hard lures

2019/03/31

ルーハージェンセン/スピードトラップ

O1080081014381971276_1

3月も終わりですね!釣りの準備しなければ...(^-^;








ってことで、久々に釣りビジョンの番組のネタです。








O0809108014381971299

『夜マズメの語るシス』という番組…、今この3人の会談の回が放送されており、なかなか面白かったので、取り上げてみました。




そんな番組内で、3人の思い出のルアーBest3を紹介してるのですが、この内容がまたまた面白く、特に光太郎君(※...君呼びで失礼致します)の1位はなんとなくの予感で、自分がドンピシャ当ててしまいました(笑)






O1080060714381971292  
O1080060714381971294

で、その1位のルアーが、ルーハージェンセンのスピードトラップ…、

自分もこのblogでかなり前から取り上げ、no.1的扱いをしてきたクランクです。
【※このクランクで釣った時の釣行記が探したらありました(^-^; ⇒コチラ






O1080060714381971297

ちなみに、ボトムアップでもなんとかこのクランクに似たモノを作れないか?と試行錯誤しているとのことで、今後のリリースが楽しみになってきました。






O0809108014381971285

このスピードトラップですが、昔はmade in U.S.A.だったのが、今は微妙に変わって、作ってる国も本国ではなくなっています。この番組でも言っていましたが、昔のと今のとでは、ラトル音も微妙に違うようです。で、冒頭画像の下のチャート系の方が昔タイプで、画像上のホワイト系の方が最近のモノです。








O1080081014381971279

こんな感じで、釣りの時に一応持って行く(使わない可能性大だけど・笑)クランクベイトケースには、必ず、このスピードトラップを忍ばせておりますが、昔タイプのは、もうこの一つしかなく、コレクション状態で、なんとなく使うことが出来ません(笑)





O1080081014381971281

それと、同じルアーデザイナーの名作であるティンバータイガーも一緒にボックスインです。





光太郎君が言っていたスピードトラップの特徴について、的を得ていてよいなぁと思ったので、一応まとめておくと...、

  1. ゆっくり引いてもよく動く
  2. アクションがクランクとシャッドの中間くらい
  3. ブルブル時の動きの支点が解りづらく柔らかいモノに見える

 

1,2なんかは、霞で釣れるクランクの定番要素ですが、3は、なるほどルアーを見る視点がサスガ違うよなぁ~と感心させられる内容でした。やはり、光太郎君は沢山魚を釣ってるだけあって、釣れるルアーの見極めや要素の見極めが飛びぬけてるようです!






...以上、釣りビジョン番組のお話はここまで、ってことで、久々にスピードトラップを投げてみたくなりました。










O0810108014381971288

それと、この番組でも53pick up!の話題が出てましたが、そういえば、3月10日(日)に須田さんとこの与田浦53up!に参加しておりました。








D10c9fb8601e38223fdb11ed6e5289f11cca7c1c

今年も良い運動になりましたよぉ~~(笑)

| | コメント (0)

2019/03/03

祝...SLOW ROLL♪

O1080081014365654199

SLOW ROLL...、




久々にこのワードが飛び込んできました!...嬉しい♪

それは、9名の日本人選手が出場し話題となっていた、B.A.S.S.セントラルオープン第1戦で伊藤巧プロが準優勝し、そのメインパターンが、クリスタルSのスローロールだったからです。






O0681108014365654366

B.A.S.S. 公式サイトより

ちなみに、日本人選手の成績は以下の通りでした。

準優勝 伊藤巧選手    
5位   片岡壮士選手   
8位   伊豫部健選手   
33位  青木大介選手   
41位  北大祐選手(BIG FISH賞)
63位  加藤誠司選手   
88位   北嶋一輝選手   
134位  松下雅幸選手   
162位  木村建太選手



O0764108014365654247

こちらのBasser siteBの記事を読むと...、







O0686108014365654316

メインパターンは、中層のクリスタルSのスローロール。

そして、カバーでは、









O0683108014365654358

6.5inchカットテールのネコリグ...と





そう、お分かりの通り、日本でno.1のスピナーベイトとストレートワームのネコリグではno.1のカットテール(...アッ!これは、勝手に自分がそう位置付けてるだけ(笑))がメインパターンでした。





