soft lures

2017/09/24

熱収縮チューブ

O0960072014034193404

サワムラのネコリングをはじめ、ネコリグやJHW用のワーム飛び防止の商品が色々ありますが、自分は、出来る限りワームに余計なものを付けたくない思いが強いので、あまり使うことがありませんでした。まぁ、それでも、ネコリグのワーム縦差し用にと、最近、ネコリングは使うようになりましたが・・・、ワーム横差し用は皆無という感じでした。




ただ、ゲーリー素材はワームが飛びやすく、使用頻度も高いのと、冒頭画像のお気に入りワームカラーはショップに置いてないことが多く、なかなか補充が困難・・・、若しくは、今後の入手に難儀する可能性があるため、色々考え、熱収縮チューブを使用することにしました。







O0960072014034193468
JHWのメインウェポンである5in.スリムヤマセンコーはφ6mmタイプを使用。このサンスイに売ってるのは、1本5㎝程なんで、5mm前後を目安に10個に切って使用します。このワームは10本入りなんで、丁度良いですね。



O0960072014034193454
そして、先日の記事でもご紹介した様に、DSW用のメインとなる(※もちろんJHWで使うことも)5in.フォールシェイカーは、φ5mmタイプを使用します。








O0960072014034193415
ちなみに、スリムヤマセンコーにセットするとこんな感じ。6mmでジャストフィットですが、熱収縮チューブの特性を利用してライターで少し炙って収縮させキュッと締めます。ハチマキ部分にフックを指すのがメジャーだと思いますが、私はハチマキより後方にフックセットして使うので、画像の通り、ワームの先端から5.5~6.0mmのところにチューブをセットします。
【※↑画像をクリックすると拡大表示されます】




O0960072014034193428
そして、フォールシェイカーのセットは5.0~5.5mmのところに。こちらは、後部ですが、ハチマキにフックセットするので、スリムヤマセンコーより5mm程前方にセットします。
【※↑画像をクリックすると拡大表示されます】







・・・以上、こんな感じですが、熱収縮チューブは、本来の使用目的の特性上、熱を加えると約40%収縮しますので、上記ワームの場合であれば、2種類のサイズを用意しなくても6φサイズひとつあれば問題なしです。その他のワームですと、4.8in.フリックシェイクが6φ、スワンプクローラーが5φですから6φ一種類あるとかなり網羅出来ちゃいます。ただ、ドライブクローラーや5in.カトテは7φないとキビシイので、一種類で幅広く対応したい場合は7φということになりますね。それと、熱収縮チューブは、もともと電気工事用のモノなんで、ホームセンターで300円/m前後で売っていますが(※100均にも売ってるらしい)、クリアカラーではなくブラックのみだったり、φの種類がなかったり・・・と、丁度良いモノが近所のホームセンターになかったので釣具店で購入しました。まぁ、そんな高いモノではないので、丁度良いモノを他のホームセンター等で探すコストを考えたら、割高だけど、釣具店で買った方が良いのでね。

| | コメント (0)

2017/09/12

たまには買ってみる、、、!

O0960072014018629272

釣行記を見てもわかる通り、あまり新しいワームを使う事はありませんが、一応、情報はなんとなく収集してまして、ニューワーム・ルアーの事情もそこそこおさせているつもりでおります。・・・あくまで「つもり」です。



・・・で、7~9月に掛けて、珍しくニューワームを購入、、、した?、、、してしまった?ので(笑)、ちょっとご紹介。

買ったのは新しい順に以下3つ・・・、

デッドフィンダーターは、意外と使い道がありそうなので、買ってみました。自分的には、1/32ozJHの縦差しで使うイメージが湧きました。

アントライオンは、店頭で見てリアクションバイト!後で冷静に考えて、別にそこまでの・・・じゃねぇかなぁ~?とちょっと後悔(笑)

ツインテールリンガーは、プロトの段階から菊さんブログ等で見ていて、欲しいと思っていましたが、なかなか売ってなくてようやく買えた感じです。形状とあのリブが釣れると訴えかけてますが・・・、





