DVD/video/magazine

2019/02/10

The Final Fight

O1080081014353519130

青木プロのTOP50の試合の模様が観れるDVDを購入し視聴しました。



日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介プロに全試合密着するSERIOUSシリーズも2019年からアメリカのB.A.S.S.に本格参戦するため、最後のJB TOP50戦...ってことで、シリーズ最後のDVDとなりました。








Aaaa

2012年のバサクラの完全密着から始まったこのSERIOUS(※写真左)、翌年の2013年からJB TOP50の試合に完全密着(※写真右:SERIOUS Ⅱ)となり、ずーっと続いてきました。

こういった最高峰トーナメント密着モノのDVDシリーズは殆どなく・・・、









O1080081014353519138

今江プロの2010~2012年のJB TOP50完全密着のReal Fight シリーズが、当時唯一だったと思います。ただ、このReal Fight シリーズも2013年シーズンからはなくなり、楽しみなDVDシリーズがひとつ減ってしまったと残念に思っていたところに、このSERIOUSシリーズが始まり・・・、









O0810108014353519135

この様に、毎回欠かさず購入し楽しませてもらいました。


ちなみに、今回購入のDVDは、大事な最後のJB TOP50戦となった最終戦を収録しているのですが、予選通過した3日目最終日の戦いの模様は、制作サイドの機材トラブルにより試合当日の映像なしとなっています。


自分は、この3日目の映像がないことを購入してから知り残念な思いになり...、そこで、すかさず、DVDパッケージの裏面をみて、小さくその旨の記載があることを知った感じでした。予選通過しなかったら3日目はない訳ですが...、予選通過したことを事前に知っていて、かつ、今まで全てのシリーズをみてきたわけですから、当然、映像があるものと思って買っています。もちろん、発売元等に違法性も落ち度もないことは理解してますが、この3日目の映像がないことをもう少し、皆が分かるように、事前告知しないと、ガッカリする方が今後沢山出てくると思います。人によっては、この事を事前に知っていたら、このDVDは購入しなかったとい判断した人も居たかもしれません。


もちろん...、

自分は...、

この事実を事前に知っていたとしても、このDVDは購入してました。ただ、欲を言えば、事前にこの事実を知って、納得して購入することが出来れば、より良かったかなぁ~...と(笑)







と、まぁ、最後、ちょっとスッキリしない部分もあったこのDVDシリーズですが、こういったDVDを供給し続けてくれた、青木プロと㈱つり人社様に感謝したいですね。





ちなみに、↓こちらが、2010年のReal Fight season1 予告編。懐かしい~(笑)

| | コメント (0)

2019/02/03

「足元の釣り」から「沖の釣り」へ。

O1080081014349231482

2週間前のフィッシングショーで唯一購入したものがあります...、それが、冒頭画像の『ELDORADO』というDVDです。昨年の12月にボトムアップのFacebookでこのDVDの発売を知り、楽しみにしていたのですが、フィッシングショーで少量先行発売されるということで、会場に到着して真っ先に購入した次第です。

ちなみに、このエラルド』、どんなDVDかと言いますと...、

以下DVDパッケージ裏面記載の説明文より...

「足元の釣り」から「沖の釣り」へ。
川村光大郎の出現で主流になった「足元を釣る」スタイルは、しかし近年ではライバルの多さからプレッシャーも高く、よりハイレベルなテクニックを必要とされるようになった。しかし、そんな今だからこそ輝くのが「沖の釣り」だとW.B.S.所属のハイテク魚探スペシャリスト・草深幸範は語る。魚探を駆使して探したスポットを攻略する術に定評の有るアングラーだが、その釣りは陸っぱりでも応用出来ると言う。そんな草深が探り出した“バスボートには攻略し難いが、陸っぱりからは攻められる”秘蔵のスポットと、攻略法を紹介するのがこのタイトル『エルドラド』だ。