この試合結果は、SNSを通して、直ぐキャッチすることが出来たのですが、中でも嬉しかったのは、『クリスタルSのスローロール』というワード...、そして、伊藤巧プロ自身のSNSの言葉...、




「田辺さん、またロードランナーとコンクエストとクリスタルSのスローロールがアメリカにきたよ。」






O1080081014365654233

自分は、その昔、冒頭画像のビデオを見て、晩秋の霞でクリスタルSのスローロールを一日やりまくった...なんてこともあった程ですから、当然、この伊藤巧プロの言葉を嬉しく思ったわけで...、多分、自分のみならず、『おっ!』と思った熟年オッサンバサーも多いはず(笑)
【こちらは2006年11月の記事です⇒SLOW ROLL/ Bass Fishing cafe




ちなみに、「ハイ●ッチャー」や「スーパーイ●プション」等...他メーカーのスピナベをゆっくりトレースしていることを『スローロール』なんて言ってるのは、間違えで(※この二つのスピナベも優秀で自分も使います)、それは、スピナベのスローローリングです。『スローロール』はノリちゃんとこのクリスタルSでないと使ってはいけないワードです(笑)






O1080080914365654276

いよいよ3月、、春っぽくなってきました。愛飲酒、スーパードライも桜ラベルの季節になりました。

3月中旬以降に、スピナベがストロングになるタイミングがあるのですが、そんなタイミングで一日巻いてみたいもんですなっ!

| | コメント (0)

2018/11/07

情報をどう捉えるか?

O1080081014299008318

バサクラでの小森プロの優勝で、そのウイニングルアーであったカリフォルニアロールに注目が集まり、霞・利根川水系界隈では、カリフォルニアロールが各ショップで売れてるのではないか?と想像されますが(笑)・・・、




10月中旬に開催されたJB TOP50 霞戦からバサクラまでの流れでいくと、注目すべきルアーは、カリフォルニアロールではなく・・・、







O1080081014299008321
このジャッカルのクランク...チャブルではないでしょうかねっ。









ちなみに、そのTOP50 霞戦のmethodでは・・・、





■3位の選手のmethod
O0809108014299008281




■5位の選手のmethod
O0810108014299008271

こんな感じです。

JB TOP50霞戦でのスカパーオンデマンドの放送中の解説のみならず、バサクラでのAbema TVでの解説でも、、このチャブルと言うルアーの霞水系での有効性が触れられておりました。(※初日2位の小野社長がチャブル&ディービルをハードルアーのメインとしていたため)

そして、その解説の中で、比較対象として引用されていたのが、ディービルシャッドでして、「ディービルシャッドやチャブルが・・・」という主語で、このシェイプ&動きが霞では有効性が高い...的な表現が何度かされ・・・、

ディービルシャッドの霞での圧倒的有効性を感じでいる自分には、ビビッ!と来るモノがあったわけです(笑)




・・・で、そんな中、先日の釣行でチャブルを巻いてみたのですが、引き心地はやっぱり釣れそうなルアーだなぁ~...と!







O1080081014299008304
自分がハードルアーを使い続ける時の基準は、プラグでもスピナベでも自分基準の引き心地が良いこと...でありますが、チャブルは使い続けたい!と思わせる引き心地でした。

ということで、次回以降の釣行でも使う予定ですが、今度はSRのみならずディービルと同リップのMRの塩梅も確かめたいと思っております。











O1080081014299008288
ちなみに、↑こちらは、昨年のバサクラ特集号です。御覧の通り、カリフォルニアロールは今年のウイニングルアーでもありますが、逆に、昨年の10位に沈んだメインルアーでもあると言えます。

まぁ、ポジティブな表現をすれば、今年優勝した小森プロが昨年からメインに使ってしたルアーであるとも言えます。






...情報って、捉え方で随分と違ってきますよね?