O0960072014018629305
ちなみに、こちらは房総リザーバーフローター釣行時に携行しているベイトタックル用のワーム達です。こちらにこのワームを忍ばせ8月に少しだけ使ってみましたが、結果は出ていません。

まぁ、今度は霞水系でも使ってみようと思ってますが果たして・・・、

よく考えてみたら、バス釣りを始めて以来、エバーグリーンのワームが一軍となった履歴が一度もないんですよねっ(^-^;(笑)。唯一、初代ボウワームが一軍になりかけたことがあった・・・程度ですから。




新規ワームのお話をしましたが、先月、コアな情報源から、私の超一軍ワーム(霞水系で50UPの実績もあり)が廃盤決定という衝撃的な情報が流れてきました。その件につき、ネット検索しましたが、そのコアな情報源以外での記事等は見つけることが出来なかったので、まだ、消費者サイドにはあまり公になってないようです。ちなみに、この情報を入手した時点で直ぐ対策を撃ち、このワームをネット通販で大量購入しました。ただ・・・、一番のお気に入りカラーは、「在庫なし」表示ばかりで、なかなか購入することが出来ず、唯一見つけたショップでは、そのカラーを全て購入し、また「在庫なし」表示にしてしまいました。

 

今でもこの情報が嘘であることを願ってやまない、そんな悲しい情報でした。

| | コメント (0)

2017/01/29

Basser 2017/03

O0720096013855647336

・・・届きました。

バサー誌らしく、コンセプチャルで洗練された表紙デザインですね(^^♪

今号の特集は『COLORS』、ルアーの色の特集・・・、いやっ!本質的には、バスから見えるルアーの色って感じでしょうか。まぁ、いずれにしても、楽しいテーマですよねっ。



ちなみに、建築を学んでいた大学院時代に、『色彩工学』という講義があったのですが、この週一の講義が楽しかった記憶があります。





O0719096013855647311

その講義で使用した教科書が↑こちらです。講師は、この本の著者、日本カラーデザイン研究所の故 小林重順先生でした。
【※この本は今でもAmazonで購入できます】





余談ですが・・・、↑この表紙の色の並びとBasser誌の表紙の色の並び・・・、ちゃんと共通性があるでしょう?気付きましたぁ?笑

O0872065413856246064_2
こちらは、日本カラーデザイン研究所のHue&Toneシステムですが・・・、こういった色相(Hue)と色調(Tone)のシステム(JISのマンセルシステム等も)に基づいてカラーが並べられているので、美しい表紙デザインになっているのでしょうね。

O0719096013855647307

ちなみに、↑こちらは、この本の頁の一部。
【※画像は、日本カラーデザイン研究所 HPより】

こんな感じで、色や配色を分類して、言葉で表現することがメインの講義だったと思います。これらは、全て人間からどう見えるか?どう感じるか?(・・・まぁ、当然ですが・笑)の内容、バス釣りで大事なことは、魚・・・特にブラックバスからどう見えてるか?ということですよね。





でも、流石のBasser・・・、

そこは、しっかりおさえてきました。笑





O0960072013855647331
COLOR TRIPS NO.1・・・「魚の色覚は人よりカラフル!」と題して、魚類の色覚を研究する東大の河村先生の解説からスタートしています。







そして、COLOR TRIPS NO.18は・・・、






O0960072013855647290
ランカー須田さんでしたね!

霞ヶ浦必携の3色と題して、ワームカラーについて解説されてます。






私もワームカラーについては、ベースの3色がほぼ10年程前から決まっていまして、そのベースの3色を基点に、その類似色、派生色をセレクトしています。


で、その3色は以下の通り・・・、







■①:スモークプロブルー系カラー
O0960072013855647304



■②:スカッパノン/コーク系カラー

O0960072013855647300



■③:シナモンブルーフレーク/ヨシノボリ系カラー

O0960072013855647295





なぜ、この3色か?については、自分の「思い込み」、「経験」、「釣果データ」、「感覚」からのもので科学的な要素は一切ありません。笑

ちなみに、須田さんの3色のうち、たまたま①、②の2色は一緒でしたね。もちろん、色に対するとらえ方は違うと思いますが・・・。




O0960072013855647325
それと、COLOR TRIPS NO.21でハシタクさんが、「プロブルー」を取り上げていますが、私も1色だけ選ぶとしたら、このカラーですね!