...てな感じのDVDです。

近年、特に2016年からここ3年間は、釣行記で、「沖」、「沖の釣り」、「チョイ沖」、「ブレイクの沖」...等のワードが何度も出ているように、自分としては、意識して沖の釣りを実践してきましたし、バス釣り始めた当時の1998~2001年頃までは、北浦でナス型錘のヘビダンを大遠投して、超沖を釣っていたこともありました。(※もちろん、足元の釣りも、ピンがあったり...、岸際が美味しいポイントや、日や季節によって、あきらかに岸際が美味しい...なんて時は、当然やります。)

そんな自分にとって、このDVDは大好物間違いなしの作品(笑)...、実際、視聴してみましたが、興味深い内容となっておりました。




O1080081014349231481

解説パートでは、霞本湖~北利根、外浪逆浦...鰐川~北浦上流部まで19スポットを現場映像に加え、ドローンや魚探映像を駆使して紹介しているのですが、霞本湖の一部を除いて、全て釣りしたことのある...、よ~く知ってるポイントばかりでした。もちろん、ここで紹介されてるくらいですから、ボトム特性等特徴があるわけで、釣果的にもお世話になっているところばかりでしたね(笑)

ただ、当然魚探で確認したわけではないですから、各ポイント・・・、目で見た概ねの地形特性とシンカーから伝わってくる情報ベースとしたある程度の想像を含めたボトム特性を把握しているのみ。そこで、魚探のサイドイメージ等で表示されるこのDVDを見ると・・・、

なるほど...、予想通り...、

だったり、予想より変化が大きい...とか、

『えっ!そんな変化が!...どうりで釣れるわけだっ!』...とか、

確認、復習、発見が出来ました。






例えば・・・、







O1080060714349231487

北浦上流部の岬が絡む護岸ポイント【※画像クリックで拡大表示】。沈みモノが始まる変化部で、何度も良い思いをさせてもらってますが、↑こうやって画像を見ると一目瞭然。ここでは、自分の場合、岸際のみならずチョイ沖に投げて斜めに、この変化を舐めるようにトレースしてくる感じ...当然スタックもよくします。





O1080060714349231485

こちらは北浦の旧護岸と新護岸の変化があるポイント【※画像クリックで拡大表示】。新護岸側は沈みモノが入っており、旧護岸は入ってないポイント。まぁ、この変化でもよく釣れてくれるのですが、魚探画像で見ると変化の詳細がよりわかりますね!ちなみに、旧護岸側も元々ハードボトムなんで、この先にある漁港よりのチョイ沖の杭廻りでも実績ありです。



O1080060714349231475

こちらは、北浦・鰐川水系の某水門につながる護岸ポイント。ここの水門の少し離れたところ...今は護岸...が昔水門だったということを、ここで釣りをしていた時に、エサ釣りをしていた地元のお爺さんに教えてもらって(※知る人ぞ知るハナシ)、知ってはいたのですが・・・、ここも魚探画像を見ると、水門跡って感じで掘れてるのがわかりますね。ちなみに、このポイントは、水門沖の変化も美味しいですが、岸際もガキガキで美味しいです。とにかく、よくスタックするので、ネコリグでズルズル...釣りしてます。






・・・てな感じのDVDですが、このDVDを見て場所を知り、その場所に釣りに行くのでは芸がない...というか、進歩なし...で、今どきの情報に溺れた軟弱バサーと同じですよ(笑)。

このDVDを見て・・・、

こういう場所は、こういう変化がある...とか、

こういう風景の場所は、ボトムがこういう変化になっている可能性が高い...とか、

『場所探しの観点・ボトム特性の捉え方』の参考にするのがよいのではと思います。



自分もこのDVDを見て、ますます、場所開拓がしたくなりました。そして、引き続き沖の釣りをしていこうと思いました。沖で魚を掛けるとなんとも言えない気持ち良い感覚があるんですよ(笑)。

| | コメント (0)

2018/12/24

年末ですなっ!

O1080081014322415136_wdp

年末~~ってことで、バタバタしております。

先週、ブログアップが出来なかったので、まずは先週のことから。



8日の土曜日は久々の休日出勤ってことで、先週の月曜日は代休で平日休みでした。

平日休みとなると、ここぞとばかり、空いてる釣り場に出向くことが殆どですが、今回はお疲れモードってことで、ゆっくりしてました。






O1080081014322415153_wdp
ちなみに、その平日休みのランチは、最寄り駅近くの蕎麦屋さんに出向き・・・、









O1080081014322415159_wdp
念願の(?)ランチビール...(・∀・)イイ!

