rh7
取付位置の前後のバランスは任意となりますが、(※理由後述しますが)出来る限りホルダー自体を後方に設置したかったので、後ろ長めのこんなバランスとしました。また、グリップバーに接続する前後の横バーの位置も任意のため、フロントはルームライトに干渉しないように、リアは一番後ろにしました。




Rh7b
横バーが出来る限り天井方向にUPするよう、強く上に押しながらネジを締めこみました。それと、横バー各所の接続部の緩みが少しでもあると、ロッド積載時の振動や揺れにつながりますので、どの部位もキッチリガッチリ締め込みが必要です。

で、この作業、12月でしたが、もちろん、、、、汗ビッショリになりました(笑)




Rh8
そして、いよいよ、予め組み立てておいたこのホルダー本体の設置です。こちらも、フロント・リア各パーツは任意の位置の取付けなので、リアのホルダーは一番後方としています。




Rh9
じゃ~んっ!一応これで設置完了ですオワタ┗(^o^ )┓三






・・・で、ロッドを設置してみると、






Rh10
こんな感じです。





ちなみに、気になるワンピースロッドの長さの許容値ですが、私の場合、6ft10in.のロッドがメインであるため少なくとも7ftくらいまでは設置できる必要がありました。ということで、購入前からネット検索等で検証した結果、CX-5の場合、エンドピースを出来る限り後方に設置することにより、自分のロッドのバランスであれば、なんとかなりそう(?)という想定でした。





O0960071914133840550
CX-5の場合、リアの形状の特性上、こんな感じで、フチから40㎝前後ロッドが後方に突出してもリアガラスにあたらないので・・・、6ft10in.のスピニングロッド(手前)や6ft10in.のベイトロッド(真ん中)をこの様にホルダーに取付けています。





O0960071914133930782
ちなみに、CX-5リア形状はこんな感じ。






O0960072014133840542
あのリアの設置方法でフロントはこんな感じ!

6ft10inのスピニングロッドが手前、6ft10in.ベイトロッドが真ん中です。まだ、ギリギリ、フロントガラスまでいってません(笑) (※ちなみに、両ロッド共、ハートランドです)





ということで、リールシートからグリップエンドまでの長さにもよりますが、CX-5の場合、ロッドホルダーのエンドピースをMAX後方に設置することによって、ワンピースロッドは概ね7ftくらいまでは、イケそうという結論です。













O0960072714125162909

・・・ロッドホルダー設置については以上ですが、より快適に使うためにカスタムが必要ってことが直ぐにわかりましたので(^-^;・・・、今現在カスタムして使用中です(笑)。

ということで、カスタム編は次回につづく~~ってことでヨロシクですm(_ _)m

| | コメント (0)

2018/02/04

Basser 最新号と...CX-8!

O0960074714120452895_2

Basser 2018/03号・・・、

久々に今江さんが出ていたり、前記事で紹介した松村さんが出ていたり・・・と、今回の『Basserは買い』ですよっ!って感じですが、





特筆すべきは・・・、






O0960072014120452890
MAZDA/CX-8が特集されていたこと!





表紙デザインも、、、『トレーラー』・・・車ですし(笑)





まぁ、10月に当blogでもこの記事でイチハヤク(?)、CX-8を取り上げていましたが(笑)、流石のBasserさん、、、しっかり、取り上げてきましたね。しかも、ロッドの束やタックルボックスを置いたり、フラットにした後部座席に寝てみたり・・・と、バサーにとっては、非常に興味深い記事になっていました!







O0960072014120452885
ちなみに、2週間前、新車1ヶ月点検で関東マツダに行った時に、表紙につられて思わずCX-8のオプションカタログをもらってきてしまいました。

御覧の通り、表紙がバスボート牽引シーンということはもちろん・・・、







O0960072014120452882
DAIWA/EXISTのスピニングリール!







O0960072014120452876
さらには、STEEZのベイトリールやDAIWAの(?)ルアー達まで!!!





と、バス釣り色が半端ないカタログになっております(笑)




そして・・・、






O0960071914120452872
こちらが、純正オプションのトレーラーヒッチのページ。








O0960071914120452865
こちらは、特集の中でも紹介されてたベットクッションです。

これなら車中泊には、イイですね!