スモークプロブルー系カラーは、バス釣りを始めたころから使い続けている使用歴の一番長いカラーです。ハシタクさんも書かれているように、クリアからマッディーまで・・・、野池、ダム湖、カルデラ湖、川、湖・・・、どこでも安定感のあるカラーの感覚です。





・・・2008年は、どのカラーで一番釣ったか?なんて、マニアックなデータをとってますが(笑)、やっぱこの3色が↓TOP3になってましたね!

2008 worm color MY BEST 3/Bass Fishing cafe






・・・以上、気が向いたらハードルアーの3色も~?笑

| | コメント (0)

2016/12/20

シャッドテール系ワーム購入!

O0960072013823829415

先日の買い物です。前記事に関連して・・・、






リブを意識して、シャッドテール系のワームを2つ購入しました。

  • KEITECH/Swing Impact 3"
  • IMAKATSU/Ankle Goby 3"

です。




2社ともリブに神経を注ぎ精巧にワームを造りますからねっ!





O0960072013823829407

この2つも管釣りで試してみたいですな( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0)

2016/12/18

優秀なリブ... 比べたいリブ...。

O0960072013823829401

年に2~3回行く、冬の管釣り・・・、今年のうちに1回は行きたいと思っていますが、果たして行けるだろうか?多分、年賀状の出来具合次第だろうと思いますが・・・(^-^;






で、冬のカンツリで釣果に大きく影響するのがワーム自体の力ですね。そんな意識の中、近年メインのワームのひとつとして使っているのが、イマカツのマブリーチです。

このマブリーチの素晴らしさのひとつはなんといっても『リブ』!

詳細は割愛しますが、このリブがなんとも絶妙・・・、もちろん、その他の要素や全体的なバランスあっての話ですが、私の中では、この優秀なリブがマブリーチを使う理由になってます。

そして、優秀なリブと言えば・・・、

私の中では、村上さんのハンハントレーラー!




O0960072013823829373

このワームは、最近入手困難なんで使わなくなりましたが、皆さんご存知の通り、名作中の名作ですね。




『ハンハントレーラーなんて・・・、セコイっ!』

・・・なんて、言っている、、、

そこの格好つけバサーさん(笑)、、、

『本質がわかってな~いっ!』と言いたいところですが・・・





実は、私も・・・、マブリーチを使うようになって、改めて、このハンハントレーラーの『リブ』に注目した次第です(^-^; もちろん、ハンハントレーラーの実力は昔からわかってはいたのですが・・・( ̄○ ̄;)!









O0960072013823829382

で、次は、比べたい『リブ』の2ワームです。

前出の2ワーム同様、イマカツのワームと村上さんのワームですが・・・、どちらも、リブに神経が注がれていて、あえて、意識して比べたくなりましたな( ̄ー ̄)ニヤリ








O0960072013823829364

イマカツ製のリブと村上さんワームのリブは、それぞれで特徴があるので、手元にワームがある方は、じっくり見比べてみると面白いですよ。

| | コメント (0)

2016/11/15

#347 COLOR

O0960072013796927279

9月下旬の釣行で使いきってしまいストックゼロとなっていた・・・、


5"FALL SHAKER #347 COLOR

なかなか売ってるショップがなかったのですが、九州の某ショップで見つけ購入することが出来ました( ^ω^ )

#347はコーク/スモールブルーフレークというカラーで、フィッシュアロー/フォールシェイカーでは、別名フカシンコークなんて呼ばれているので、一瞬、新しいカラーか?とおもったりもしましたが・・・、










O0960071913796927397

こちらの名作、ティムコ/フラッピンホグJR.でも使われておりましたな。最近、全然使ってませんが、フラッピンはホント良く釣れるワームですよね( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0)

2016/07/26

PowerHawg 3inch

O0800060013705463371

ここ最近使用頻度の高い・・・

Berkley/PowerHawg 3inch

カラーは、『シナモンブルーフレック』 ねっ。






2007年から根こリグで使い始め、バスの反応が一味違うな!私の勝手な感覚なんで、あてになりませんが)と思ってから、使用頻度が高くなりました。

・・・が、当時、この『シナモンブルーフレック』は、不人気カラー一部の霞バサーを除き)のため、ショップになかなか置いてませんでした。

ということで、ショップで見つける度にまとめ買いして、10パケ以上のストックとなり、2008年頃に買ったのを最後に補充をやめていました。







ところが、先日ストックを確認すると・・・、




O0800060013701238987
残り3パケ!!!