前述の通り平日休みは、ほぼ釣りでしたので、ランチビールなんてことは皆無だったわけですが・・・,いやぁ~~いいですなっ!やっぱ平日のランチビールは(笑)

非日常感がチガイます( ̄ー ̄)ニヤリ





で、ランチ後は、ノジマに行き・・・、





O1080081014322415128_wdp
これら年賀状作成セットを購入!








O1080081014322415144_wdp
その勢いで年賀状の作成も済ませちゃいました。

今年の画像は、常陸利根川の某所です。ちなみに、昨年は鰐川一昨年は横利根川でした。



そしてそして、購入して見てなかった冒頭画像の大ちゃんDVDも視聴。

時間がなくて、3rd.の七色ダム戦しかみれませんでしたが、やっぱこのシリーズのDVDは面白いですね。







O1080081014322415116_wdp
2012年のバサクラ密着版から始まったこのSERIOUSシリーズですが・・・、大ちゃんプロは来年からアメリカ~ってことで、今年で最後になってしまうのでしょうか?

ちなみに、勿論ですが、12月初旬に発表となった2019年JBトップ50メンバーの中に大ちゃんプロの名前はありませんでした。そして、残念なことに河辺プロの名前もありませんなっ。しっかり今年成績を残したベテランの沢村プロや加藤プロ(※5戦中3戦で29位以内をGET!)はメンバーの中に入ってくれましたが、一つの時代の変り目って感じがしてしまいます。







・・・でもって、この3連休は、土曜日に大掃除&年賀状の裏面印刷を実施。






O1080081014326310902
流れに乗って、本日、宛先印刷も完了しちゃいました♪








で、近所の上州屋で、時々購入するルアマガを買ってきたら・・・、









O1080081014326310897
最新号は大ちゃん特集でした!

2018年タックル・オブ・ザ・イヤーも出てますよ。







ってことで、バタバタの年末...、今週で仕事納めとなります。

| | コメント (0)

2018/12/09

Basser 2019/01

O1080081014317858986

もう随分と前の事の様に感じる今年のバサクラ...、その特集号となる最新のBasser誌を読みました。最近は、Abema TVで生中継されたり等、試合内容が既に大分露出しているため、一昔前のこのバサクラ特集号の発売を心待ちにする感じはなくなりましたが・・・、それでも、この内容の濃い、価値のある特集号はしっかり読みます。




で、今回は、試合内容の本筋とはちょっと外れているかもしれないけど、自分にとっては、重要な...、かつ、注目して読んだ部分を過去のblog記事とリンクさせせてちょっとご紹介~~笑







O1080081014317858992
まずは、この小野プロの『チャブルSR』の記事。

↓こちらの記事で紹介したように・・・、

情報をどう捉えるか?/ Bass Fishing cafe

今年の秋くらいから注目して、あまり好きではないクランクですが、わざわざ購入していつも使っているDビルシャッドと併せて使ったほど。

O1080081014317858999_2
ってことで、今後は、Dビルシャッド55MRとともに、使い続ける予定。引き心地も自分好みで、釣れそうな雰囲気バリバリだったんでねっ笑





O1080081014317859015

そして、次は、この田辺プロの記事・・・、

「“はじめてのおつかい”状態」と言っていたリグが、





O1080081014317859028
このエスケープ・チビツインのフリーリグ。実はこのフリーリグ...自分は昨年くらいから注目していて(夏季休暇のロックフィッシュゲームは・・・。/ Bass Fishing cafe)、まずは海のロックフィッシュゲームから導入しましたが、テキサスリグをあまり使わない自分にとっては、このリグなら使ってみようかなぁと思ったリグ。今後、バス釣りでも導入するかもしれません。ちなみに、今年の夏はこのフリーリグで、狙いのキジハタをゲット↓できました笑