ちなみに、2週間前、幕張メッセで開催されたオートサロン2018でも・・・、








O0719096014124896393

バスボート牽引での展示でした。 【※画像はzoom-zoom BLOGより】
(CX-5のカスタム車は若干ヤンキー車寄りに感じるのは気のせいでしょうか?(笑))





それと、本日の別府マラソンでは・・・、








O0719096014124894897

こういうことになってました! 【※画像:MAZDA Facebookより】







・・・以上ですが、釣車へのロッドホルダー設置の記事がなかなか進みません。今月中にはアップしたいと思っておりますが、果たして(^-^;

| | コメント (0)

2018/01/21

JAPAN FISHING SHOW 2018 in YOKOHAMA

O0960072014115956463

昨日(1/20)ですが、今年もフィッシングショー会場のパシフィコ横浜に行ってきましたよ。お昼前に到着し、13:30過ぎまで居ましたが、全般的に人少なめに感じたのは気のせいでしょうか?もしくは、出店ブーススペースが縮小して通路スペースが広くなったとか?



ってことで、簡単に以下画像中心でちょっとご紹介。








O0960072014115726456
まずは、ダイワブースに行って、ロッドとリールをチェック。








O0960072014115732853
18EXISTは手に取って巻き心地をチェック。

デザイン的には現在使っている12EXISTを気に入っていて中古で買おうか?なんて思ったりもしてるのですが、18EXISTのシンプルデザインもいいですね。




そして、この日一番の目的である・・・、








O0960071914116017316
このロッドをチェック!

ロッド先端部のシェイクした時のダルサ加減、長さ、感覚的重量等入念にチェックしました。










Murakami_san1
そして、今年も村上さんにご挨拶【※顔出しのため画像加工してます】






Murakami_san2
その後は少々村上さんとお話しを・・・、ありがとうございます。






Murakami_san3
霞水系の情報交換が中心となりました。






ダイワブースのチェックを済ませたあとは、全体的にブースをチェック。

O0720096014115726442
こちらジャッカルブース







O0960072014115726431
こちらは、冒頭画像の内山プロのランクルです。最近、釣車を改良中のため思わず見入ってしまいました。






O0960072014115726427
車内はこんな感じ。私も最近、このロッドホルダーを設置したので興味津々・・・、やっぱランクルは車内の高さも長さも凄いです!





O0960072014115726418
隣に展示してあったオールド?ランクル・・・、格好イイ!






O0960072014116074437
ちなみに、こちらは別のコーナーに展示してあったハイエースです。8フィートのロッドがらくらく積めちゃうスペースですよ!前出の710冴掛も余裕ですな。まぁ、ツーピースなんで、普通の車でも問題ないですが。





O0960072014115956468
魚探のハミンバードやエレキのミンコタを扱う岡田商事のブースもチェック。





O0960072014115956467
こちらは、ミンコタとモーターガイドの比較。エレキもGPSを駆使して、自動操船の時代へ。ピンポイントステイも楽々ですが、お値段高めです(笑)





O0960072014115912239
あと、何気に小物の使用率が高い、第一精工のブースをチェックして、2018年カタログを頂いてきました。ちなみに、皆さんよく使われるランディングネットのマグネットリリーサーですが、私は第一精工の製品を使っています。












O0720096014115732849
あっ!それとこちらは・・・、まず最初に向かったオリジナルグッズ販売コーナーで購入したSLP WORKSのTシャツとロンTです。毎年直ぐ売り切れるのですが、今回も別カラーで売り切れサイズがありました。リーズナブルなんでお得なんですよね。






以上、今年はこんな感じです。

| | コメント (0)

2017/12/24

新旧交代の儀

Dsc_1595_c

ちょっと時間が経ってしまいましたが、釣車の新旧交代の日の事を記録に残しておこうかと・・・。



ちなみに、さかのぼること2ヶ月程前、台風直撃&衆議院選挙投票日前日の10月21日(土)、この記事でmazdaに出向いたことを書きましたが、実はCX-5の試乗の予約をしておりました。まずは、2000㏄ガソリン車で家の車庫入れを行い問題ないことを確認後、試乗コースではない高速道路での試乗をさせてもらいました。で、この試乗で感じたのが、高速走行時でのパワー不足感、、、まぁ、若干ですが。

ってことで、急遽、横浜市にある関東マツダに高速道路経由で2500㏄の試乗車を取りに向かい、予定になかった2500㏄の試乗も(しかも高速道路走行で)、この日に体験することが出来ました。(※ちなみに、ディーゼルエンジン車の試乗はしていません)

そして、この日の試乗での脳内整理は以下の通り・・・、

  • 街乗り、そして100㎞までのスピードであれば2000㏄で十分 
  • 車重が軽いせいか、街乗りでの2000㏄(2WD)は軽やかで良し
  • 100→120㎞の加速時、2000㏄は高回転傾向でパワー不足を感じる
  • 2500㏄は車重が若干重くなり燃費も多少落ちる(あくまでデータ上)
  • 100→120kmの加速時、2500㏄はガンバッテル感・パワー不足感まったくなし
  • ディーゼルは、計算上イニシャルコストの元を取るのに10年以上必要
  • ディーゼルは、ガソリン車に比べオイル交換等コストが掛かる
  • 年間1万km程しか乗らない我が家にはガソリン車がよい 
  • 釣りや帰省等、高速道路走行の割合が多いのでパワー不足感はNG

・・・以上、もろもろ考え、ガソリン車2500㏄(2WD)に決定!