・・・で、先日、慌てて某ネットショップでポチっ!した次第です。

もちろん、在庫全てポチっ!・・・10パケは超えてましたが笑





まぁ、でも、以前は12個入りで今はニューパッケージとなり6個入りですから、10パケ買っても以前の基準で考えると5パケ分ですからね。

ちなみに、この『シナモンブルーフレック』ですが、上述の通り、2007年頃は不人気で、廃盤になるかも?なんて、噂があったほどです。
(※でもちゃんと実績は出てたんですよ!→ 2008 worm color MY BEST 3
 







それが・・・、






2012年JB TOP50 第2戦北浦戦、馬淵プロがお立ち台でこのカラーを『神カラー』的な扱いをしてくれたお蔭で一気に大ブレイクして、どのショップでも置いてくれるようなカラーになってくれました。






ちなみに、↓これがその時のお立ち台でのコメントです。

面白いので、見た方がよいですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

| | コメント (0)

2016/05/17

Aaron's Pro Masic

O0800060013646634991

今年、少しずつ結果を出してきた・・・、



ROBOWORM/4 1/2" Straight Tail

のこのカラー。



先日は、50UPまで釣れちゃって!ということで、

少し補充しました。



O0800060013646635003

ROBOWORMは、リーチ、アライブシャッド、ボディシャッドあたりまでは、扱っているショップが多いのですが、ロボストレートを扱うショップとなるとかなり少ないので、補充は難儀しますな。

| | コメント (2)

2016/04/12

Easy Shaker 4.5inch

O0800060013618924913

・・・ということで、

買い忘れていたKEITECHのNEWストレートワーム・・・、




Easy Shaker 4.5inchを購入しました。

カラーに迷いましたが、久々にナチュラルプロブルー系のカラーにしました。

このカラー、大好きで、昔はよく使っていたのですが・・・。


まぁ、このワームは、釣れる気しかしないですよね。笑

| | コメント (0)

2016/03/12

カリフォルニアワーム (続・林圭一さん.....。)

O0800060013590121808_2

前記事の続きですが・・・、

このblogでも何度も登場した『カリフォルニアワーム』・・・、






やはり、林圭一さん・・・と言ったら、外すことの出来ないワームのひとつです。
(※林さんがティムコ時代にアメリカから発掘してきたワームと言ってもよいくらいですから)






今、自分にとって信頼のおける超一軍ワームのひとつでもあるカリフォルニアワーム・・・、林さんのお陰で、このワームが使えていると言っても過言ではありません。

2010年後半から復活で使い始めたのですが、2011年の釣行では、ホント良く釣れてくれました(/ ^^)/アリガトネ

2011。。。(Bass Fishing DATE)

↑この記事のデータを振り返ってみると、この年、178本の釣果中65本がこのカリフォルニアワームでの釣果でしたから。



で、この時使っていた感覚としては・・・、



『このワームを使うと圧倒的にバイト数が増えるよなぁ~!』



でしたから、本当によく釣れるワームである印象が強いです。









まぁ、いずれにしても、こうやって、カリフォルニアワームで楽しいバス釣りが出来るのも林さんのお陰・・・、ホント感謝したいですね。


※ちなみに、昨年の11月に、林さんのコラムを引用させて頂き、カリフォルニアワームについて記事にしていますので、↓こちらも併せて御覧くださいm(_ _)m


Ultimate Lifelike Action 





あっ、そういえば・・・、











O0800060013590121813

復活のカスタムリーチを買いましたよ( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