夏季休暇...STEEZ KINGBOLTでロックフィッシュを~♪/ Bass Fishing cafe









O1080081014317859037
そして、次は、大ちゃんプロのこの5in.スリムヤマセンコーの画像・・・、Abema TVで生中継されていたため、北浦のあの魚影の濃いエリアで、ストレートワームのJHWを使っていたのはわかっていましたが・・・、やはり、ワームはこの5in.スリムヤマセンコーだったかぁ!という感じ。

で、何を言いたかったかと言いますと、こちらの↓記事でも書いているように・・・、

プロセンコーではダメなのです!/ Bass Fishing cafe

「やっぱ、JHWにはプロセンコーではなくこっちだよねっ!」

ということ。ECOワームしか使えなくなったJB戦では、この5in.スリムヤマセンコーは使えない(プロセンコーはECOワームですが...)のですが、JB戦ではない、こういった規制解除された試合では、やっぱ、本当に良いモノを使う事になることがわかります。ちなみに、河辺さんもこの5in.スリムヤマセンコー使ってたねっ!笑

あと、注目すべきは、このJH・・・、

1/32ozのウェイトを使うのも自分と一緒、そして、中央ハチマキから少しテール側にズラしてフックセットするバランスも一緒・・・、だた、エグジグワッキーヘッドを使っていたということにちょっと注目(※自分はザップのインチワッキーヘッドを使用)。何か理由があるはず、自分も試しにちょっと使ってみようかなぁと思った次第(笑) 






O1080081014317859049
そして、最後はこの頁・・・、

当blogでも何度か紹介した(バサクラ2018/ Bass Fishing cafe )・・・、我がmazdaがこうやって、一時でもBasser誌のスポンサーとなり、こうやって広告が載ることは非常に嬉しいことで、やはりスルーする訳にはいかないです(笑)






O1080081014317859067
ちなみに、本日は、1年前に納車されたCX-5の年次点検でディーラーに出向きましたが、こんな感じで、沢山のCX-8が来週の納車に向け並べられておりました。






O1080081014317859085
それと、どうでもよいハナシですが、1991年のLe Mans24時間レースを制したMAZDA 787Bのミニチュアが関東マツダ溝の口店に展示してあったので、思わず写真を撮ってしまいした(笑)




・・・以上、今日はこんな感じ。寒くなってきましたねぇ~、そろそろ...

お燗...そして、管釣りの季節ですなっ( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0)

2018/12/02

マッディー攻略の方程式

O1080081014313778702

10月下旬、SNSでとある方の訃報を知った時に、頭の中に浮かんだワードの一つが、この『マッディー攻略の方程式』でした。







O0809108014313778700

ご報告 / 渓流 ルアーフィッシング 本山博之 渓流情報

↑こちらのアメブロ記事でも報告されてますように、10月28日(日)、享年60歳、本山博之さんは帰らぬ人となりました。






90年台後半にバス釣りを始めた自分にとって、霞最強のトーナメンターであった本山さんのバス釣りビデオはかぶりついて何度も見たものでした。

訃報を知った時、本山さんのビデオを買ってみていたことをこのブログに残しておこう!と思ったのですが、ビデオをストック箱から漁るのが遅くなり、記事アップがタイムリーに出来ず、今頃となってしまいました汗💦

で、冒頭画像が当時見ていたビデオです。しっかり、とってありました。






O1080081014313778703

ちなみに、『本山博之&川村光太郎の絶対!! おかっぱり宣言』のビデオシリーズの頃は、まだ川村さんは大学生でしたからね!

このビデオでミノー・シャッドのアクションも学んだり、本山さんの影響で、今は廃盤のベルズのシャッドなんかも使っていました。あのシャッドはよく釣れるルアーだったなぁ~笑

まぁ、とにかく、自分にとって記憶に残り影響力大の(元)バスプロであることは間違いなしです。







...慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

2018/05/13

Rod and Reel...最終号

O1080080914185125562

ロドリが休刊だそうです。 (...もちろん、、今回は購入ですよ!)