...そして、捉え方次第で本質を見失う可能性もありますしΣ( ̄ロ ̄lll)

| | コメント (0)

2018/10/07

クランク投げてねぇ~

O1080081014279685211

昨日は、お昼前までの短時間釣行に出向き・・・、朝のうちに貴重なバイトを得て30後半のナイスバスを掛けたのですが、ジャンプで悲しいフックオフ!その後は、鬼のようなギルバイトのみで終わってしまいました。ギルの活性...というか、ギルのワームへの高反応...はすごかったですよ(笑)





でもって、本題・・・、冒頭画像は、話題のバサー誌最新号です。

へびんさんとこで、『クランク投げてぇ~なんてタイトルで取り上げてましたので、私も真似して(?)記事にしてみました。タイトルは、似てるようですが、へびんさんとことより一文字多い・・・、



クランク投げてぇ~




です(笑)

ホントっ、ここ何年もシャッドばかりで・・・、全然・・・、

クランクを投げてねぇ~なのです。

O1080081014267513583

特に近年は、クランキングシャッドのこのルアーが出てからは、ここはクランクかなぁ~?なんて思う時でも、釣れるし...、使いやすいし...で、このディービル君を投げてしまうのでねっ。





ちなみに、本バサー誌の特集で、まず最初に読んだのが・・・、











O1080081014279685252
こちらの北プロの記事です。

以前からバサクラのDVD等で見ていて、霞水系で北プロが巻物やる時のラインがこのBMSであったことが『どうしてなのか?』気になっていたからです。

で、読んでみると、なるほどぉ~な感じ・・・、

これで、少しスッキリしましたよ(笑)
(※内容はもちろん、ここでは書けません。ちゃんと買って読んで下さいね・笑)

もちろん、私もスピニング含め、ベイトタックルで巻物やる時は、このBMSラインです。まぁ、ワーム系の釣りをするタックルで巻物もやるので、そのままBMSにしている・・・ってのが一番の理由ですがねっ(^-^;





・・・そしてそして、私もへびんさんみたいに、我が家にあったクランクをかき集めてみましたよ(笑)















O1080081014279685244
じゃ~~ん!まぁっ特に面白みのないラインナップですな(笑)

まぁ、クランクを投げてねぇ~なんで、クランク買ってねぇ~でもありますから(◎_◎;)

そんな投げてねぇ~クランクですが、それでも、よく釣れ...、よく使っていたクランクが一応あるわけで・・・、自分的には、↓このあたりですかねぇ~。







O1080081014279685261
手前のスピードトラップと後ろのウィーグルワート系クランク...リトルファットフィッシュですかねぇ。まぁ、日本のクランクですと圧倒的名作はやっぱ、ワイルドハンチだと思いますが・・・。









O1080081014279685230
ちなみに、スピードトラップは、表紙のここに居ましたよ(笑)







・・・ってことで、クランク投げてぇ~な気分にはなってないのですが、クランク投げてねぇ~なので、たまにはクランクも投げておくかぁ~的な気分にはなっています(@Д@;







O1080081014279685272

一応...、それでも...、毎釣行...、車には...、

この程度のクランクは積んでありますので・・・、





少なっっ( ̄○ ̄;)!

| | コメント (2)

2018/08/02

やっぱ...、楕円形でナイトっ!

O1080080914212570540_2

JACKALL/OVAL RINGを購入しました。








O1080081014212570533

スナップタイプ、円形リングタイプがありますが、シャッドではやっぱ、このオーバルリングタイプがしっくりきます。

多分...、シャッドをやり始めた頃に使っていたベビーシャッドステイシーがオーバルリングだったことが大きく影響しているようです。もちろん、ソウルシャッドもね....。








O1080081014212570548

で、パブロシャッドのスナップがスタックから救出したら逝かれてしまったので、このオーバルリングを付けてみました。基本、ルアーは、買ったままの純正で使うようにしてますが、今回は、ちょっと変えてみました。