もともと、2000㏄前提の予算感でディーラーさんに伝えていたこともあり・・・、忖度頂き(笑)・・・、ここでは書けない・・・、ネット情報の値引きマックス値の2倍近くのお気遣いを頂き、予定になかった契約をこの日のうちにしてしまいました。翌日の日曜日が台風直撃&衆議院選挙投票日ってことで、来客が見込めない事、11月登録の車の販売目標のため等ということで、値引き額(二束三文の下取り車の価格アップ含め)を大幅アップ出来た、と言っておりましたが、まぁ、まだあまりオープンになっていない年明け以降のMC(年次改良)前だったからではないと思っております(笑)

・・・で、12月2日(土)の納車日。






Dsc_1580
関東マツダ溝の口店に向かう前にGSへ






Dsc_1582
旧車アクセラへの長年の感謝の気持ちと記念撮影前の準備ってことで洗車。





Dsc_1584_2
そして、関東マツダに到着した時のメーターです。





138,918㎞




2005年2月から13年弱乗ってこの距離でした。

多分、、、というか確実に、この半分以上は霞水系往復に使ったと思います。

・・・もろもろ手続きを済ませ、最後に新旧交代の儀です。







Dsc_1595_b
先日発売されたCX-8が展示中でしたが、ちょっとどいていただき(笑)、アクセラをCX-5の横に並べ・・・、






Dsc_1600
記念撮影~♪13年間...(/ ^^)/アリガトネ








2013_sp
こちらは、タマタマ、バス持ち写真にアクセラが背景となった画像、、、初公開です。2013年春、場所は多分外浪逆浦かな?若いなぁ~!笑






・・・その後、関東マツダを後にし、ドライブ&新車のお祓いのために、首都高→東関道経由で、成田山新勝寺へ。







Dsc_1608
新勝寺本殿からちょっと離れたところにある交通安全祈祷殿で13:30から祈祷をしていただきました。







O0960071914092791196
ちなみに、祈祷するとこんな交通安全御守りをいただけます。









そしてそして、遅めの昼食は・・・、

やはり、成田山といえば、鰻ですってことで、









Dsc_1619
あの有名な駿河屋へ~♪

食べログで2017/12/24現在『成田 うなぎランキング』NO.1!評点3.63のお店です。








Dsc_1615
納車記念というこじ付けで、うな重の特上をオーダー(笑)

いやぁ~~美味かったですねぇ~♪

ちなみに、お昼時に行くと待ち時間が半端ないらしいので、遅めのランチがオススメです。この日は14時に行きましたが、ラッキーにも直ぐに席につけました。







てな感じで、帰路ももちろん高速道路メインのドライブを堪能・・・、










Dsc_1633_c

我が家の狭い車庫にこんな感じで無事おさまりました~♪

| | コメント (0)

2017/12/17

釣車

O0960072014092898006

今回は新車納車時の記事の予定でしたが、諸々忙しく(?)、記事がまとまらず(^-^;・・・ということで、再度この記事は次回に廻すこととしましたm(_ _)m

ちなみに、今回の新車購入をきっかけに・・・、

『釣車』というカテゴリーを新たに追加しました。冒頭画像の通り、少しずつ新車を釣車仕様に進化(?)させております。自分仕様にカスタマイズしたロッドホルダーの詳細についても、後日、記事で紹介したいと考えております。





で、この土曜日ですが、慣らし運転のついでに水郷に出向き、Deeperを少し使ってきましたよ。まぁ、本格的な調査は年明け以降の予定ですが、その前の予習・事前準備の意味合いですね。







O0960054014092907314
こちらは沈みテトラエリアの映像です。このポイントは、寒い時期の昼間にテトラの上にバスがサスペンドする傾向のある場所ですが・・・、この画像は、水深2.5m強、テトラのトップが1.2mで、水深50㎝のところに魚が浮いてるものです。ちなみ、この魚はバスかどうかは微妙です(笑)



O0960054014092907326
こちらも水深のあるエリアのテトラ画像です。どこからテトラが始まるか?その境界の確認のためにDeeperを流しました。




この日は午前中ですが水温7~9℃でしたね。

ってことで、次回こそは納車時の記事をアップしたいと思います。
(はぁ~、年賀状のデザインも考えないとなぁ~(◎_◎;))

| | コメント (0)

より以前の記事一覧