なんだか淋しい気分・・・、4年前バスワールドが休刊となった時のことと併せて、ダブルパンチでそんな気分になりました。







O0810108014185305254
今江プロも金髪、、いやっ銀髪姿の御自身の表紙画像をのせて、ブログで扱っておりましたなっ(笑)








O1080081014185302678
御覧の通り、1997年4月号の発刊(おっと!表紙は田中律子!!笑)・・・、ちなみに、私がバス釣りを始めたのが1997年10月ですから・・・、自分のバス釣り歴とともに歩んできた気分です

バサー誌は結構前から発刊してましたが、バスワールドは96年、 (上述の通り)ロドリが97年、そして、ルアマガが98年頃(...だったと思います)の発刊ですから、ちょうど自分がバス釣りを始めた頃にこれら4冊が揃ったわけで、、、狂ったように(笑)、のめり込んだ最初の3年間は、これら雑誌の影響も大きかったと思います。




O0809108014185125584
(↑この様に、バスワールドは96年から2014年5月号まで約18年間





・・・その後、2001~2004年は資格取得や転職等、釣りどころではなかったので、バス釣りをお休みしましたが、2005年からバス釣りを復活し、このブログを2006年に始めたくらいの頃は、毎月25日前後にはこの4誌フルセット購入なんて時期もありました。で、ここ10年くらいは、バサー誌+αという感じで、その時の特集次第で、+αの部分は購入している状況です。この4誌ですが、それぞれ特徴と言いますか『色』があり・・・、それぞれうまく住み分けがされていた感覚で、毎月25日の発売が楽しみで待ち遠しい♪...なんて時期もありました。まぁ、歳をとったということでしょうか(?)、最近は、そんな感覚も薄れてきました・・・(笑)



そして、地球丸&ロドリといえば、雑誌のみならず、自分的には・・・、







O1080081014190054591
これら村上さんのVHSですね!

・・・ちなみに、岸釣り大全は2003年の発売ですが、村上さん考案のリグ、、ダウンショット(常吉リグ)、ネコリグ(根こそぎ釣れるリグ)、スモラバ(ハンハン)をこれらで随分と勉強しましたね(笑)





そしてそして、、、ロドリと言えば、忘れてはならないのは(笑)、
















O1080081014185125578
自分も登場させて頂いたこと(/ω\)ハズカシーィ

ロドリ2013年7月号でのことで、以前ご紹介しましたが、ロドリ最終号の記事ということで、僭越ながら再び...です(笑)





O1080081014185125574
使ってるリグが今とあんまっ変わってねぇじゃねぇかぁ~~( ̄○ ̄;)!







それと・・・、

ロドリからは離れますが、、バスワールドと村上さん...ってことですと、








O1080081014185125569
2010年11月号2010年12月号・・・と村上さんシリーズの北浦編でガイド役として関わらせて頂いておりました。







O1080080914185125567
う~ん、、懐かしい、、今よりだいぶ痩せてるなっ!俺ι(´Д`υ)アセアセ

ちなみに、こちらは、潮来ステーションホテル駐車場でのヒトコマ・・・、ポイントマップをもとに、作戦会議って感じでしたね。








・・・以上、バスワールドが休刊になった時は特段触れませんでしたが、自分がバス釣りを始めた頃からあった・・・、そして、自分のバス釣りに大きく影響していた・・・雑誌4冊中2冊が休刊となってしまったので、取り上げてみました。まぁ、自分は、この2冊をコンスタントに買い続けてきた訳ではありませんが、毎月購入している雑誌の選択肢が減るのは淋しい事ですね。

| | コメント (0)

2017/10/15

改訂版...バス釣り大明解MAP

O0960072014048672749

少し前のことになりますが、つり人社から改訂版 バス釣り大明解MAP』が発売されました。こちらは、平成22年6月に発売された、霞ヶ浦と北浦を網羅した『バス釣り大明解MAP【※以下「初版」と表記】に水郷エリアが追加されたものです。

初版を2冊も所持していたことに加え、以前の記事(コチラ→霞水系バスマップでもご紹介した通り、昔からため込んでいた北浦の情報をこの初版に書き込むことにしていたので、この改訂版を買うかどうか一瞬迷ったのですが、この追加となった水郷エリアが掲載されているのはやはり便利ということで、購入することにしました。