O1080081014212570556
併せて、フック交換も実施。廃フックが凄いことに...!フックは純正のままではなく、微妙に変えてますし、フック交換も面倒くさがらずやります( ̄ー ̄)ニヤリ





ちなみに、購入したリングのサイズはソウルシャッドとほぼ同じサイズの『M』としましたよ。

| | コメント (0)

2017/11/26

Bantam Pavlo Shad 59SP

O0960072014078344002

待ちに待ったPavlo Shad 59SPが発売されたので、二つほど購入しました。最大潜行深度約2.7mの59SP MRは以前から発売されてましたが、約1.7mの59SPはようやく・・・という感じです。

私はSHIMANOの釣具は基本使わないのですが、このシャッドは、山木さんの開発なんでねっ。まぁ、たまたまSHIMANOの製品だったという考えです(笑)

ただ、大手のSHIMANO製である恩恵はきっとあるはずで・・・、自分がメインで使ってきたソウルシャッドやハイカットが定価で店頭に並べられていることが多いのに対し、このシャッドは定価の2割引きで買うことが出来ましたから(※ちなみに、都内の上州屋で購入)、シャッドの使用頻度の高い自分にとっては良いことです。







ちなみに、今回購入したカラーは、







O0960072014078344016
ホワイトシャッド






O0960072014078344007
フラッシュワカサギ







・・・の2色です。霞で高実績のこの白系とシルバー系ですね。あと、これに黒金系があれば最強ですな(笑)

まずは、使ってみて、自分好みの引き心地であり、かつ、感覚的に釣れるシャッドと感じれば使い続けることになると思います。

まぁ、とりあえず、楽しみですな。

| | コメント (0)

2017/11/19

ワイヤーベイトポーチ

O0960072014073532474

思いのほか降らなかったようですが、この週末の土曜日も雨予報のため、出撃をとりやめました。これで2週連続・・・、このまま、今シーズンはフェードアウトか?って感じですが(笑)





で、この行く予定であった2回の釣行でシャッドとともにメインで考えていたのが、スピナーベイト。やはり、水温が下がった晩秋のスピナベは外せませんからね。ただ、近年はシャッドに頼りっぱなしで、スピナベでの釣果が激減してましたから、今回は本気でやろうと考えていたのですが・・・(^-^;





O0960072014073522706
ちなみに、こちらが最近導入したワイヤーベイトポーチです。THE NORTH FACEの折り畳み型ウォレットでして、もともと小銭入れとして使っていたものです。







O0960072014073522702
こんな感じで、スピナベやチャターが数個入るので、収納的には問題なし。








O0960072014073522711
FULLCLIPのツーブロックに対するサイズ感はこんな感じで、問題なく収納できちゃいます。






晩秋のスピナベスローロールでガツンっ!と釣りたいもんですな(笑)

| | コメント (0)

2017/11/12

HighCut DR F

O0960072014068624131

この週末の土曜日は、釣りに行く準備はしてあったのですが、午前中微妙に降る雨の予報をみて、やめてしまいました(^-^;





で、その行く予定であった釣行時に使おうと思って購入しておいたシャッドが、

O.S.P/HighCut DR F  です。

HighCutは、2010年頃まではDUNKとともに自分のシャッドの釣りのメインルアーでしたが、ソウルシャッドが発売されてからはその座が入れ替わり、出番が減っておりました。シャッドケースには常に入っていたのですが・・・。


このシャッドは1年程前に発売されていたようですが、最近まで、その存在を知りませんでした。O.S.PのHPはちょくちょく見てるので、目にはしていたのかもしれませんが、情報としてインプットされてなかったということですかね。

O0960072014068624135

ハイカットより急潜行するDRで、しかもFloating・・・、そしてそして、ハイカットFよりスローに浮く設定とのことで、この性能を知ってから急に脳内で使用イメージが湧いたということで、急遽、購入した次第です。







O0960072014068624125

ちなみに、カラーは『セクシーシャッドVer.2 (PB21)』を選択しました。まぁ、O.S.Pで一番好きなカラーである『アイスシャッド (H09)』があればよかったのですが、このDR Fにはラインナップされていないので仕方ないです。ただ、このセクシーシャッド系のこういったカラーは霞ではかなり効く(と思う)ので、このカラーでも問題なしです。

| | コメント (0)

2017/07/17

避暑地での釣りに向けて・・・。

O0960072013984427461

いやぁ~~、しっかし、暑いですなっ( ̄○ ̄;)!

3連休初日の土曜日は霞に行く予定で、ロッドまで車に積んで準備していたのですが、真夏日の天気予報を見て・・・、

直前で行くのをやめました~(°°;)))オロオロ(((;°°)~




歳をとった証拠です。無理はしません、、、笑




で、話は本題に入りますが・・・、

今年の夏休みは避暑地でのボート釣行を予定しておりまして、冒頭画像の通り、少しずつ水面系のルアーを買い足しております。

過去2回の釣行では、トップや虫系ルアーへの反応はイマイチで、ルアーを追ってはくるのですが、出きらないサヨーナラー(_´Д`)ノ~~、、、そんな感じでした。






ちなみに購入したルアーは・・・、











O0960072013984427449
JACKALL/MICRO TAPPY (ピンキーコーチ)


こちらは、ひとめで楽しそうなルアーだ!と感じたこととぶら下がってるブレードが、スモールに効きそうだ!ってことで購入しました。








O0960072013984427444
JACKALL/MICRO POMPADOUR (トノサマガエ~ル)


こちらは、もう説明不要って感じですな!6.5gというウェイト設定は、ベイトタックルのみならず、スピニングタックル(L~MLクラスアクション)でもイケちゃうのがミソですね。









O0960072013984427457
HMKL/K-0 POPPER BONE (ボーン)


6月下旬からのここ2回の釣行(6/247/1)で、バスがあきらかに上に意識があると感じたのをきっかけに・・・(まぁ、結局、フローティングシャッドを浮かして水面直下で喰わせたのですが)、この時から、ポッパーを探しており、なかなかビビっ!とくるモノがなかったのですが・・・、ようやく、このビビッ!とくるポッパーに出会うことが出来ました。このルアーも5.8㎝で5.8gというソウルシャッド58SPとほぼ同じサイズ感、ウェイト設定がミソで・・・、ベイトタックルのみならず、スピニングタックル(L~MLクラスアクション)でもイケちゃいます。


O0960072013984427454
それと、うふふ泉さんとこのHMKLルアーの製造はジャッカルですから(・∀・)イイ!










O0960072013984427467
ちなみに、こちら(手前のルアー)は、ダイワのB.H. POPPER、、、私がバス釣り始めたばかりの約20年前、初めてTOPで釣った時のルアーで~す。





ポッパーってなんか、、、すっとぼけた表情していてイイですよねぇ~笑

| | コメント (0)

2017/05/31

HSシークレットヒウオ

O0960072013942262127

ソウルシャッドのプロセレクトカラーである『HSシークレットヒウオ』というカラーの58SPを購入しました。

JACKALL のHP上で以前から見ていて、良いカラーだよなぁ~と思っていましたが、最近、ショップに置かれるようになって、ようやくGETです。







O0960072013942262171

それと、自分は、ソウルシャッドをちょっとしたチューンをしてから(※単なるフック交換ですが・笑)使用しているのですが、そのチューン用に使っているのが、Gamakatsu/TREBLE RB M #10です。

ただ、、、ご存知の通りお値段チト高め~!笑

ということで、画像のRYUGI/PIERCE TREBLE DAGGER #10を購入しました。こちらの方がGamakatsuのより2割ほど価格安めなんで、使って問題なければ都合が良いです。







あと、JBNBCのHPを見ていたら、↓こんなお知らせがありました。

O0719096013950331560

O0719096013950331567

この週末、霞に出撃の際は注意が必要ですね。

鹿島線鉄橋下流2kmだから、市和田水門あたりまでかな?

手漕ぎボートだから、護岸に打ち付けるヒキ波もそれほどなさそうですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