O0960072014048672786
ちなみに、↑こちらが初版です。お持ちの方も多いはず。





O0960072014048672791
そして、その初版の網羅範囲はこんな感じで霞ヶ浦、北浦の本湖系のみ。
【※↑画像をクリックすると拡大表示されます】





O0960072014048672780
そして、今回の改訂版の網羅範囲はこんな感じで赤く囲った範囲が追加されました。
【※↑画像をクリックすると拡大表示されます】





O0960072014048672797
ちなみに、1998年発売で、いまや廃版となった↑この伝説(?)の『バスマップ霞ヶ浦・北浦(付利根川水系)【※以下「伝説版」と表記】の水郷エリアの網羅範囲は・・・、







O0960072014048672803
こんな感じで、今回の改訂版で追加された水郷エリアとほぼ同じ範囲が掲載されているように感じます。
【※↑画像をクリックすると拡大表示されます】







・・・が、







残念なことに、伝説版は、常陸利根川のV6マリンあたりから下流エリアが含まれていなかったのです。それが今回の改訂版では、この常陸利根川の下流エリアをしっかり網羅・・・、まぁ、常陸利根川のアツイエリアが沢山含まれてますからね。ちなみに、この常陸利根川の息栖大橋から下流で釣りする場合のマップについては、グーグルMAPを出力し繋ぎ合わせ、アナログ的なオリジナルのMAPを使用しポイント巡りをしておりました(^^ゞ










O0960072014048672811
こちらは、伝説版の黒部川中流域の頁です。ここに書き込んだ情報についても、今後、この改定版の頁に書き写していきたいと考えております。
【※↑画像をクリックしても拡大表示されませんm(_ _)m (笑)】

O0960072014048672816_2
前述の通り、北浦の情報については、初版の方に書き込んでしまっているので、北浦本湖の情報はこの初版に記入することとし、今回追加となった水郷エリア(北利根、与田浦、前川、浪逆、鰐川、常陸利根、黒部川あたり)の情報は、この改訂版に書き込むことにしますかね。まぁ、横利根は書く必要なしだなっ(笑)
【※↑画像加工してます。画像をクリックしても拡大表示されませんm(_ _)m 】








O0960072014048672820
ちなみに、改訂版とはいえ北浦エリアは初版の情報のままですから、この通り、北浦の鹿行大橋は建設中表記のままですよ!







・・・以上、ポイント紹介・解説本の類のものが発売されたりすると、自分としては、あまりありがたくないのですが(笑)、この本はあくまでMAPですから・・・(まぁ、要所要所若干の解説ありますが)、こういう本は便利ですしありがたいですよね。

| | コメント (0)

2017/09/03

艇王2016 in 新利根川

O0960072014018629242

ルアマガの『艇王チャンピオンカーニバル2016 in 新利根川』のDVDを購入しました。このDVDは、ルアマガモバイルが発信する、レンタルボートでのバスフィッシング王者を競う人気企画「艇王」で、2016年9月下旬に新利根川で繰り広げられた決勝戦の模様を収録したものです。

この決勝戦は、AbemaTVでも同時生放送され、その反響はネット等でなんとなくわかっていたのですが、このDVDが発売されたとき、一瞬迷って買うのをやめ、改めて考えて、やっぱり・・・ということで購入した経緯があります。
(※ちなみに、AmebaTV【アメーバTV】ではなく、AbemaTV【アベマTV】ですので)




ちなみに、なぜ迷ったか?を正直に書くと・・・、

出演者に、バスを釣り上げるシーンを映像で見ていて、気分が悪くなるアングラー含まれていたから・・・(笑)、

とはいえ、これは個人の好みの問題・・・、釣りは上手いし見ていてためになることも多いのでねっ。そこは目をつぶるということで(笑)。あと、やっぱり、最強トーナメンターと、自分と同年代のアングラー、この2人の釣りはいつも興味があるので。そして、やっぱり、場所が新利根川で、松屋さんのレンタルボートであるということ・・・、これが購入を決断した大きな要素(※自分も2008~2009年頃は新利根川のレンタルボート釣行を少しやったことがあったので)。






・・・で、このDVDを見てみての感想ですが、

陸王のチャンピオンカーニバルの傑作年の面白さまでは流石にいきませんが・・・、『面白かった!』というのが正直な感想です。あと、特筆すべきは、レジットデザインの鬼形氏と編集長マイケル氏の解説が良かったこと。この番組の面白さに寄与していると感じましたね。




ちなみに、その2008~2009年の新利根川ボート釣行の釣行記は以下の通りです。一応読み返したついでに、リンク貼りました。





O0960096014018629318

■W.B.S.霞探 2008/Boat編 新利根川 

W.B.S.霞探に出ていた頃のボート編の大会とそのためのプラの釣行を記録したものです。現在、W.B.S. Bプロのtomoさんと協力し、なんとかんとか釣って、2位となった大会です。





O0960095914018629337

新利根川・・・小バス祭り?

翌年の同じく霞探ボート編のプラの模様です。時期も時期だけに、小バスラッシュに苦労しました(笑)





O0950094914018629328

W.B.S.霞探 2009/Boat編 新利根川

2008年同様、tomoさんと出場したこの大会でしたが、意外とリミットメイクに苦労し、意外と?サイズに悩まされ(笑)・・・、順位は6位でした。







・・・以上、久々に記事を読み返してみましたが、懐かしいですね。

久々に新利根松屋ボート釣行したくなりましたよ。

| | コメント (0)

2017/06/21

Google Earth

O0768096013965268567

今更ですが、Google Earthって便利だし面白い(・∀・)イイ!

通勤時の電車の中で、暇つぶしに、ポイントの地形チェックしたり、周辺の交通・駐車事情等をチェックしたりしてます。

ちなみに、冒頭画像は、横利根川の大曲周辺です。特徴的な形態なんで、例として挙げてみました。











O0720096013965268575

そして、こちらが、鈴鹿サーキットのS字コーナー周辺。カタチが似てるから・・・なんて、そんな短絡的な理由で載せたのではありません。いやっ、若干そんな感じもあります(^-^;笑

ちなみに、1995年F1日本GPは、このあたりの観客席で観戦しましたよ。優勝はミハエル・シューマッハ。鈴木亜久里は最後のF1レースとなってしまったGPでしたね。







・・・と、若干話はそれましたが、横利根川の話が出ましたので、ちょっと紹介。










O0960072013965268564

もう4年くらい前のことですが、御覧の通り、ロドリ2013年7月号『発見!!日本全国 岸釣りピンスポットガイド』の1頁で登場させて頂いております。もちろん、blog初公開・・・、この本が発売された当時は未公開でしたが、もう数年経ったから良いだろう!ということで、チラ見せです笑

当時、ロドリのライターさんからのオファーは、『北浦か横利根川で一頁お願い・・・』ということでしたが、悩みに悩み、最終的に横利根川をセレクトしました。『まぁ、載せるエリアも超メジャー場所のみだし・・・、核心に触れることはないので、、、まぁ、良いかな?』という判断だったと思います。ちなみに、地元アングラーってことで紹介されてますが、新潟県出身の神奈川県民・・・、まぁ、横利根川は超マイナー場所だった20年くらい前から通ってますけどねっ笑。

もし、バックナンバーお持ちの方は、気が向いたら見てみてくださいm(_ _)m 大した事は書いてないですがモジモジ(。_。*)))・・・そのあたりはご容赦くださいませ(^-^;










O0583096013965592034

色々、話がアッチャコッッチャしましたが、Google Earthは面白いってことでしたね。とにかく、便利な世の中になりました!ホントに・・・(*^ー゚)bグッジョブ!!

| | コメント (0)

2016/12/23

村上様.....帰ってきた

O0960072013827666115

釣りビジョンのDVD、村上さんのNatural Tripperが久々に発売されました。











O0960072013827666165

今回は、特典映像としてボートアジングのDVDも付いてます♪






バス釣りの方は、遠賀川とリザーバーでの釣り・・・、

沖目の沈みモノの釣りに今年目覚めた(?)、自分にとっては、遠賀川の釣りの映像は、グッドタイミング♪って感じでした~。笑




※ちなみに、↓こちらは釣りビジョンのPR動画です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